DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
13巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/3485

NII Resource type: Journal Article
Title: 看護基礎教育と看護実践とのギャップを縮める 「総合実習(チームチャレンジ)」の評価 ―看護学生と看護師へのフォーカスグループ・インタビューの分析―
Other Titles: Evaluation of the Integrated Nursing Practice ‘Team Challenge’ : Bridging The Gap of Theory and Practice
Authors: 松谷, 美和子
佐居, 由美
大久保, 暢子
奥, 裕美
石本, 亜希子
中村, 綾子
佐竹, 澄子
安ヶ平, 伸枝
西野, 理英
高井, 今日子
寺田, 麻子
岩崎, 寿賀子
井部, 俊子
Keywords: 看護学生
統合実習
状況学習論
正統的周辺参加
プリセプターシップ
integrated nursing practice
situated learning
LPP (legitimate peripheral participation)
Shimei: 聖路加看護学会誌
Volume: 13
Issue: 2
Start page: 71
End page: 78
Issue Date: 31-Jul-2009
Publisher: 聖路加看護学会
Abstract: 【目的】本研究の目的は,看護基礎教育課程で修得する看護実践能力と臨床で求められる看護実践とのギャッ プを縮める実習のあり方を探究するため,臨床での看護実践により近い実習形態(夜間実習,複数受け持ち) である実習科目「総合実習(チームチャレンジ)」について,実習を経験した学生および看護師の振り返り をとおして評価することである。 【方法】この研究は,実習を経験した4年生および看護師へのフォーカスグループ・インタビューによる質 的データを分析した評価研究である。分析はラザーズフェルドの質的分析法を参考にした。 【結果】実際にインタビューを実施した学生は8名(対象者の57%),看護師は7名(対象者の15%)であった。 学生は,「チームチャレンジ」が目的とした学びを経験し,実習方法についても満足していた。看護師からは, 実習目的と方法への積極的支持があった。また,看護実践能力としての複数の個別的ケア能力と看護業務遂 行能力への看護師の見解は,達成と達成困難とに分けられた。そして,実習目的としてそのどちらに比重を 置くべきかという問いが提示された。 【結論】「チームチャレンジ」への評価として,学生の高い満足度と看護師の積極的支持がみられる一方で, 複数の個別的ケアと看護業務の遂行という看護実践能力についての看護師の見解は,達成と達成困難とに分 けられた。これらは実践の現場で看護師が葛藤しながら高めていく実践能力である。現実的な学びを求める 状況参加型のこの実習は,臨床看護師および教育者のさらなる協働と工夫によって,学生から新人看護師へ の橋渡しとなることの可能性が示された。
Bibliography: 看護学教育の在り方に関する検討会報告(平成16年3月26日).看護実践能力育成の充実に向けた大学卒業時の到達目標.
厚生労働省(平成15年3月17日).看護基礎教育における技術教育のあり方に関する検討委員会報告書.
Krammer, M.(1974).Reality shock(why nurses leave nursing).St. Louis: C.V.Mosby Company.
Lave, J., Wenger, E.(1991).佐伯胖訳(1993).状況 に埋め込まれた学習:正統的周辺参加(190).東京:産業図書.
Lazarsfeld, P.L.(1972).西田春彦他訳(1984).質的分析法.東京: 岩波書店.
佐居由美,他(2009).看護基礎教育と看護実践とのギャップを縮める総合実習の効果~看護学生から臨床看護師へ~.聖路加看護学会誌,13(1),24-32.
田中俊也(2004).第7章:状況に埋め込まれた学習(171-193).赤尾勝己編.生涯学習理論を学ぶ人のために(172).京都:世界思想社.
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/3485
Appears in Collections:4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
13巻2号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2009039-gakkai13-2.pdf1.14 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback