DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
13巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/3486

NII Resource type: Journal Article
Title: 自治体ウェブサイトにおけるアスベスト関連疾患と 健康相談事業に関する情報提供の現状
Other Titles: Information about Asbestos Related Diseases and Health Consultation in Websites of Local Governments
Authors: 長松, 康子
Keywords: アスベスト
自治体
インターネット
健康相談
保健師
asbestos
local government
internet
consultation
public health nurse
Shimei: 聖路加看護学会誌
Volume: 13
Issue: 2
Start page: 79
End page: 84
Issue Date: 31-Jul-2009
Publisher: 聖路加看護学会
Abstract: 【背景と目的】石綿による健康被害の救済制度(以下:救済法)の申請窓口のひとつに保健所が指定された。 折しも地方行政のIT 化が進み,インターネットが住民の情報収集方法として定着しつつあることから,自 治体ウェブサイトにおけるアスベスト関連疾患と健康相談事業に関する情報提供の現状を明らかにすること とした。 【対象と方法】保健所を有する自治体151 のウェブサイトについて,①アスベストに関する専用情報ページ, ②アスベスト相談窓口,③救済法および労働災害補償制度(労災法),④アスベスト関連疾患の検査・治療 が可能な医療機関情報,⑤公共施設のアスベスト使用状況,⑥アスベストに関する一般情報,の有無につい て調べた。 【結果】すべての自治体がウェブサイトを有し,75.5%がアスベスト専用ページをもっていた。健康相談 窓口を明記していたのは81.5%で,そのすべてが保健所を載せていた。救済法については80.1%,労災 は66.9%,アスベスト関連疾患が検査・治療可能な医療機関は34.4%,公共施設のアスベスト含有状況は 76.2%が情報を示していた。アスベストに関する一般情報の提供状況は,関連法規86.8%,健康への影響 69.5%,アスベスト含有製品68.2%,廃棄方法65.6%,工事方法62.9%であった。 【考察】75.5%がアスベスト専用ページを有していることから,自治体ウェブサイトにおけるアスベスト関 連疾患情報や健康相談の整備が進みつつある現状が明らかになった。特に80.1%が保健所を健康相談窓口と して示していたことから,これまで住民の健康を地域で支えてきた実績と,地域の医療機関情報をもつ保健 師の専門性が活かされるものと期待される。一方で,アスベストに関する健康相談は専門的知識を必要とす るため,具体的な対応策を示した看護職向けガイドラインなどの作成が必要であると考察された。
Abstract-Alternative: Introduction and Aim:The government started compensating to people suffering asbestos-linked health problems but who are not covered by industrial accident insurance in 2005. Local health centres receive the applications by non-occupational victims. This study aims to investigate how local governments provide information about asbestos related diseases and health consultation in websites of local governments since it is getting popular for Japanese to collect information through internet. Subjects and methodology:151 website of local governments which have health centers were examined if they have ① page for asbestos related information, ② Consultaion, ③ Compensation for victims by occupational and nonoccupational exposures, ④ hospitals that provide examinations and treatments of asbestos related diseases in the community, ⑤ asbestos in public buildings, ⑥ basic information of asbestos. Results:All local governments had own website. 75.5% had page for asbestos related information. 81.5% had information about health consultaion which indicated health centers as a service provider. 80.1% provided information for non occupational victims and 66.9% for occupational ones. 34.4% showed local hospitals examinations and treatments for asbestos related diseases were available. 76.2% revealed the public buildings which contained asbestos. Laws about asbestos were shown by 86.8%, effects for human body by 69.5%, products contain asbestos by 68.2%, waste disposal by 65.6% and constluction procedure by 62.9%. Discussion:Results indicated local governments are facilitating asbestos related information in their website. It is remarkable that 80.1% indicated health centers as a health consultation service provider. Since Public nurses have experiences to support people in community and information of medical services, they are expected to apply their specialties upon people with anxiety of asbestos, patients and their family. Meanwhile, health consultation requires special knowledge and experience on asbestos, guideline for nurses which include practical nursing cares are necessary.
Bibliography: 古谷杉郎(2006).各国におけるアスベスト被害と規制状況.森永謙二,アスベスト汚染と健康被害(第2版)(31-45).東京:日本評論社.
畠一彦,赤沢俊一(1997).WHO とインターネットワーキング(1)―WHO のウェブサービスの歴史と現状,辰巳治之,ホームページへの招待―医学・医療におけるインターネットワーキング(124-128).東京:医歯薬出版.
樋野興夫(2006).中皮腫外来と血液学的診断,順天堂医学.52,342-346.
上河原献二,松木正幸(2008).労働者災害補償保険法以外の補償・救済.森永謙二,石綿ばく露と石綿関連疾患―基礎知識と補償・救済(256-273),東京:三信図書.
環境省(2008).石綿健康被害救済法の特別遺族弔慰金等に係る周知事業の実施について.18.02.2009,報道発表資料:http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=992
厚生労働省(2008).都道府県別にみた中皮腫による死亡数の年次推移(平成7年~19年).06.30.2009,記者発表資料:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/chuuhisyu07/index.html
厚生労働省労働基準局(2006).石綿による健康被害の救済に関する法律に基づく特別遺族給付金等の周知・広報について,06.30.2009,基労管第1021002: http://www.joshrc.org/~open/files2/20060809‐002.pdf
村山武彦(2006).アスベストと中皮腫.綜合臨床,55(6),1775-1777.
National Macmillan Mesothelioma Resource Centre(2008),Mesothelioma UK .01.03.2009,NHS Cancer Care:http://www.mesothelioma.uk.com/
名取雄司.電話相談から見た石綿関連肺癌の報告.肺癌.印刷中.
衆議院調査局環境調査室(2008).自治体における石綿対策に関する実情調査報告書.東京:衆議院調査局環境調査室.
総務省(2008).平成20年版情報通信白書 活力あるユビキタスネット社会の実現(88-98).東京:ぎょうせい.
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/3486
Appears in Collections:4.総説・論説・報告・資料
13巻2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
gakkai13-2-2009040.pdf1.21 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback