DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
28号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/432

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 地域看護実習における実習展開方法の検討:学生と保健婦による実習目標達成度評価の分析から
タイトル別表記: Community Health Nursing Clinical Practice Experience and Learning Analysis of Evaluation by Students and Community Health Nurses.
著者: 酒井, 昌子
長江, 弘子
錦戸, 典子
川越, 博美
キーワード: Baccalaureate Education
Clinical Teaching
Community Health Nursing
Evaluation
実習
大学教育
地域看護
評価
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 28
開始ページ: 62
終了ページ: 70
発行年月日: 2002年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 本学の地域看護実習は,特別区内の保健所および保健センターにおいて約2週間の実習を行っ ている。ここ数年,特別区においても地域保健法による保健所・保健センターの改編が進められ, それに伴い保健婦の役割や活動も変化している。そのような背景の中で展開されている地域看護 実習の実態を明らかにするために,学生の「実習経験記録」と「実習目標達成度評価票」を用い て分析をした。その結果,保健事業別の経験割合は,「母子保健事業」(96.4%)が最も多く,ま た「母子保健事業の理解」の実習目標達成度も高かった。最も低い経験は「感染症対策」 (28.6%)であった。支援方法別の実習経験は,どの支援方法も高く,また「支援技法の理解」 の実習目標達成度も高かった。実習目標達成度は,学生による自己評価と保健婦による学生評価 は,共に全般に高い傾向にあった。実習目標達成度において最も高かったものは,「個別的支援 方法の理解」だった(4点評定;学生3.8,保健婦3.6)。最も達成度が低かったものは,「感染症 対策の理解」(学生2.9,保健婦2.8)であり,その他に「保健事業計画・施策化の理解」,「保健 事業の組織・予算・マンパワーの必要性の理解」が低い達成度であった。これらから,今後はト 変化の中にある地域看護職の役割や機能を明らかにしながら,現在のカリキュラムの中でより有 効な実習内容や方法について,教育側と臨床側が共に検討をしていくことが求められる。
抄録別表記: Students at St.Luke's College of Nursing have two-week placements for community health nursing (CHN) practice at public health centers in various districts of Tokyo and 2 days of additional experience in conjunction with that. Over the past several years national policies and laws have re-struetured the delivery of services, thus changing the roles of community health nurses (CHNs) and the settings in which they practice. In order to more fully understand current CHN practice, and especially opportunities for students to develop necessary skills, two instruments ("The Student's Experience Record" and "The Evaluation for Practice Goals") were developed to assess student and CHN perceptions of student learning. The results are summarized in this report. Practice goals refer to 14 essential skills for CHN practice (e.g., home visiting; conducting group health education sessions). The greatest practice experience was in maternal and child health (96.4%); least was infection control (3.6% practice and 28.6% observation). Student and CHNs ratings of learning were close. Where students rated their learning as high, so also did the CHN staff (e.g., individual and family care: 3.8 and 3.6 on a 4- point scale, respectively). Students' least in the areas of infection control, policy making, and budgeting (e.g., infection control: 2.90 and 2.86). In light of these findings, faculty and CHNs must discuss: 1) how practice might change to be more in accord with CHN responsibilities and 2) how to provide needed leaning experiences for students within time frames of the curriculum.
参考文献: 柳沢尚代∴こんな保健所実習にしたい.看護教育. 39(5),1998,360-364.
金川克子,相場幸代,麻原きよみ.地域看護学実践の理論化をめざして. 東京, 日本看護協会出版会,1997,27p
宮崎美砂子.教員と臨地指導者の連携一地域における実習に焦点を当てて.Quality Nursing.7(3),2001,37-42.
村上正子.大学における地域看護教育の現状と課題.保健婦雑誌.,56(4),2000,270-275
Mariln,班.,Kathleen,B.看護教育における講義・・演習・実習の・評価二舟島なをみ監訳,東京,医学書院′1998,205p.
探瀬須加子.保健婦(士)教育の実態形態調査.保健婦雑誌.52(4),1996,298-308.
関東甲信越ブロック保健婦i士教育機関協議会.保健賂・士教育の考え方に基づいた臨地実習のあり方に関する調査報告書.2000,10-12.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/432
出現コレクション:28号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
02892863028062.pdf991.43 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください