DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
13巻1号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/3461

種類: Journal Article
タイトル: 5~6歳児の体の知識
タイトル別表記: 5 - 6 Year-old Children’s Knowledge of Their Body
著者: 菱沼, 典子
山崎, 好美
佐居, 由美
中山, 久子
松谷, 美和子
田代, 順子
大久保, 暢子
岩辺, 京子
村松, 純子
瀬戸山, 陽子
キーワード: 体表の部位
体の内部
5~6歳児
調査
external body parts
a survey
5 - 6 year-old children
internal body parts
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 13
号: 1
開始ページ: 1
終了ページ: 7
発行年月日: 2009年3月
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 自分の体についての知識を獲得することは,自分や他人の体を大切に思い,健康に気をつけて生活ができるようになること,また,医療を受ける際に,医師の説明を理解でき,自分で考えることにつながると考え,“体の知識をみんなのものに”をスローガンに,体の知識の普及を試みている。先行研究から,体についての学習プログラムは,自分の体への関心があり,また素直に関心を示すことができる就学前が適切であるという結論を得た。体の学習プログラムを開発し,その教材作成を行うに当たって,5~6歳児がどれくらい体について理解しているかを把握するために調査を行った。  5歳0ヶ月~6歳3ヶ月(平均5歳7 ヶ月)の28 名(回収率51.0 %),男女各14 名に,保護者から体の表面と体の内部についての質問による調査を行った。体の表面の24 の部位について,言葉で聞いて全員が指し示せたのは,「頭」「顔」「首」「お腹」「背中」「お尻」「足」「目」「鼻」「耳」「口」「ほっぺた」の12 部位であ り,指さされた部位の名称を,全員が言えたのは,「首」「お腹」「お尻」「目」「耳」「ほっぺた」の6項であった。より大きな概念を示す言葉を使う傾向があった。体のなかについては,「心臓」「骨」「筋肉」「血液」を90 %以上が知っていた。  5~6歳児は体の表面に関する知識はほぼ獲得しており,内部についても生活体験等と結びつけて理解しつつあり,体に関する学習の準備ができていると考えられた。体の学習の教材開発には,子どもがすでに知っていることから広げていくプログラムが適切であろう。知っている部位や名称から生活の体験に結びつけ,また機能をわかりやすく示せる教材の開発,教育プログラムの開発が求められる。
抄録別表記: The gorl of this research project’s aim is to have people have knowledge of the body and take initiative in their own healthcare. According to our preceding research, the best time to educate about the body is just before school age, at about 5 - 6year-old. So we are developing teaching materials, in order to help children’s understanding about the body. This paper is a research report about how much 5 - 6year-old children know about the body. In order to develop suitable educational materials, we asked parents to use a question guide to ascertain the child’s knowledge of the body. We obtained 28 responses (51.0 % response rate) 14 about boys and 14 about girls. The children were from 5 years, 0 months to 6 years, 3 months;the average age of both boys and girls was 5 years, 7 months. Our results showed that most children had some knowledge. All children could point to their body parts as they were named head, face, neck, abdomen, back, hip, leg, eye, nose, ear, mouth, and cheek. All children could name neck, abdomen, hip, eye, ear and cheek when the parents asked by pointing out the parts on the child’s body. More than 90 % of the children knew about the inside of the body. Heart, bone, muscles and blood were given in response to a question such as, what is inside your head ? or do yo konow the bone ? 5 - 6 year-old children have already known about the surface of their body and they understood inside of the body in relation to their own experience of daily life. The result of this questionnaire gave us many suggestions for producing teaching programs about the body.
参考文献: Brittain,W.L.,Chien,Y.C.(1980).Effects of materials on preschool children’s ability to represent a man. Perceptual Moter Skills ,51,995-1000.
Brumback, R.A.(1977).Characteristics of the insideof-the-body test drawings performed by normal shool children.Perceptual Moter Skills ,44,703-708.
Denehy,J.(1984).What do school-age children know about their bodies ? Pediatric Nursing ,10,290-292.
Eiser, C.,Patterson, D.(1983).‘Slungs and snails and puppy-dog tails’:children’s ideas about the insides of their bodies. Child Care Health and Devlopment ,9,233-240.
Gellert,E.(1962).Children’s Conceptions of the Content and Function of the Human Body.Genetic Psycholgy Monographs ,5,293-405.
Golomb,C.(1973).Children’s representation of the human figure:the effects of models,media,and instruction.Genetic Psychology Monographs ,87, 197-251.
菱沼典子,松谷美和子,中山久子,佐居由美,山崎好美,他(2006).5 歳児向けの「自分の体を知ろう」プログラムの作製-市民主導の健康創りをめざした研究の過程.聖路加看護大学紀要,32,51-58
稲垣佳世子(2000).生物概念の獲得と変化-幼児の「素朴生物学」をめぐって.(104).東京:風間書房.
McEwing,G.(1996).Children’s understanding of their internal body parts.British Journal of Nursing ,5(7),423-429.
Maier,H.W.(1965). 大西誠一郎監訳(1976).児童心理学の三つの理論-エリクソン,ピアジェ,シアーズ.名古屋:黎明書房.
Neff, J.A.(1990).Body knowledge and concerns.Nursing Times ,86(20),67,70-71.
小畑文也(1991).児童の身体内部位の知識(1)-その知名度を中心とした検討.上越教育大学研究紀要,11(1),81-89.
小畑文也(1999).子ども・病気・身体5.小児看護,22(12),1639-1646.
小畑文也,藤田和弘(1998).「からだの中(身体内部位)」の概念に関する発達的研究-健康時と喘息児の比較検討.筑波大学養護・訓練研究,11,95-101.
Porter,C.S.(1974).Grade school children’s perception of their internal body parts.Nursing Research ,23(5),384-391.
Quiggin, V.(1977).Children’s Knowledge of their Internal Body Parts.Nursing Times ,73,1146-1151.
Scilder,P.,Wechsler,D.(1935).What Do Children Know about the Interior of the Body.International Journal of Psychoanalysis,16,345-360.
Salter,M.(1988).前川厚子訳(1992).ボディ・イメージと看護.東京:医学書院.
Vessey,J. A.,(1988).Comparision of two teaching methods on children’s knowledge of their internal bodies.Nursing Research,37(5),262-267.
Vessey,J. A.,Braithwaite,K. B.,Wiedmann,M.(1990).Teaching children about their internal bodies.Pediatric Nursing,16(1),29-33.
Wallach,M. A.,Bordeaux,J.(1976).Children’s construction of the human figure.Perceptual and Moter Skills,43,439-446.
湯沢正通,他(1995).子ども時代を生きる-幼児から児童へ.内田伸子,南博文編,講座生涯発達心理学第3巻,東京:金子書房.
注記: 表の修正あり。(別ファイルとして登録してあります。)
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/3461
出現コレクション:13巻1号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2009004-表修正gakkai13-1-3461.pdf82.51 kBAdobe PDF見る/開く
gakkai13-1-2009004.pdf1.14 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください