DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
26号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/367

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: Problem-Based Learningにおけるテュータの行為:テュータ・カンファレンスの分析を通して
タイトル別表記: Tutorial performance in problem-based learning -an analysis of tutor conference-
著者: 三橋, 恭子
堀内, 成子
森, 明子
有森, 直子
片桐, 麻州美
桃井, 雅子
岡村, 晴子
江藤, 宏美
木下, 千鶴
中込, さと子
井村, 真澄
小川, さゆり
佐藤, 直美
キーワード: Problem-based learning
テュートリアル
学習者支援
学習者主導
学習方法
教授
Problem-Based Learning
Tutorial
Self-directed learning
Facilitation
Teaching-learning strategy
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 26
開始ページ: 21
終了ページ: 30
発行年月日: 2000年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  Problem-Based Learning(以下PBLと略す)は、5名から8名の少人数グループによる相互教育的な学習を特徴とし、グループでの学習が効果的に展開するよう教員が学習を促進する存在として各グループを担当するテュートリアル・システムをとる。 本研究の目的は、PBLでの学生とテュータとの相互作用におけるテュータの行為を明らかにすることにある。13名のテュータが全20回のテュータ・カンファレンスで語った内容(計922分間)およびテュータの個人記録に着目し、内容分析を行った。分析は、テュータの側からみた学生との関わりにおいてテュータがとった行為を抽出し、その行為の内容と目的を明らかにした。 その結果、テュータの行為について5つのカテゴリーが抽出された。「学生のスタートラインを見極める」「契約、すなわちルールをつくる」は、PBLの開始時期に比較的多く認められたセッションの支持基盤となるような行為である。「学生の視点に学びの起点を置く」「学びの展開を予測し進行を支援する」「学生の学びを保証する」は、各セッションにおいて常に行われていた行為であった。これらの行為はセッションにおいて様々に組み合わされ、循環しながら用いられていた。
抄録別表記: Problem-Based Learning(PBL) is a challenging new educational concept.The tutor's role as facilitator is essential to this concept.The purpose of this study was to clarify the performance of the tutor in supporting student learning.Our process, therefore, was to analyze interaction between students and tutors during PBL.The subjects were thirteen tutors.We analyzed the content of discussions during twenty tutor conferences.The study focused on tutorial performance, which included the content and objectives used in the PBL. The findings were as follows:Five categories were derived from the content analysis of transcribed discussion data and tutor's notes, (1)allowing students to decide the starting point, (2)allowing students to make their own rules, (3)understanding that the learning center is the student's own point of view, (4)expecting and supporting the progress of learning, and(5)encouraging and assuring student learning.The tutors used these standards of performance(categories 1 to 5)in all PBL group sessions.
参考文献: 森明子他:新しい教育方法の試み-妊娠期看護のProblem-Based Learning-, 聖路加看護大学紀要第23号,29-40,1997.
森明子他:看護学士課程の母性看護学におけるProblem-Based Learningの教材開発,日本看護教育学会誌,6(2),80,1996.
三橋恭子他:Problem-Based Learningにおけるテュータの体験の分析, 日本看護教育学会誌,6(2),81,1996.
Creedy, D., and Hand, B.:The implementation of problem-based learning: changing pedagogy in nurse education, Journal of Advanced Nursing, 20, 696-702,1994.
小山眞理子他:看護大学における教授・学習方法の改革に関する研究, 平成7, 8年度文部省科学研究費補助金報告書, 24-35, 1998.
Hammel, J., Royeen, C.B., Bagatell, N., Chandler, B., Jensen, G., Loveland, J., and Stone, G.:Student perspectives on problem-based learning in an occupational therapy curriculum:A multiyear qualitative evaluation, The American Journal of Occupational Therapy, 53(2), 199-206, 1999.
Hay, J.A.:An investigation of a tutor evaluation scale for formative purposes in a problem-based learning curriculum, The American Journal of Occupational Therapy, 51(2), 140-143,
Holmes, D.B. and Kaufman.D.M.:Tutoring in program-based learning:a teacher development process, Medical Education, 28, 275-283, 1994.
Creedy, D., Horsfall, J., and Hand, B.:Problem-based learning in nurse educaton:an Australian view, Journal of Advanced Nursing, 17, 727-733, 1992.
Lowry, M.:Working in syndicate groups toward the development of clinical care protocols:a study into the professional learning of undergraduate nursing students, NurseEducation Today, 18, 470-476, 1998.
Cross, K.D.:An analysis of the concept facilitation, Nurse Education Today, 16,350-355,1996.
平川和子:第5章フェミニストセラピー, 小森康永, 野口祐二, 野村直樹編, ナラティブセラピーの世界,96-104,日本評論社,1999.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/367
出現コレクション:26号
2.学術論文
2.学術論文
2.学術論文
2.学術論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
20000413134653237089002.pdf964.15 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください