DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
13巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/3463

種類: Journal Article
タイトル: 看護師の実践する「安楽」なケアの様相~安楽要素による「安楽なケア」のグループ化~
タイトル別表記: Aspects of Anraku (comfort) Care Practiced by Nurses ― Groping of Anraku (comfort) Care Based on Anraku (comfort) Elements ―
著者: 佐居, 由美
キーワード: 安楽
看護実践
半構成的インタビュー
看護ケア
confort
practical nursing
semi-constitutive interviews
nursing care
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 13
号: 1
開始ページ: 17
終了ページ: 23
発行年月日: 2009年3月
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 【目的】看護では,「安楽」は,一般的に重要な概念として認められている。看護師が患者に「安楽」なケアを提供することは,患者の入院生活の質を高めると考えられる。だが,安楽という概念は抽象的であり,看護師の実践する安楽なケアの実際も明らかになっていない。そこで,本研究では,看護師の安楽なケア実践の様相を,安楽な実践内容の差からグループ分けし,明らかにすることとした。 【方法】31 名の病棟看護師を対象に,患者に実践している「安楽なケア」についての半構成的インタビューを実施した。先行研究で作成した「看護実践における安楽の構造モデル」を構成する29 の要素(以下,安楽要素)を,枠組みとして使用し分析を行った。 【結果】看護師の語りの分析の結果,それぞれ,2~ 13(平均5.7)の安楽要素が確認された。多くみられた要素は,「苦痛がない」(25 名:86.0%),「安楽な体位」(19 名:66.0%)であった。安楽なケア実践は,その内容から,4つのグループに分けることが可能であった。 【考察】看護師の実践する安楽なケアは,その要素の数に幅がみられ,看護師によって,患者に提供する安楽なケア内容が異なることが確認された。多くみられた要素である「苦痛がない」「安楽な体位」は,多くの看護師が安楽なケアとして実践している内容であり,それ以外の安楽要素について働きかけていくことで,患者への安楽なケア提供が促進されると考えられる。
抄録別表記: Introduction:The concept of anraku (meaning comfort) is recognized as an important concept in the field of nursing and having nurses provide anraku care to patients is thought to enhance patients’ quality of life during their period of admission. The idea of anraku is an abstract one, however, and examples of nurses actually practicing such care remain undefined. Now, in this study we set out to elucidate a model for the practice of anraku care by groping of Anraku (comfort) care based on anraku (comfort) elements. Methods:Semi-constitutive interviews were held with 31 ward nursing staff on the subject of practice of anraku care to patients. A total of 29 elements (anraku elements) developed through previous research on“ A Structuralized Model of Anraku in Practical Nursing” made up the framework for use with this analysis. Results:Based on the outcome of analysis of nurses’ interviews, a total of 2 to 13 (average 5.7) elements were identified from each interview. The most common elements were“ An absence of pain” (25 responses:86.0% ) and“ A comfortable posture” (19 responses:66.0% ). We can category four group of Anraku (comfort) care based on anraku (comfort) elements. Discussion:The implementation of anraku care by nurses differed based on the number of elements identified, and it was possible to identify differences in the content of such anraku care based on individual nurses. The most common anraku elements of“ An absence of pain” and“ A comfortable posture” were both part of anraku care being provided by the majority of respondents, and we believe that continuing to work on providing other such elements will promote the provision of anraku care to patients.
参考文献: Benner, P.(1984).From Novice to Expert:Excellence and Power in Clinical Nursing Practice.井部俊子監訳(2005).ベナー看護論 新訳版-初心者から達人へ.東京:医学書院.
看護基礎教育のあり方に関する懇談会(2008).厚生労働省 看護基礎教育のあり方に関する懇談会 論点整理.9.
縄秀志(2006). 看護実践における“comfort”の概念分析.聖路加看護学会誌,10(1),11-21.
佐居由美(2004a).看護における「安楽」の定義と特性.ヒューマン・ケア研究,第5号,71-82.
佐居由美(2004b).看護実践場面における「安楽」という用語の意味するもの.聖路加看護大学紀要,30,1-9.
佐居由美(2008).看護師が実践している「安楽」モデルの検証.ヒューマン・ケア研究,9,30-42.
佐藤紀子(1998).患者への苦痛の看護 安楽:Comfortについて.看護技術,44(15),1606.
Benner, P., et al.(1999).Clinical Wisdom and Intervention in Critical Care A Thinking=In-Action Approach .井上智子監訳(2005).ベナー看護ケアの臨床知行動しつつ考えること.東京:医学書院.
日本看護科学学会第4期学術用語検討委員会(1995).看護学学術用語-NURSING TERMINOLOGY,6.
Rodgers, B. L.(2000).Chapter6:Concept Analysis ;An Evolutionary View. Rodgers, B.L., Knafl,K.A., Concept Development in Nursing Fondations. Techniques and Applications(2nd ed).(77-102).Philadelpfia:Saunders Company.
佐居由美(2005).和文献にみる「安楽」と英文献にみる「comfort」の比較-Rodgersの概念分析の方法を用いている日米2つの看護文献レビューから.聖路加看護大学紀要,31,1-7.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/3463
出現コレクション:13巻1号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
gakkai13-1-2009006.pdf998.58 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください