DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
13巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/3462

種類: Journal Article
タイトル: 助産師に対するBreast Awareness 普及に向けた 教育プログラムの開発
タイトル別表記: Breast Awareness Promotion:Development, Implementation and Evaluation of An Educational Program for Nurse-midwives
著者: 大林, 薫
片岡, 弥恵子
鈴木, 久美
キーワード: 乳がん
助産師
継続教育
breast cancer
midwife
continuing education
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 13
号: 1
開始ページ: 8
終了ページ: 16
発行年月日: 2009年3月
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 本研究の目的は,育児期にある女性へ継続的な乳房ケアを提供している助産師を対象としたBreast Awareness 普及に向けた教育プログラムの開発を行い,プログラムのプロセス評価を行うことで,よりよいプログラム開発への示唆を得ることである。プログラムは,ヘルスビリーフモデルを基盤に作成した。プログラムの目的は,「助産師が,育児期にある女性に対してBreast Awareness を普及できるように,BreastAwareness 普及に向けた知識と態度を身につけることができる。そして,助産師自身がBreast Awarenessに基づいた行動をとると同時に,助産実践のなかでBreast Awareness に基づいた教育的活動を行うことができる」である。  乳腺専門医による講義,乳がん体験者の語り,Breast Awareness についての講義,乳房触診モデルを使用した演習,Breast Awareness の助産ケアへの適応についてのグループワークから構成された5時間20 分のプログラムを,2007 年10 月に1回実施した。  無記名式の質問紙により,参加者の背景,プログラムの内容と方法について回答を得た。量的データにおいては記述統計を求め,質的データは内容を抽出し分析を行った。研究参加者は,42 名であった。参加者の背景は,20 代から60 代であり,助産師経験年数が10 年以上の者が20 名(47.6%),病院に所属している者も20 名(47.6%)と多くを占めていた。プログラムは,ほぼ予定通りの時間に全てのプログラムを終了した。  プロセス評価の結果,プログラムの開催場所,日時,会場,長さ,参加人数については,高い評価であった。また,教材,満足度,難易度,興味深さにおいても,肯定的な意見がほとんどを占め,参加者にとって満足度の高いプログラムであった。また,プログラムの長さ,助産分野と関連ある情報の追加,継続学習可能な媒体の作成,演習人数の設定について再検討する必要性が示唆された。
抄録別表記: This study had two objectives:to develop an education program for promoting breast awareness among midwives responsible for providing breast care services during the puerperium and infancy, and then to conduct a process evaluation of the program to identify potential modifications and enhancements. The program, based on the Health Belief Model, was designed to equip midwives with key concepts and information for use in promoting breast awareness among breastfeeding mothers. It also aims to promote breast awareness among midwives themselves, and encourage them to educate others on breast awareness in the course of their duties. The program was delivered once in October 2007. All components were completed on schedule, and the total duration was five hours and 20 minutes. The program comprised the following:a lecture by a breast surgeon; stories from breast cancer sufferers;a presentation on breast awareness; training using breast palpation models;and smallgroup workshops on incorporating breast awareness into midwife services. Anonymous questionnaires were used to gain general background information on participants and feedback on program content and delivery. Descriptive statistics were used for quantitative data, while qualitative data was extracted and subjected to analysis. Responses were received from 42 participants, ranging in age from 20-70. Twenty of the participants (47.6% ) had ten or more years’ experience as a midwife, with 20 (47.6% ) being attached to a hospital. The process evaluation generated positive feedback regarding the course venue, location, timing, length and number of participants. Similarly, feedback on the teaching materials, difficulty, level of interest and overall satisfaction was generally positive, indicating a high level of satisfaction with the program. However, it may be necessary to reconsider some aspects such as the program length; the need for more information directly relevant to midwifery; provision of materials to enable ongoing study;and the number of participants.
参考文献: Anderson,B. O.,et al.(2006).Breast Cancer in Limited-Resource Countries:An Overview of the Breast Health Global Initiative 2005 Guidelines. The Breast Journal,12(1),S3-S15.
Cranton,P. A. (1992).Working with Adult Learners. 入江直子,他訳(1999).おとなの学びを拓く-自己決定と意識変容をめざして.東京:鳳書房.
Graham,H.(2005).The nurse’s role in promoting breast awareness to women. Nursing Times ,101(41),23-24.
Glanz,K.,et al.(2002).health behavior and health education:theory, research, and practice(3rd ed.)曽根智史,他訳(2006).健康行動と健康教育-理論,研究,実践(第1版).東京:医学書院.
Hawe,P.,et al.(1990).evaluating health promotion. 鳩野洋子,曽根智史訳(2003).ヘルスプロモーションの評価-成果につながる5つのステップ.東京:医学書院.
Janz,N. K., Becker,M.H.(1984). The Health Belief Model:a decade later. Health Education Quarterly ,11(1),1-47.
Kösters,J. P., Gøtzsche,P. C.(2003).Regular selfexamination or clinical examination for early detection of breast cancer. Cochran Database of Systematic Reviews ,Issue2. Art. No.: CD003373. DOI: 10. 1002/14651858. CD003373. Retrieved April 14,2007.
厚生労働省大臣官房統計情報部編(2007).平成17年度 地域保健・老人保健事業報告(老人保健編).東京:厚生統計協会.
McCready,T.,et al.(2005).Breast self-examination and breast awareness:a literature review. Journal of Clinical Nursing,14(5),570-578.
National Cancer Institute (2007).Breast Cancer (PDQ):Screening Health Professional Version. Retrieved June 2,2007,from http://www.cancer.gov/cancerinfo/pdq/screening/breast/ healthprofessional/
大島明,他.(2004).がん・統計白書-罹患/ 死亡/ 予後-2004(第1版).東京:篠原出版社.
Parkin,D. M., Fernández,L. M.(2006).Use of Statistics to Assess the Global Burden of Breast Cancer. The Breast Journal ,12(1),S70-S80.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/3462
出現コレクション:13巻1号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
gakkai13-1-2009005.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください