DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
27号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/391

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 教員によるカリキュラム評価
タイトル別表記: Evaluation of the Curriculum by Faculty Members.
著者: 川越, 博美
有森, 直子
射場, 典子
酒井, 禎子
小谷野, 康子
岩井, 郁子
木村, 登紀子
熊田, 衛
キーワード: カリキュラム評価
看護学教育
質問紙法
統合カリキュラム
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 27
開始ページ: 87
終了ページ: 97
発行年月日: 2001年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 聖路加看護大学では,1995年4月よりスタートした統合カリキュラムについてシステムモデルを用いた多面的な評価を行っている。本調査は,本学教員が統合カリキュラムをどのように評価しているかを明らかにする目的で実施された調査である。 対象者は1999年度に在籍した専任教員42名であり,38名の教員から回答を得た。 調査では,①科目の評価(11項目),② カリキュラム運用に関する評価(16項目)③教員の満足度(7項目) に関する3種類の質問紙を用いた。 調査の結果,教員はカリキュラムの理念を高く評価しており,科目のくくり,順序性,教える学年と時期,料目の必修・選択の区分はおおむね適切であると答えていた。しかし統合カリキュラムとしての科目間の調整,不足している科目,適切な時間数の配分,学習環境,教員数,チームティーチングにおける教員の連携のあり方について課題が指摘された。また教員の満足度は職位による違いがみられた。統合カリキュラム構築に最初から関わった教員は満足度が高く,これは統合カリキュラムの意義や理念に関しての理解を深めることが教員の満足度を高める要因となると考えられた。 今後,教員によるカリキュラム評価を継続的に実施するうえで,学生による科目評価と教員による科目評価の比較が可能であり,また科目担当者が問題や課題を記述できる評価用紙の必要性が明らかとなった。
抄録別表記: To improve the integrated curriculum implemented in April 1995 at St. Luke's College of Nursing, the curriculum evaluation was performed. The present investigation is performed to know how the faculties evaluate the integrated curriculum by the group specifically aimed at "evaluation of the curriculum by faculty members". The survey questionnaire was sent to all the 42 full-time faculties as of the 1999 academic year and 38 of them answered. The survey consisted of the following three sets of questionnaires, (1)evaluation of the subjects (11 items), (2) evaluation of practice of the curriculum (16 items), and (3)evaluation of the satisfaction level (7 items). When making questionnaires, we took into consideration the results of content analysis of group discussion made by faculties in March 1999. The results are summarized as follows. The faculty members highly evaluated the idea of the curriculum. The subjects are properly grouped, sequenced and taught at the right school year and the term of the year. Whether each subject is compulsory or elective is generally proper. On the other hand, the problems are raised concerning the following points: Insufficient coordination subjects, and the lack of them, improper allotment of the time on them, study environments, number of teachers, and proper team work of teachers especially in the team teaching. The faculty's level of satisfaction was varied depend on their professional position. Those involved in the initial phase of establishing the integrated curriculum are more satisfied with it. It seems to be an important matter for more satisfaction to deepen their understanding of the meaning and idea of the integrated curriculum. To continue curriculum evaluation by the faculty, we need to device the questionnaire available to compare answers by faculty and students, and to develop a new evaluation sheet where faculties of each subject can write them problems and tasks.
参考文献: 菱沼典子, 小山真理子, 小島操子他:聖路加看護大学1995年度改定カリキュラムについて, 聖路加看護大学紀要, 22, 113-121, 1996.
菱沼典子, 小島操子:さらに魅力あるカリキュラムの開発に向けて, Quality Nursing, 1(2), 38-44, 1995.
Fairfield University School of Nursing: Guideline to Conducting an Oral Course Evaluation with Students. 1997.
権利情報: このPDFファイルは国立情報学研究所で電子化されたものです。
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/391
出現コレクション:27号
日本型遺伝看護
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000702408.pdf920.67 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください