DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
13巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/3483

NII Resource type: Journal Article
Title: Web 上でのヘルス・ボランティア学習支援 プログラム試用の評価・改善とカリキュラム化
Other Titles: Evaluation and Improvement of a Web-based Learning Support Program for Nursing Student Health Volunteers and Development of a Subject used Service-Learning
Authors: 田代, 順子
長松, 康子
松谷, 美和子
菱沼, 典子
及川, 郁子
平林, 優子
麻原, きよみ
大森, 純子
佐居, 由美
Keywords: ヘルス・ボランディア
サービス・ラーニング
e- ラーニング
看護大学生
社会参加
health volunteer
service-learning
web-based learning
nursing college student
social participation
Shimei: 聖路加看護学会誌
Volume: 13
Issue: 2
Start page: 53
End page: 62
Issue Date: 31-Jul-2009
Publisher: 聖路加看護学会
Abstract:  平成17 年1月からWeb 上でボランティア学生が学習できるヘルス・ボランティア・コミュニティ・e- センターを開発してきた。本論文では,本e- センターを学生と研究者の視点から評価し,その結果をもと にサービス・ラーニングの科目概要を作成したので報告する。評価方法は,e- センター内の①一般公開ボラ ンティア学習サイトの利用状況,②学生サイトの活動ログの試用状況,③活動ログ試用学生と不試用学生の 評価,④研究者の支援活動に関する評価,により過程評価した。研究の倫理的配慮として,学生に研究協力 は自由で,協力中止の自由や,学業成績とは無関係であること,などを説明し,同意書に署名してもらった。 本研究計画書は,学内の研究倫理審査委員会で承認を受けた(承認番号07-035)。  評価結果:①一般学習サイトへのアクセスは2007 年1月からの2年間で,1万4,768 件であった。②1 年間で活動ログは,登録学生122 名中9名が試用し,延べ30 件の活動ログが提出された。活動ログには, 活動内容,感じたこと・考えたこと,困ったこと,今後,に沿って記録されていた。③活動ログの試用に関 した学生評価は,⑴現在は,ボランティアなので活動ログ作成の動機付けとはならない,⑵学生間の連絡や 記録は携帯メールを使用しており,PC 上のWeb サイトを使うには時間と労力が必要,⑶現在のWeb では 他学生と経験を共有できない,⑷デジタルに馴染んでいない,などであった。④研究者の評価意見では,半 数以上の研究者が,Web 上での支援が未知であり関われなかったと評価した。しかし,研究者は,学生の 書いた活動ノートでの活動内容や振り返り状況は,学生の学習上重要であると評価した。  この評価をもとに,ボランティア活動が活発である学部1・2年生を対象とし,Web 上での自己学習と 併せてミーティングでの活動体験の共有と振り返りができる機会を提供するサービス・ラーニング科目を作 成した。今後,この科目の学習支援を実践し学生の学びと評価を受けさらに発展させる計画である。
Abstract-Alternative:  Purpose of this study was to provide evaluation data for the improvement of a web-based learning support program for nursing student health volunteers collaboratively developed with students that began January 2007. Based on findings of evaluation, we designed a subject used service-learning. Evaluation methods included: student logs, interview feedback from students who did or did not use the student site, and faculty researchers’ evaluation as the support staff for this web-based learning support program. The study was approved by the Institution Review Board at St Luke's College of Nursing (No.07-035). Participants were recruited based on their informed consent and assurance of confidentiality.  Findings revealed that nine students logged 30 reports. Logs described their activities, thinking, learning, and future plans. The PC web-site was unfamiliar to them compared to their mobile e-mail. In addition, they felt no obligation to log their volunteer activities. Most faculty-researchers indicated a low commitment to supporting student volunteers because of their lack of knowledge and expertise in using the educational web-based learning and they recognized they need to learn the technology.  Based on this evaluation, our consensus was to develop a service-learning program for nursing student health volunteers. Developing skills of logging their activities, reflecting and developing their understanding others and importance of help each other as a citizen is paramount during freshman and sophomore years. Skill building in using web-based learning for students and faulty should be added to the next iteration of the program. Further study is needed to examine outcomes of this service-leaning program.
Bibliography: 香春知永,他(2005).ヘルス・ボランティア活動をしている看護学生の学習ニーズと学習支援のあり方.聖路加看護学会誌,9(1),11-18.
松田岳士,原田満里子(2007).Eラーニングのためのメンタリング―学習者支援の実践.(14-41).東京:東京電気大学出版会.
松谷美和子,他(2004).看護教育法としての「サービス・ラーニング」―実践研究論文レビュー.聖路加看護大学紀要.30,31-38.
日本青年奉仕協会編集委員会(2005).ボランティア白書2007 .(11).東京:社団法人日本青年奉仕会.
佐々木正道(2003).大学生とボランティアに関する実証的研究.京都:ミネルヴァ書房. 
田代順子,他(2007a).Web上でのヘルス・ボランティア学習とボランティア学生学習支援プログラム開発―開発過程.聖路加看護学会誌.11(1),109-111.
田代順子,他(2007b).米国におけるサービス・ラーニング(地域参加型教育)の理念と取り組み―ウィスコンシン大学とワシントン大学の視察調査とワークショップ報告.聖路加看護大学紀要,33,68-73.
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/3483
Appears in Collections:13巻2号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
gakkai13-2-2009037.pdf1.11 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback