DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
12巻2号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/3453

種類: Journal Article
タイトル: 子どものために開発したからだの教材を用いた学習展開の検討
タイトル別表記: Knowing our body:Evaluating teaching materials developed for preschoolers.
著者: 石本, 亜希子
大久保, 暢子
後藤, 桂子
菱沼, 典子
松谷, 美和子
佐居, 由美
中山, 久子
岩辺, 京子
今井, 敏子
村松, 純子
キーワード: からだを知ること
就学前児
市民主導
教材
評価
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 12
号: 2
開始ページ: 65
終了ページ: 72
発行年月日: 2008年7月31日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 【目的】子どものために開発したからだの教材を就学前施設に在籍する児童(もしくは園児)に展開し,その実施状況から教材および対象者の反応を検討し,教材評価の示唆を得ることを目的とした。 【方法】対象は,19 施設の園児599 名と,保護者および教職員93 名であった。教材は,からだの知識7系統の紙芝居(消化器,循環器,呼吸器,運動器,神経,泌尿器,生殖器)および内臓Tシャツであり,対象施設の教員もしくは研究協力者が好きな系統の教材を選択し展開を行った。研究デザインは調査研究で,データ収集は,教材使用者に対象者の属性,使用教材の種類,使用目的,目的達成度,実施時間,対象者の反応,参加者の反応,教材使用者の感想をアンケートにて行った。分析は,統計学的方法(SPSS 15.0J)およびカ テゴリー化を行った。 【結果】アンケート回収率は100%,各項目の回答率は30~100%であった。対象は,男子193 名,女子278名,不明128 名で,保護者は80% 以上が母親だった。教材は,7系統中4系統(消化器,循環器,泌尿器,運動器)が使用された。目的は,「自分のからだに興味をもって欲しい」であり,達成度は平均82.8±7.6%,実施時間は各系統で有意差はなかった(p<0.05)。対象者の反応は,[興味・関心を示す][思考している][感 情を示す][発展させていく]等がカテゴリーとして抽出され,参加者の反応は,[参加者にとっても学ぶ機会となる][教育としてよい印象をもつ],教材使用者の感想は,「子どもにわかりやすい」などの[肯定的意見]および「言葉や絵の表現,展開方法」といった[教材改善の意見]が抽出された。 【考察・結論】4系統の教材において,対象者,参加者,教材使用者から肯定的反応が得られ,実施時間に差がなかったことから,各系統の内容量に偏りがなく,教材として適しているといえる。一方,教材の絵や言葉の表現に改善の意見を認めたこと,3系統は使用されず評価できなかったことから,それらが今後の課題である。
抄録別表記: Purpose: The purpose of this study is to examine the usefulness of teaching materials about the human body developed for children at preschools and kindergartens. Method: The targets were 599 five to six-year-old children from 19 preschools or kindergartens, and 93 parents and teachers. The materials consisted of seven picture-story shows, each of which explained a system of the human body (digestive, circulatory, respiratory, musculoskeletal, nervous, urinary, and reproductive system), and a T-shirt depicting organs. Either a teacher or a participating researcher selected which system to introduce in each preschool/kindergarten. Data were collected through a survey of target attributes, material type, intended purpose, extent the purpose was fulfilled, implementation time, target and participant reaction, and the impressions of those who presented the materials. Analysis was carried out using the statistical software SPSS 15.0J and categorization. Results: The survey collection rate was 100% and the response rate for each survey item was 30-100% . The targets consisted of 193 males, 278 females, and 128 whose sex is unknown. Over 80% of the parents were mothers. Materials for four of the seven systems were used (digestive, circulatory, urinary, and musculoskeletal). The intended purpose was “to encourage children’s interest in the human body” and it was fulfilled on average 82.8 ± 7.6% . There was no significant difference in implementation time among the systems (p<0.05). Target responses detected as categories were “shows interest/concern”, “provokes thought”, “shows emotion”, “promotes development”, and “promotes learning”. Some participants said they thought it was a learning experience for them, too, and had a positive impression on the material for educational purposes. Those who presented the materials had positive opinions, including “it’s easy for children to understand”, and suggested that language expression, picture presentation, and implementation methods could be improved. Discussion/Conclusion: The targets, participants, and presenters positively responded to the materials about the four systems. It can be concluded the materials are suitable since implementation times did not differ, indicating content consistency among materials. Further discussions will cover the three unevaluated systems not presented and suggestions for improving the pictures and the language used in the materials.
参考文献: 菱沼典子,他(2006).5歳児向けの「自分のからだを知ろう」プログラムの作成:市民主導の健康創りをめざした研究の過程.聖路加看護大学紀要,32,51-58.
松谷美和子,他(2007).5歳児向けの「自分のからだを知ろう」健康教育プログラム:消化器系の評価.聖路加看護大学紀要,33,48-54.
文部科学省(1998).教育-文部省告示第174号,幼稚園教育要領.平成12年4月1日施行,2008.02.18 http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301a.htm 
佐々木宏子(1994).子どもと文化―絵本.岡本夏木,高橋恵子,藤永保編,幼児の生活と教育(147).東京:岩波書店.
田中昌人,田中杉恵(1988).子どもの発達と診断5幼児期Ⅲ.(230-241).東京:大月書店.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/3453
出現コレクション:12巻2号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
gakkai12-2-2009024.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください