DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
12巻2号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/3450

種類: Journal Article
タイトル: 新人看護師への移行演習プログラムの施行と評価(1)-コミュニケーション・スキル習得のための演習-
タイトル別表記: Anticipating professional nursing practice: Trial and evaluation of a bridge program for graduating students Part1. - Program for developing communication skills -
著者: 桃井, 雅子
佐居, 由美
松﨑, 直子
松谷, 美和子
平林, 優子
村上, 好恵
高屋, 尚子
飯田, 正子
寺田, 麻子
西野, 理英
佐藤, エキ子
井部, 俊子
キーワード: 新人看護師
リアリティショック
演習プログラム
コミュニケーション・スキル
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 12
号: 2
開始ページ: 41
終了ページ: 49
発行年月日: 2008年7月31日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 2004 年より大学と臨床現場が協働して「看護基礎教育における実習のあり方検討会」を発足し,新人看 護師の職場適応を促すための実習について検討してきた。そこで明らかになった新卒看護師のリアリティ ショックの実態に対しそれを軽減する臨床現場への移行演習プログラムとして,今回「コミュニケーション」 「与薬」「多重課題」に関する3つの演習プログラムを計画し,試行ならびに評価を行った。ここでは,その 中の「コミュニケーション」について報告する。  研究対象は2006 年度A 大学卒業予定者の中から,研究に関する説明後,同意の得られた6名である。演 習方法はロールプレイング技法を採用し,今回作成した2つのシナリオを用いた。演習の評価は実演後の参 加者間における討議内容,演習終了後の学生の反応をもとに行った。今回は,学生の反応のうち各自が記述 した内容を分析した結果を報告する。  研究の結果,次の3つの側面から演習について記述していた。まず「コミュニケーションについて学んだ こと,感じたこと」では<患者の気持ちに気づいたうえでの看護師としての自覚><短時間で準備状態を整 えて対象を多角的に考え臨むこと><マニュアルに則るのではなく対象に目を向ける姿勢>。次に「コミュ ニケーション・スキル習得に関して困難に思われること」では<対象に合わせてコミュニケーションを変化 させること><自分の心理をコントロールして業務遂行とよいコミュニケーションを両立させること><さ まざまな経験を重ねて成長するまでには時間がかかること>。最後に「ロールプレイングにおける学習効果」 では<他者のロールプレイングを見ての学び><客観的に見てもらうことの必要性><今回の進行方法の利 点>以上である。  今後の課題としては現行カリキュラムにおける実現に向けて,他2つの演習プログラムとあわせプログラ ム全体の構成等について検討する必要性が示唆された。
抄録別表記: In 2004, our university set up the Committee on Training Methods in Basic Nursing Education in collaboration with medical institutions, and since then, we have investigated training methods that facilitate work adjustment for novice nurses. We created a bridge program for the transition to clinical settings with the objective of alleviating reality shock, which had been observed among newly graduated nurses. We planned, conducted and evaluated three bridge programs with specific focus on “communication”, “drug administration” and “multi-tasking”. The present study focuses on the“ communication” program. Subjects included a total of six students expected to graduate from university A in 2006 who provided consent following an explanation of the study. Simulation was conducted by role-playing using two scenarios that were created herein, and was evaluated based on the content of post-simulation discussions among participants in addition to the responses of students following the program. The results of analysis of the responses from each student are given below. Responses regarding simulation were classified into three aspects. The first aspect, “what I learnt and how I felt about communication”, included “awareness as a nurse based on recognition of the patients’ feelings”, “making preparations in a short amount of time and approaching patients from various perspectives”, and “approaches that focus on the patient rather than following the manual”. The second aspect,“ difficulties in developing communication skills”, included “changing communication methods depending on the patient”, “maintaining both nursing tasks and good communication while controlling one’s own psychological state”, and “the time required to have various experiences and develop as a nurse”. Finally, the aspect of “learning effects of role-playing” included “learning through observation of other students’role-playing”, “the need for objective observation”, and “advantages of the present approach”. Future issues include the need to investigate the structure of the entire program that combines the present program with the other two bridge programs in order to put the present curriculum into practice.
参考文献: 川野雅資編著(1997).患者―看護師関係とロールプレイング.(47-48).東京:日本看護協会出版会.
佐居由美,他(2006).新卒看護師のリアリティショックに関する実態調査.聖路加看護学会誌,10(2),40.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/3450
出現コレクション:4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
12巻2号
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
gakkai12-2-2009021.pdf1.22 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください