DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
12巻2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/3455

NII Resource type: Journal Article
Title: 看護大学が市民に提供する「ランチタイムミニ講座&ミニコンサート」の意義と特徴
Other Titles: Significance and characteristics of "Lunch time open lecture on health and music concert for the public" provided by a nursing college.
Authors: 高橋, 恵子
菱沼, 典子
石川, 道子
山岡, 栄里
大久保, 菜穂子
松本, 直子
内田, 千佳子
山田, 雅子
金澤, 淳子
鈴木, 久美
Keywords: 健康情報
市民健康講座
看護大学
people-centered care
Shimei: 聖路加看護学会誌
Volume: 12
Issue: 2
Start page: 80
End page: 90
Issue Date: 31-Jul-2008
Publisher: 聖路加看護学会
Abstract: 【目的】聖路加看護大学では,市民への直接サービスのひとつとして「健康情報サービススポット」を開設した。そこでの活動のひとつとして,お昼休みを利用した月1回,1回40 分間(健康講座とコンサートの2部構成)で行われる市民対象の『ランチタイムミニ健康講座&ミニコンサート』を実施している。本論文の目的は,『ランチタイムミニ健康講座&ミニコンサート』の活動経過と,参加者からのプログラム評価から,プログラムの意義と特徴を明らかにすることである。 【方法】2004 年11 月~2007 年10 月の過去3 年間のプログラムの活動資料と記録の収集,および1 年間の参加者によるアンケート調査から分析した。 【結果】本プログラムは,開催総数は27 回,参加者数は延べ817 名,1回の平均参加人数は30 名であった。参加者によるアンケート評価では,221 名(回収率71.3%)から回答が得られた。また,女性が179 名(81.0%)と多く,50 歳代以上が7割を占め,2回以上の利用者が約6割を占めた。参加の理由は,半数以上が健康講座とコンサートが同時に開催されることを挙げていた。回答者の7割以上が,講座の内容について「わかっ た」「役に立った」,コンサートについて「楽しめた」と答えていた。また,利用者は本プログラムを【健康に役に立つ,わかりやすい情報が得られ,有意義で楽しい時間を過ごせる】【音楽の楽しみと安らぎが得られる】として評価していた。 【考察】参加者の評価から,本プログラムの意義としては,①市民が昼休みの時間を利用して,気軽に健康情報を耳に入れることができる場所を提供したこと,②みんなで健康について考えることを有意義な時間,楽しい時間として市民がとらえることができたこと,③健康情報サービススポットの広報として機能したことであった。また,特徴としては,①市民が気軽に利用することができる点,②単なる健康講座ではなく音楽の感動の体験や安らぎと楽しみの空間を兼ね備えた場という点が明らかになった。
Abstract-Alternative: Objective: St. Luke's College of Nursing opened the “Health Information Service Spot” on its campus to provide health-related information directly to the public. One of the services of the Spot is a mini-health-related lecture and a mini-music concert (L&C) at lunch time. The L&C has been held on the third Thursday every month for three years. The length of each session was 40 minutes. The aim of this paper is to report the activities of this program and clarify the importance of the L&C through the analysis of questionnaires collected from the participating public. Method: During the third year, the public participants were asked to complete a questionnaire at the end of each L&C. Although the number of respondents was 221 (collection rate: 71.3 percent), some may have answered more than once. The details of the L&C for the three years were also collected from our records. Results: In three years, the L&C was held 27 times. 817 people attended in total, and the average per session was 30. 81% of the respondents of the questionnaire were females, 60% over 50, and 60% had visited the L&C more than twice. 70% of the respondents thought the lecture was “easy to understand” or “useful”. 80% said they enjoyed the concert. The participants appreciated the L&C as they were able to get useful and intelligible health information. They also found the L&C as a kind of oasis where they could enjoy healing music and a time of spiritual comfort. Conclusions: Based on this analysis, we suggest that the L&C be continued as it is because the public participants support it.
Bibliography: 菱沼典子,石川道子,高橋恵子,他(2007).看護大学が市民に開いた健康情報サービススポットの広報活動,11(1),76-81.
菱沼典子,川越博美,松本直子,他(2005).看護大学から市民への健康情報の提供―聖路加健康ナビスポット「るかなび」の試み―.聖路加看護大学紀要,31,46-50.
菱沼典子,徳間美紀,新幡智子,他(2006).看護大学が開設している健康相談からみた市民の健康問題と看護職の対応.聖路加看護学会誌,10(1),38-44.
細谷純一郎,石田信彦,中野和広,他(2004).青梅市医師会市民公開講座「痴呆の正しい理解のために」アンケート結果報告.東京都医師会雑誌,57(4),426-434.
石川道子,松本直子,菱沼典子,他(2007).看護大学が開設する市民向け健康情報サービススポットにおける闘病記コーナーの機能.医療情報学,27,suppl,1187-1190.
木矢村静香,荒賀直子(2002).地域住民の虚血性心疾患についての知識と健康習慣に関する調査 市民公開講座参加者を対象として.順天堂医療短期大学紀要,13,108-115.
Komastu,H.(2004).People-centered initiatives in health care and health promotion.Japan Journal of Nursing Science,1,65-68.
高橋恵子,菱沼典子,石川道子,他(2007).看護大学が市民に提供する健康相談サービスの利用状況と課題.聖路加看護学会誌,11(1),90-98.
Takahashi,K., Hishinuma,M.,Ishikawa,M., et al.(2007).Health Information Service Activities at a Nursing College in Japan; Evaluation from the Perspective of Community-based Activities.The 6th International Nursing Conference,259.
梅木雅彦,粟栖茂,清水久美子,他(2006).がん終末期の在宅医療に関する啓発活動.癌と化学療法,33,270-272.
山田緑(2004).People-Centered Care;概念分析.聖路加看護学会誌,8(1),22-28.
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/3455
Appears in Collections:12巻2号
聖路加健康ナビスポット:るかなび
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
gakkai12-2-2009026.pdf1.51 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback