DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
13巻2号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/3481

種類: Journal Article
タイトル: 未就学児を対象とした健康教育絵本に対する評価
タイトル別表記: The Evaluation of Health Education Picture Books for Pre-school Children
著者: 瀬戸山, 陽子
後藤, 桂子
佐居, 由美
村松, 純子
松谷, 美和子
中山, 久子
大久保, 暢子
岩辺, 京子
安ヶ平, 伸枝
菱沼, 典子
キーワード: 健康教育プログラム
絵本
未就学児
評価
health education program
picture book
pre-school children
evaluation
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 13
号: 2
開始ページ: 37
終了ページ: 44
発行年月日: 2009年7月31日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 【背景】市民が健康医療情報を活用することが求められる中,年少時から身体に関する基礎的な知識を得る ことは重要であるが,未就学児を対象とした健康教育プログラムに関する評価は不足している。 【目的】本研究では,プログラムにおける教材として開発した絵本の系統別評価を示すこと,絵本における 系統横断的な評価を検討し,未就学児に対する健康教育教材の活用について示唆を得ることを目的とした。 【方法】2007 年11 月~ 2008 年3月,5,6歳児がいる保護者,およびその養育に関わる保育士・幼稚園教 諭を対象とし,質問紙調査を行った。対象者には,「消化器系」「呼吸器系」等7 系統の絵本を配布し,属性 特性,読んだ絵本の種類に加え,絵本の内容に関する認知度,面白さ,理解度について子どもと回答者につ いて別に尋ねた。 【結果】回答者91 名は全員女性で,30 歳代が最も多かった。系統別の回答者人数は,「消化器系」が95.7% と最多であった。子どもの評価は,「消化器系」において,「全部知っていた」が6.3%,「とても面白かった」 が64.0%,「わかりやすかった」が90.8%であり,「筋骨格系」では「とても面白かった」が59.6%,「わか りやすかった」が86.0%であった。また,絵本の「わかりやすさ」における肯定的な評価では,「題材が身 近な事柄である」「比喩が使われている」「自分で確かめられる」「用語の表記が明快である」の4 要素が自由 記述より抽出された。 【考察結論】「消化器系」「筋骨格系」は未就学児の日常生活において身近な事柄であり,実感しやすいと考え られた。他方「神経系」等は,子どもがイメージしにくいことがうかがえた。未就学児を対象とした健康教 育教材では,「題材が身近な事柄である」「比喩が使われている」「自分で確かめられる」「用語の表記が明快 である」という4要素を盛り込むことが重要であることが示唆された。
抄録別表記: Background:Though body knowledge is not common knowledge in present society, it is necessary for people to manage health information about their body once they have been diagnosed with a disease. So it is important to conduct health education from an early age. But little is evaluated about health education materials for pre-school children. In this paper we present the evaluation of health education picture books which are made up of 7 human body systems. Methods:Self-reported questionnaires were distributed to 91 parents via the Internet from Nov. 2007 to Mar. 2008. We used the following variables: demographic, degree of knowledge about contents of the picture books, level of amusement, understandability. Results:The study sample consisted ofall women, and most of them were in their 30’s. The book that was read most frequently in the study was the book about the digestive system with 95.7% of the sample reading that book. Evaluations of the “digestive system” picture book by children were: “Know all of the contents” was 6.3%; “Very interesting” was 64.0%; and “Easy to understand” was 90.8%. Evaluations of the “musculoskeletal system” picture book by children were: “Very interesting” was 59.6, and “Easy to understand” was 86.0%. The positive evaluation of understandability was categorized into four domains: “To be familiar with children”, “To use metaphors”, “To be able to confirm by themselves”, and “To express terminology with easy words”. Discussion:The picture book of the “Digestive system” and the “musculoskeletal system” seemed to have familiar content for pre-school children, while the other picture books, such as “Nerve system” , were difficult to understand. When we develop health education materials for pre-school children, we must take into account the 4 domains: “To be familiar with children”, “To use metaphors”, “To be able to confirm by themselves”, and “To express terminology with easy words”
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/3481
出現コレクション:13巻2号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
gakkai13-2-2009035.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください