DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
12巻2号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/3452

種類: Journal Article
タイトル: 新人看護師への移行演習プログラムの施行と評価(3)-多重課題シナリオによる演習-
タイトル別表記: Anticipating professional nursing practice: Trial and evaluation of a bridge program for graduating students Part3. - Multitasking Scenario Exercises -
著者: 寺田, 麻子
松谷, 美和子
高屋, 尚子
西野, 理英
飯田, 正子
佐藤, エキ子
平林, 優子
松﨑, 直子
村上, 好恵
桃井, 雅子
佐居, 由美
井部, 俊子
キーワード: 新人看護師
リアリティショック
多重課題
シナリオ演習
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 12
号: 2
開始ページ: 58
終了ページ: 64
発行年月日: 2008年7月31日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 【はじめに】新人看護師のリアリティショックを和らげ,臨床現場への適応に役立つような基礎教育における演習プログラムのひとつとして,多重課題を盛り込んだシナリオによる演習プログラムを開発した。本研究では,その実践および演習の目標(①病棟における多重課題,時間切迫の状況下で,自己の力量の判断ならびに優先順位の決定,他者への協力依頼が適切に行える,②自分の行うべき看護業務の遂行が適切にできる)の達成度と演習プログラムの効果を評価することを目的とした。 【方法】対象は2006 年A大学卒業予定者で研究参加の同意を得られた学生。演習内容は,看護師が臨床場面で遭遇する優先順位の判断や多様な状況への対応が同時に発生するシナリオを作成し,学生が新人看護師役を演じる。演習の目標の達成度を自己評価とピア評価により採点と記述を行い,キーとなる文章や言葉をそれぞれのカテゴリーごとにまとめる。看護業務の遂行度は臨床看護師による他者評価も行う。演習終了後のカンファレンスから演習プログラムの評価を行う。 【結果】5 名を対象に実施した。学生は<優先順位の判断>に困難を感じ,<他者への協力依頼>には「誰に何をどこまで求めていいのかわからない」という戸惑いがみられた。<看護業務遂行の適切さ>は他の2項目に比べて最も自己採点平均達成度が低かった。全員の学生が,設定した実施すべき業務を時間内に終了することができなかった。 【考察】学生は,この演習で臨床現場の疑似体験ができ,新人看護師のリアリティショックの一端を感じたといえる。よって臨床への準備としてこのような演習の意義はあると考える。今後は,学生が演習でショックのみを感じるのではなく,困難や戸惑いを解決につなげられるような演習内容や進め方への修正が課題である。
抄録別表記: Introduction: To moderate the reality shock experienced by novice registered nurses, a basic education training program was developed for the purpose of preparing graduating students for professional practice. Program objectives were to help students achieve: 1) multitasking under conditions of acute time pressure, while making self reliant decisions and priority determinations, and deciding on the appropriateness of requesting assistance from other people, and 2) at the same time performing their own appropriate nursing duties. Three scenarios were developed. Methods: Subjects were five students expected to graduate from a nursing college in 2006; they consented to participate in this research. The 15 minute scenarios required students to perform multiple duties simultaneously while caring for six patients. Performance evaluation was with respect to appropriateness of the priority decisions, the way that assistance was requested, and execution of the nursing duties. Students provided self evaluations and peer evaluations. The researcher assessed each student’s results during performance evaluations. Results: In the self evaluations the students expressed their distress concerning the “priority decisions” and confusion related to“ method of requesting assistance” (not knowing what should be said, where it should be said, and to whom). They expressed feelings of helplessness because they could not accomplish task as well as they practiced before. In addition, they could not finish the task during the executed period of time. Peer evaluations were more positive than self-evaluations. None of the students completed the assigned duties within the time allotted. Discussion: The exercises stimulated feelings of reality shock. It is believed that this type of exercise has significance for clinical preparation. However, in the future students will not just be left at the end with the feelings of shock from the exercises. We will revise the exercises and their presentation in order to connect students’stress and confusion to solutions.
参考文献: Childs, J.,Sepples, S.(2006).Clinical teaching by simulation: Lessons learned from a complex patient care scenario. Nursing Education Perspectives ,27(3),154-159.
Comer, S.K.(2005).Patient care simulations:Role playing to enhance clinical understanding. Nursing Education Perspectives ,26(6),357-361.
勝原裕美子,ウィリアムソン彰子,尾形真実哉(2005).新人看護師のリアリティ・ショックの実態と類型化の試み:看護学生から看護師への移行プロセスにおける二時点調査から.日本看護管理学科誌,9(1),30-37.
厚生労働省(2004).新人看護職員の臨床実践能力の向上に関する検討会報告書:新人看護職員研修の充実を目指して.東京:日本看護協会出版会.
佐居由美,松谷美和子,平林優子,他(2006).新卒看護師のリアリティショックの構造と教育プログラムのあり方.聖路加看護学会誌,11(1),100-108.
高屋尚子,寺田麻子,西野理英,他(2007).実践力を育てる3つの演習:【演習3】多重課題への挑戦,特集:実践力が育つ学内演習.看護展望,32(8),31-37.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/3452
出現コレクション:4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
12巻2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
gakkai12-2-2009023.pdf1.12 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください