DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
28号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/414

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 聖路加看護大学電子図書館看護用語シソーラス作成の課題
タイトル別表記: Developing the Nursing Thesaurus for the Electronic Library of St.Luke's College of Nursing.
著者: 松本, 直子
森, 明子
久代, 和加子
横山, 美樹
キーワード: Electronic Library
Nursing Thesaurus
看護用語シソーラス
電子図書館
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 28
開始ページ: 90
終了ページ: 97
発行年月日: 2002年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: この報告は,聖路加看護大学電子図書館に蓄積した看護文献を本学の教育・研究活動において 系統的に検索できるようなシソーラスを作成することを目的に活動したプロジェクトに関するも のである。プロジェクトの目的を達成するために,本学電子図書館に所蔵されている看護文献に 付与されたキーワードを分類し,体系化を試みた。その結果,人間,健康,環境,働きかけ,専 門教育・教育方法,研究法の6つのカテゴリに分類された。集まったキーワード群をカリキュラ ムに設定された科目と教育内容に対照させ,各カテゴリ内の階層化を試みた.適切なキーワード を選択し,付与するための課題を考察した。
抄録別表記: This report discusses issues in the development of the thesaurus to facilitate systematic search of holdings by teachers, students, researchers, and clinicians using the electronic library of St.Luke's College of Nursing.To develop the thesaurus, keywords related to the library holdings were listed and grouped. Six major categories were identified : human, health, environment, approach, professional education, educational methods, and research methods. Topics and concepts of the curricula were used as a basis for clarifying the categories and also for beginning development of hierarchies within them. This report includes discussion of our problems in identifying and choosing appropriate key words.
参考文献: Baud RH, et al. Alternative ways for knowledge collection, indexing and robust language retrieval. Methods of Information in Medicine.37,1998,315-326.
美代賢吾,大江和彦.医学用語シソーラスを 用いた,医学文書と電子医学教科書間の関連情 報高速生成手法の開発.医療情報学連合大会論文集.19,1999,822-823.
市古みどり. Unified Medical Language Systems(UMLS)とそのⅠnternetGratefulMedへの応用.医学図書館. 43(3), 1996,331-341.
Office of Communications and Public Liaison, National Library of Medicine. UMLS knowledge sources. 12th ed. 2001. [引用2001- 11-20] Available from : URL http://www. nlm.nib.gov/research/umls/UMLSDOC.HTML
野添篤毅ほか.文献データベース用医学用語シソーラスの構築と利用.医療情報学連合大会論文集. 19,1999,768-769.
野島良子,真壁五月.看護学における学術用語の生成とその諸問題 : 現象から概念へ,そして学術用語の成立. 看護研究. 32(5),1999,349-356.
藤崎郁ほか.看護実践のターミノロジーにおける問題点と課題:平成8・9・10年度日本看護科学学会看護学学術用語検討委員会活動報告をもとに.看護研究32,1999,357-365.
松本直子ほか(研究・学術情報委員会).電子化における学術雑誌のスタイルの課題:「日本看護科学会誌」の現状.日本看護科学会誌21(3),2001,91-94.
岸田和明.情報検索の発展過程と新たな動き. 情報の科学と技術.50(1),2000,3-8.
北亮一.電子図書館:新しい情報環境の確立を目指して.情報の科学と技術49(6),1999,264-269.
ll)学術審議会.大学図書館における電子図書館的機能の充実・強化について(建議).1996. [引用2001-11-20]Availablefrom:URL http://wwwsoc.nii.ac.jp/anul/material/kengi. html
菱沼典子ほか(1993-1995年度カリキュラム委員会).聖路加看護大学1995年度改訂カリキュラムについて.聖路加看護大学紀要.22,1996,113-121.
紀山枚ほか.Webを利用した病名シソーラス作成システムの構築.医療情報学連合大会論文集. 21,2001,808-809.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/414
出現コレクション:28号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
02892863028090.pdf687.81 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください