DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
27号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/411

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: JICAブラジル母子保健プロジェクトとの協働:母性看護・助産学研究室における国際協力
タイトル別表記: Collaboration Between a Project in Northeast Brazil and the Department of Maternal Infant Nursing and Midwifery at St.Luke's College of Nursing from 1996 to 2000.
著者: 堀内, 成子
有森, 直子
片桐, 麻州美
岡村, 晴子
桃井, 雅子
森, 明子
三橋, 恭子
毛利, 多恵子
キーワード: JICA
WHOコラボレーションセンター
ブラジル
助産婦
人間的なケア
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 27
開始ページ: 26
終了ページ: 34
発行年月日: 2001年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 本学母性看護・助産学研究室においては,1996年よりブラジル国家家族計画母子保健プロジェクトとの関わり をもって活動してきた。その経過をWHOプライマリーヘルスケア看護開発協力センターのメンバーとしての 観点から見直し,今後の課題を模索した。 このプロジェクトは,ブラジル東北部の母子保健状況の改善を目指して,連邦政府保健省と州政府および JICAによって,セアラ州で1996年から2001年までの5年間の予定で開始された。主な活動は,保健従事者の能 力を強化することにより母子保健サービスを向上させることである。初期の調査により,・世界一高い帝王切開率 に見られるような極端な医療介入が行われている一方,産婦の立場を配慮しない非人間的な対応が女性たちの生 の声からあがってきた。この現実に対し,周産期医療の改善に焦点を当て,女性やこどもに対する人間的なケア の推進を行い,助産というケア概念の導入を試みた。 本稿では,人材の紹介と派遣,人材育成に関する参加型教育の実践,カウンダーパートの受け入れと研修なら びに評価,国際会議への参加協力,研究活動の広がり,将来への展望と課題,の視点から報告した。
抄録別表記: This report traces international cooperation for a project between Brazil and the Department of Maternal infant Nursing and Midwifery at St. Luke's College of nursing over the past five years. As one of our goals as members of the WHO Collaborating Center for Nursing Development in Primary Health Care, we are searching for effective strategies to ensure safe motherhood. The Maternal and Child Health Improvement Project in Northeast Brazil was launched in April 1996, and will be carried out though march 2001 in the State of Ceara. This project is collaboration between the Government of the Federal Republic of Brazil and the Government of Japan with the purpose of improving health conditions in Northeast Brazil. One of the objectives of the project is to improve maternal and child health services and to promote health education activities at the community level by including the training of community - based health personnel. The initial survey revealed that cesarean section rates were high and there was much artificial intervention. In addition, laboring women did not receive humanistic care. It was felt that delivery related care, including care at the primary level, Would be improved by utilizing the spirit of "safe Motherhood" and by introducing human caring related to the "midwifery concept". This report describe the delegation of personnel resources, self - directed learning in terms of education and acceptance of counter parts, evaluation, cooperation with the International Conference on the Humanization of Childbirth, the extent of research activities and prospects for the future.
参考文献: 国際協力事業団, ブラジル国家族計画母子保健プロジェクト:RAP(Rapid Anthropological Assessment Procedure)を利用したJICAパイロット地区の出生と出産に関する調査, 国際協力事業団, 1997.
福岡光子, 堀内成子:「Flexible Midwifery -ひとつの試み」,ビデオ作品, 京都科学, 1990.
WHO Report ICP/MCH 102/m02 (S)1301K 10:Joint International Conference on Appropriate Technology for Birth, Fortaleza, Brazil, 22-26, April, 1985, 河合蘭, 戸田律子訳:WHO出産科学技術についての勧告, 日本助産学会誌, 9(1)64, 1995.
WHO Report Family and Reproductive Health, Safe Motherhood Unit Technical Working Group:Care in Normal Birth: a practical guide, 1996, 戸田律子訳:WHOの59ヵ条お産のケア実践ガイド, 農文協, 1997.
パウロ・フレイレ, 小沢有作,楠原彰, 柿沼秀雄, 伊藤周訳:被抑圧者の教育学, 亜紀書房, 1997.
デイビット・ワーナー, デイビッド・サンダース, 池住義憲, 若井晋漢訳:いのち・開発・NGO - 子どもの健康が地球社会を変える -, 新評論, 1998.
森明子ほか, 新しい教育方法の試み, 妊娠期看護のProblem Based Learning - , 聖路加看護大学紀要, 第23号, 29-40, 1997.
三橋恭子ほか, Problem Based Learningにおけるテュータの行為 - テュータ・カンファレンスの分析を通じて-, 聖路加看護大学紀要, 第26号, 21-30, 2000.
三橋恭子ほか, 女性のエンパワーメントの支援 - 出産領域の看護ケアシステムの変革とネットワーク化 -, 平成9・10・11年度科学研究費補助金研究成果報告書, 1999.
Horiuchi, S.:How can multidisciplinary team members collaborate effectively in the provision of maternity care?, Round table " Appropriate roles of obstetricians and non-obstetricians in maternity care", International Conference on the Humanization of Childbirth, Fortaleza-Ceara-Brazil, 2000.
Noguchi, M., misago, C., Mori,T., Mori, T., umenai, T.,: Women's Positive Childbirth Experience at Birthing Home in Japan, International Conference on the Humanization of Childbirth, Fortaleza-Ceara-Brazil, 2000.
Misago, C., Umenai, T., Noguchi, T., Mori, T., Mori, T.:Satisfying Birthing Experiences in Japan, The Lancet Vol.355, No.9222, 225, 2000.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/411
出現コレクション:27号
日本型遺伝看護
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000702400.pdf1.85 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください