DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
26号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/373

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 老人保健施設で学ぶ老人看護:よりよい総合実習をめざして
タイトル別表記: Practical Learning Care Skills at Health Service Facility for the Elderly For Better General Practice for Undergraduate students of Nursing.
著者: 久代, 和加子
南川, 雅子
亀井, 智子
キーワード: 介護
看護
総合実習
利用者
老人看護
老人保健施設
general practice
gerontological nursing
health service facility for the elderly
residents
nursing
care
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 26
開始ページ: 93
終了ページ: 104
発行年月日: 2000年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  1999年度から4年生前期の総合実習において、老人看護領域が新しく始まった。実習目標は、「老いて病む人とその家族が健康状態を最大限生かし、生き生きとしてその人らしい生活ができるように、医療・保健・福祉の専門職と協働して援助できる」とし、希望した8名の学生が老人保健施設で実習を行った。 老人保健施設での実習を始めるにあたり、事前に施設側と打ち合わせを重ねて臨んだにもかかわらず、前半グループの実習ではスタッフとの関係性が十分とはいえず、学生は看護や介護の実務について具体的に実感したり主体的に看護活動を実施するまでには至らなかった。実習方法の改善等により後半グループでは、利用者やスタッフとの関係性が高まる中で主体的に利用者やスタッフと関わり、老人をとりまく種々の社会的状況を統合して老人看護の学びを深めることができた。 また実習科目群の積み上げという視点から、総合実習が中間施設である老人保健施設で行われたことは、保健・医療・福祉の各専門職が協働して援助するという老人看護の特殊性を学ぶということで適切であった。 実習前までの学生の学習状況に応じた、実習環境づくりおよび実習指導体制を整えることにより、よりよい老人看護実習が行えることが示唆された。
抄録別表記: We conducted practice for sophomore students of the St.Luke's College of Nursing at health service facility for the elderly.The purpose of the practice is to learn care skills for elderly patients and their family. Eight students were participated for a ten-day practice.They were randomly divided into two groups according to time of initiating practice, I.e., four students were assigned to first practice group and remaining students assigned to latter group.Despite meetings with care staff of the facility, students of the first group were not able to establish good communication with care staff and they could not actively participate the care program.Students of the latter group were informed about these problems and they tried improve communication with care staff and residents.They could participate care program more actively and their satisfaction with the practice was better. Our experiences suggest that awareness of importance of communication both by students and care providers such as staff leaders and head nurse are important to improve efficacy of general practice.We assume this is particularly important for students of nursing who practice in health service facility for the elderly. Finally, constructing better practice environment as well as proper leadership adjusted for students'ability before initiating practice will enhance efficacy and usefulness of practice.
参考文献: 厚生省統計協会:国民衛生の動向, 1999.
宮崎和子監修:B老人保健施設における看護活動と観察, 看護観察のキーポイントシリーズ 高齢者, 116-121, 中央法規出版, 1997.
石山久著:特養と老人保健施設 その共通点と相違点, 老年看護学 カリキュラム案とその展開, 40-44, 医学書院, 1996.
厚生省老人福祉局監修:高齢者ケアプラン策定指針, 厚生科学研究所, 1998.
石山久著:効果的な実習のために あたりまえの生活感覚を大切に, 老人看護 カリキュラム案とその展開, 45-50, 医学書院, 1996.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/373
出現コレクション:26号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
20000413134653237089010.pdf1.07 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください