DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
26号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/382

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 卒業時の学生によるカリキュラム評価
タイトル別表記: Evaluation of the 1994 Revised Curriculum by Graduating Senior Students of St.Luke's College of Nursing, Class of 1999, after Completion of the Baccalaureate Program.
著者: 小澤, 道子
助川, 尚子
菊田, 文夫
堀内, 成子
森, 明子
久代, 和加子
桃井, 雅子
藏屋, 千秋
池谷, 桂子
片桐, 和子
キーワード: 改訂カリキュラム
学生評価
卒業時点
revised curriculum
student evaluation
graduating senior students
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 26
開始ページ: 133
終了ページ: 143
発行年月日: 2000年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 本報告は、1995年にスタートした改訂カリキュラムで学習した学生達が卒業する年を迎え、学生側のカリキュラムに対する満足度と教科カリキュラムの順序性と統合性に対する意識を知ることを目的に卒業直前の4年生57人を対象に質問紙法を用いて調査した。 質問紙の内容は、教科カリキュラムの統合性を知るために「総合看護・看護研究II」と履修した科目との関連、カリキュラムの満足の度合とその理由、授業や教育システムに対する評価などである。なお、授業や教育システムに関する項目は、ベネッセ文教総研(1997)より10項目を使用した。結果: ①「総合看護・看護研究II」の学習には履修教科目が関連していた人は、約8割であり、また、科目群間の満足度の相関では、「総合看護・看護研究II」と実習科目・専門科目・基礎科目群と有意な相関があった。 ②カリキュラムに対する満足度は、全体的に高い傾向であり、「総合看護・看護研究II」・専門科目群、実習科目群の順に満足度は高かった。学習資源は満足度合いの分布に幅があった。 ③学生の授業・教育システムに関する肯定的評価が6割以上のものは、「専門的知識が見につく」「自分の視野が広げるのに役立つ」などであり、一方「情報処理関係の教育の充実」は、肯定評価約2割と項目により評価が異なった。他大学と比較して、本学で評価の高いものは、「教材がよく研究されている」「わかりやすい授業が多い」「自分の視野を広げるのに役立つ」であり、逆に情報処理関係の教育の充実していないことがしめされた。 今後、同一内容を経年的に追跡していくことと、質問項目の具体化の検討が残された課題である。
抄録別表記: This report identifies levels of student satisfaction with the revised curriculum(begun in 1995), as well as their satisfaction with the arrangement of subjects and the correlation among them.A survey by questionnaire was conducted just before graduation using 57 graduating seniors as subjects.The content of the questionnaire included the following:(1)what subjects contributed to their writing the paper for Comprehensive Nursing/Nursing Research II;(2)what was the degree of satisfaction with the curriculum and reason(s);and (3)how did the students assess the classes taken, the educational facilities and equipment.The 10 question items were selected from the survey done in 1997 by Bennese Bunkyosoken(Educational Survey Corporation)The results were:(1)the subjects studied significantly contributed to writing the Comprehensive Nursing/Nursing Research II(graduation paper);(2)the correlation between each subject taken and the Comprehensive Nursing/Nursing Research II was significantly strong;(3)the degree of student satisfaction with the entire curriculum was approximately 80%;and(4)the student responses concerning overall satisfaction with the classes in the program as well as the educational facilities and equipment were positive(over 60%)stressing that all aspects of the program were helpful in acquiring professional knowledge and broadening insight.Future tasks should be to conduct the same questionnaire survey periodically with futher elaboration of contents.
参考文献: ベネッセ文教総研:大学満足度と大学教育の問題点, 1997全国国公私立大学191校調査報告書
Stident Satisfaction Tool:Valiga先生「カリキュラム評価」セミナー,聖路加看護大学教員研修 1999年7月26~30日
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/382
出現コレクション:26号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
20000413134653237089015.pdf1.07 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください