DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
26号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/377

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 看護専門職の自律性に関する概念の検討と研究の動向
タイトル別表記: Autonomy in professional nurses -An article review
著者: 小谷野, 康子
キーワード: 看護婦
看護婦の役割
自己効力
自己実現
専門職の自律性
nurses
professional autonomy
nurses' role
self-actualization
self-sfficacy
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 26
開始ページ: 50
終了ページ: 58
発行年月日: 2000年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 国民のヘルスケアニーズが多様化しているなか、さまざまな専門職がヘルスケアの分野に参入し、看護職との協働は重要な課題といえる。こうしたヘルスケアシステムの変化の時代を背景に、看護職は多職種のなかでその専門性を発揮し、より専門職として活動していくことが期待されている。本稿は専門職の要件である看護職の自律性に注目した関連文献を検討し、若干の私見を加えた。
抄録別表記: Health care needs have diversified over the past several years, and as a result, a variety of health care professionals want to participate in this process of health care diversity.It is an important subject for discussion collaboration among nurses and other health care professionals.It is expected that nurses will be professionalleaders in multidisciplinary efforts and programs.This article is a review of related literature on autonomy among nurses.
参考文献: 患者の権利法をつくる会編:患者の権利法をつくる, 明石書店, 11, 1992.
紙屋克子:「専門職」としての看護婦, 看護教育, 33(7), 547, 1992.
南 裕子:看護系大学院教育の位置づけと専門看護師教育の課題, Quality Nursing, 5(4),4-8,1999.
Lancaster J:1986 and beyond:Nursing's future, Journal of Nursing Administration 16,31-36,1986.
Freidson, E.:Professional Dominance:The Social Structure of Medicaal Care.New York:Antherton Press, 1970, 遠藤雄三・宝月誠訳, 医療と専門家支配, 恒星社厚生閣, 236, 1992.
伊藤了:プロフェッション社会学の研究動向-「自律性」の次元での若干の考察, 東北大学教育学部研究年報, 第44集, 115-130, 1996.
Gloria V.Engel:Professional Autonomy and Bureaucratic Organization, Administrative Science Quarterly, 15, 12-21, 1970.
草刈淳子:専門職の概念と専門職化が進み始めた看護職, インターナショナル・ナーシング・レビュー, 18(1), 5, 1995.
Dempster Judith S.:Autonomy:A Professional Issue of Concern for Nurse Practitioners, Nurse Practice Forum, 15(4), 227-232, 1994.
叶谷由佳, 小谷野康子, 佐藤鈴子, 菅田勝也:医療費抑制策下でのケアの質の維持向上に対する看護の貢献, 看護管理, 7(9), 医学書院, 1997.
細谷俊夫他:新教育学事典3, 第一法規出版(株), 416-418, 1990.
柴野昌山:社会化論の再検討-主体性形成過程の考察-, 社会学評論107, 20, 1977.
相賀哲夫編:日本大百科全書12, 361, 1989.
新村出編:広辞苑第4版, 岩波書店, 1311, 1991.
金田一晴彦他:日本国語辞典, 学習研究社, 983, 1978.
下中邦彦編:哲学事典, 平凡社, 729, 1977.
新村出:広辞苑第4版, 岩波書店, 1311, 1991.
エリクソンE.H., 小此木啓吾訳:自我同一性:アイデンティティとライフサイクル, 誠信書房, 75-87, 1973.
細谷俊夫他:新教育学事典3, 第一法規出版, 416-418, 1990.
天野正子:専門職化をめぐる看護婦・看護学生の意識構造, 看護研究, 181-200, 1972.
Greenwood, E.:Attributes of a Profession, Social Work, 11, 45-55, 1957.
Goode, W.:Encroachment, Charlatanism, and the Emerging Profession:Psychology, Sociology and Medicine, American Sociological Review, 25, 902-914, 1960.
Kornhauser, W.:Scientists in Industry:Conflict and Accommodation, University of California, 1962, 三木信一訳, 産業における科学技術者, ダイヤモンド社, 1964.
Wilensky, H.L.:The Professionalization of Everyone?, American Journal of Sociology, 70(2), 137-158, 1964.
勝原裕美子:看護婦(士)のプロフェッションフッドを構成する要素の探求, 1996年度神戸大学大学院経営学研究科修士論文, 1997.
Stein LI:The doctor-nurse game.Arch.Gen.Psychiatry 16, 699-703, 1967.
Merican Nurses' Assocuation:Nursing:s social policy statement.Kansas City, Mo.:American Nurses'Association, 1980.
Leonars I.Stein, David T.Watts, Timothy Howell:The New England Journal of Medcine, 322(8), 546-549, 1990.
Pankratz, L.and Pankratz, D.:Nursing Autonomy and Patients'Rights:Development of a Nursing Attitude Scale, Journal and Health and Social Behavior, 15, 211-216, 1974.
Waltz Carolyn F., Strickland, Ora L.editors, Schutzenfofer Karen kelly:Measuring Professional Autonomy in Nursing, Measurement of Nursing outcomes 2, Soringer Pubridhing Company Inc, New York, 3-18, 1988.
Stamps, P.L., & Piedmonte, E.B.Nurses and work satisfaction:An Index for measurement, Ann Arbor, MI:Health Administration Press Perspectives, 1986.
Dempster Judith S.:Autonomy in practice:Conceptualization, construction, and psychometric evaluation of an empirical instrument, University of San Diego, 1990.
Schutzenfofer Karen kelly, Donna Bridgman Musser:Nurse Characteristics and Professional Autonomy, Image, 26(3), 201-205, 1994.
Collins Sandra, Henderson Melinda C:Autonomy:Part of the Nursing Role?, Nursing Forum, 26(2), 23-29, 1991.
Cheryl S.Alexander at et al.:Determinants of Staff Nurses' Perceptions of Autonomy within Different Clinival Contexts, Nursing Research, 31(1), 48-52, 1982, 松本和歌子訳:異なった臨床状況における看護婦の主体性を決定する要素, 看護研究, 16(1), 53-59, 1983.
菊池昭江:看護専門職の自律性に関する研究, 30(4), 23-35, 看護研究, 1997.
Sabiston Jean Ann, Spence Laschinger Heather K.:Staff Nurse Work Empowerment and Perceived Autonomy, Testing Kanter's Theory of Structural Power in Organizations, Journal of Nursing Administration, 25(9),42-50,1995.
小谷野康子:看護婦の専門職的自律性と仕事上の人間関係との関連, 聖路加看護学会誌, 1(1),45-51,1997.
香春知永:看護基礎教育課程における専門職的自律性に関する研究,.1983年度千葉大学大学院修士論文,1984.
志自岐康子:看護婦の専門職的自律性に影響を及ぼす要因の分析,1992年度聖路加看護大学大学院修士論文.
小谷野康子:看護婦の専門職としての自立性に影響を及ぼす要因の分析,1997年度聖路加看護大学大学院修士論文.
ピーター・ストラットン、ニッキー・ヘイズ著,依田明・福田幸男訳,人間理解のための心理学辞典,ブレーン出版,104,1996.
Bandura A,:Self-Efficacy in changing societies Cambridge University Press,1995.本明寛・野口京子監訳:激動社会の中の自己効力,金子書房,1997.
坂野雄二,東條光彦:一般セルフ・エフィカシー尺度作成の試み,行動療法研究,12,73-82,1986.
坂野雄二:一般セルフ・エフィカシー尺度の妥当性の検討, 早稲田大学人間科学研究 ,2,91-98,1989.
林潔,瀧本孝雄:問題解決行動とself-efficacy,および時間的展望との関連について、白梅学園短期大学紀要,28:51-57,1992.
坂野雄二他:主張行動の形成に及ぼすSelf-Efficacy向上操作の効果,千葉大学教育相談センター年報,4:161-185,1987.
Bandura A.Social Foundations of Thought and Action:A Social Cognitive Theory.Englewood Cliffs, NJ' Prentice Hall Inc;1986.
Heather K.Spence Laschinger, Judith Shamian:Staff Nurses' and Nurse Managers' Perception of Job-Related Empowerment and Managerial Self-Efficacy, Journal of Nursing Administration 24(10),1994.
Froman Robin:Response to Development and Validation of the Perinatal Nursing Self-Efficacy Scale, Scholarly Inquiry for Nursing Practice:An International Journal 7(2),107-110,1993.
Styles, M.M:On Nursing:Toward a New endowment, The C.V.Mosby Company, 1982.
Craven, K:Self-Efficacy and Knoweldge of pediatrics in emergency nurse, Unpublished masters' thesis, University of Connecticut, Storrs, CT,1992.
小谷野康子:看護婦の自己効力の特性とその関連因子,聖路加看護学会誌3(1),78-84,1999.
石田貞代・望月好子:看護婦、看護学生のGSES得点と臨床経験年数との関連,静岡県立大学短期大学部,研究紀要第10号,137-145,1996.
上田吉一:自己実現の心理,誠信書房,183,1986.
フランク ゴーブル、小口正彦訳,マズローの心理学,産能大学出版,35-57,1972.
Milton Mayeroff:田村真・向野宣之訳,ケアの本質,ゆるみ出版,70,1987.
Patreicia Benner:From Novice to Expert:Excellence and Power in Clinical Nursing Practice, Addison-Welsley,1984.井部俊子他訳:ベナー看護論ー達人ナースの卓越性とパワー,医学書院,147-157,1994.
船津衛:シンボリック相互作用論,恒星社厚生閣,192,1987.
T・パーソンズ,佐藤勉訳,社会体系論,青木書店,441,1980.
井上幸子編:看護学体系1,日本看護協会出版会,23,1993.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/377
出現コレクション:26号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
20000413134653237089005.pdf947.1 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください