DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
25号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/349

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 看護の質の確保に関する研究:先進諸国における免許更新制度
タイトル別表記: Study on Assurance of the Quality of Nursing and Improvement in Nurse's Competence- License Renewal System in Advanced Countries
著者: 菱沼, 典子
及川, 郁子
小澤, 道子
野村, 美香
久代, 和加子
片桐, 麻州美
草刈, 淳子
丸山, 美知子
キーワード: 看護の質
看護婦(士)
継続教育
先進国
免許
免許更新
license renewal system
nurse
countinuing education
developed countries
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 25
開始ページ: 52
終了ページ: 67
発行年月日: 1999年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  WHOプライマリーヘルスケア看護開発協力センターを通して明らかになった、免許更新制度を有する先進4ヵ国(イギリス、オーストラリア、カナダ、アメリカ)に対し、免許更新制度の実態について質問紙を用いた郵送および面接調査を行った。 その結果、免許更新制度に関する各国の状況は以下のようであった。1)イギリス UKCCによる「プロジェクト2000」の登録後の教育に関する改革に基づき、すべての登録看護婦に、3年間ごとに5日間の継続教育を義務づけた新たな免許更新制度が2001年までに移行しようとする状況にあった。2)オーストラリア 1年ごとの免許更新が規定されているが、その手続きや費用等は各州ごとに異なっており、継続教育の要件はない。看護専門職としての自覚を促すための看護実践能力のセルフアセスメントしとその申告を通し、看護の質を高めようとする新たな動きが見られていた。3)カナダ Public Protectionを目的として1年ごとの免許更新が規定されているが、その費用や要件は各州ごとに異なっていた。現在は継続教育とのリンクはなく、看護の質の保証のために免許更新制度の改革も考えられていた。4)アメリカ 2年ごとの免許更新が義務づけらているているが、その手続きや費用、要件は州ごとに異なっていて、継続教育を要件としている数は約半数であった。免許更新の有効性は認めながらも施設として配慮があるところは少なかった。 免許更新制度は、就業や登録看護婦数の把握、看護職の最低モラルの維持、看護の質の確保など、幅広い目的をもって実施されていたが、継続教育とは必ずしもリンクしていないことが明らかになり、免許の更新がそのまま看護の質の確保にはつながっていない可能性があることがわかった。継続教育を免許更新の要件にしている場合には、そのプログラムの内容や教育方法に一定の基準を設けているところもあった。看護の質を確保していくためには、効果的な継続教育を検討していくことが現段階では重要であると考える。
抄録別表記: This survey is conducted to identify the current status of license renewal system and continuing education program for registered nurses in advanced countries as well as to assure the quality of nursing and improve nurse's competence in our country. In cooperation with WHO Collaborating Centers for Nursing Development in Primary Health Care, our center has obtained the following information by interview and through questionnaire sheet sent to four advanced countries(United Kingdom, Australia, Canada and U.S.A.).1)United Kingdom Based on "Project 2000" provided by UKCC to reform continuing education program after registration, a new license renewal system is to be started in 2001, by which all registered nurses should compulsorily receive five-days continuing education program in every three years.2)Australia Although annual license renewal is provided under the Nursing Act, the application procedure and related cost for renewal vary from each state.There is no requirement for continuing education.Individual nurse is accountable for assenssing their own competence and practice when applying for renewal of their certificate.This seems to be a new strategic measure to improve the nursing quality3)CanadaAlthough annual license renewal is provided, the application procedure and related cost for renewal differ among states.Currently, license renewal is not linked to continuing education.They are investigating the possibility of revising license renewal in order to ensure the quality of nursing.4)U.S.A. Although license renewal is mandatory in a 2-year period, the application procedure and related cost differ among states.In about a half of states, continuing education is required.Most of medical institutions are less likely to weigh license renewal with continuing education, even though the efficacy of license renewal is highly recognized. Under legal provisions, license renewal has been implemented in the above countries with various purposes.However, the results of this survey show that it is not linked to continuing education and that license renewal may not always lead to assurance of the nursing quality.Some countries where continuing education is a requirement for license renewal, a certain standard of educational program and process has been adopted.Now it is important for us to review more effective continuing education in order to ensure and improve the quality of nursing.
参考文献: Alspach, J.G.:The educational process in Nursing Staff Development, Mosby, 1994.
American Nurses Association, Council on Continuing Education and Staff Development: Standards for Nursing Professional Development, American Nurses Association,1994.
アメリカ看護婦協会著・児玉香津子訳:看護はいま ANAの社会政策声明, 日本看護協会出版会, 1998
荒井蝶子, 馬場一雄編:米国における看護継続教育, 看護MOOK, 37, 221‐226, 1991
Dame Sheila Quinne, 尾田葉子訳:欧州共同体のなかの看護職, Quality Nursing, 2(5), 446-450, 1996
林千冬:英国における移行教育の現状と日本の課題, 看護教育, 38(8), 606-612, 1997
ICN:カナダとアメリカで持ち上がっている免許交付に関する問題, インターナショナルナーシングレビュー, 20(1), 12-19, 1997
Kelly, K.J.:Nursing Staff Development-Corrent Competence, future focus, J.B.Lippincott company, 1992
厚生省健康政策局看護課監修:体系的な推進体制をめざして;看護職員生涯教育検討会報告書, メジカルフレンド社, 1993
Murphy, S.尾田葉子訳:イギリスの看護事情(後編), Quality Nursing, 3(1), 83-89, 1997
岡喜美子:イギリスの医療はいま, 医学界新聞, No.2201, 2204, 2209, 2214, 2229, 2234, 2240
Queensland Nursing Council:Report on Annual Licence Certificate Audit Process for the 1997 Renewal Period, 1997.
注記: 報告
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/349
出現コレクション:25号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990501123610000205006.pdf1.33 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください