DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
12巻2号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/3449

種類: Journal Article
タイトル: DVにより夫から離れることを決断した在日外国人妊婦の事例
タイトル別表記: A foreign woman who decided to separate from her partner because of his violence: A case study.
著者: 林田, 幸子
片岡, 弥恵子
キーワード: ドメスティック・バイオレンス
在日外国人
妊産婦
事例研究
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 12
号: 2
開始ページ: 33
終了ページ: 40
発行年月日: 2008年7月31日
出版者: 聖路加看護学会
抄録: 【目的】我々は,都内の病院にて東南アジア出身の在日外国人妊婦A さんに対し「周産期DV の支援ガイ ドライン」に基づき支援を行った。本研究の目的は,A さんの妊娠,出産,産褥の経過に関する状況とDV が関連すると考えられるA さんの様子,言葉,行動を中心に記述することである。 【方法】後方視的な事例研究である。研究者によるA さんの様子,言葉,行動等に関する記録に加え,診療録, 助産録,看護記録から必要なデータを抽出した。 【結果】データは,「A さんの来院」「出産」「DV 経験の告白」「DV のアセスメント」「支援を受ける意思の確認」 「セイフティプランを立てる」「利用できる社会資源の探索」「フォローアップ」の8 場面に分けられた。  A さんは,妊娠37 週5 日で初めて2 歳の子どもとT 病院を訪れた。当初は夫とけんかをして家を出て来 たと話していた。出産は,約4 時間と短時間で進行し児の体重は約3,500g であった。産褥1 日目,A さん と2 人になった場面で,夫からの暴力について返答が得られた。女性に対する暴力スクリーニング尺度を用 いてDV の有無や程度を確認した結果,DV 陽性であることがわかった。その後,支援を受ける意思の確認 ができたため,ガイドラインに沿い,支援を行った。セイフティプランを立て,利用できる社会資源の探索 を行い,生活保護について社会福祉事務所に出向いた。1 ヶ月後A さんは夫から離れる決断をし,日本で 働く道を選んだ。 【結論】A さんの事例から,DV にあった在日外国人妊婦の状況を理解することができた。医療において適 切な支援を行うために,DV ガイドラインの活用および医療者のDV に対する教育は必須であった。本研究 は事例研究であったが,DV 支援体制の確立に向けた一助になると考える。
抄録別表記: Objectives: We provided care based on the “Clinical Guideline on Domestic Violence Victims in Perinatal Clinical Settings” in a hospital in Tokyo to a woman from Southeast Asia who had experienced domestic violence (DV).The aim of this study is to describe the process of Ms. A’s pregnancy, childbirth and postpartum and her words, behavior and appearance that might have related to DV. Methods: For this case study, records of the researcher, who was also in charge of providing care for Ms. A, were the primary data source.Medical records of doctors and nurses provided supplementary data. Results: Data were organized into eight scenes: 1) visiting the hospital, 2) childbirth, 3) disclosure of DV, 4) assessment of DV, 5) agreement to receive assistance, 6) safety planning, 7) seeking social resources, and 8) followup assistance.Ms. A came to the hospital for the first time at 37 week gestation with her two-year-old daughter. She said she had left her home after an argument with her husband.At 39 weeks Ms. A delivered her healthy 3500 gram baby in four hours.The following day’Ms.A’s disclosure and responses to the self-administered screening scale, Violence Against Women Scale(VAWS), made clear that she had recently experienced DV.As soon as she agreed to receive assistance from us regarding DV,we started to provide care including giving resource information and safety planning according to DV care guidelines.We visited a local welfare center with Ms. A to ask for public assistance.One month after delivery Ms A decided to leave her husband and work and live independently in Japan. Conclusion: Thanks to our experience with Ms. A, now we can better understand the situation of foreign women experiencing DV. In order to provide a foundation for care, it is essential to provide DV education to healthcare providers and to introduce DV care guidelines. Although this study refers to one case only, we believe that it contributes to improvement of existing systems for DV support.
参考文献: Dole, N., Savitz, D.A., Hertz-Picciotto, I.‚ et al.(2003).Maternal stress and preterm birth. American Journal of Epidemiology,157(1),14-24.
Hatashita, H., Brykczynski, K., Anderson, E.(2006).Chieko’s story: Giving voice to survivors of wife abuse.Health Care for Women International,27(4),307-323.
Horiuch, S., Kataoka, Y., Eto, H., et al.(2006).The applicability of women-centered care: Two case studies of capacity-building for maternal health through international collaboration.Japan Journal of Nursing Science,3(2),143-150.
法務省, 入国管理局(2007).在留外国人統計.2008.2.14 http://www.moj.go.jp/PRESS/070516-1.pdf
片岡弥恵子(2005).女性に対する暴力スクリーニング尺度の開発.日本看護科学学会誌,25(3),51-60.
草柳和之(2001).ドメスティック・バイオレンス―男性加害者の暴力克服の試み―. 岩波ブックレットNO.494.東京:岩波書店.
McCloskey, L., Figueredo, A., Koss, M.(1995)The effect of systemic family violence on children’s mental health. Child Development,66,1239-1261.
内閣府男女参画局編(2002).配偶者等からの暴力に関する事例調査夫・パートナーからの暴力被害についての実態調査.財務省印刷局.
内閣府男女参画局(2006).男女間における暴力に関する調査.2008.6.12 http://www.gender.go.jp/evaw/chousa/danjokan/ h1804top.html
大隅香,堀内成子,片岡弥恵子,他(2006).農村部に嫁いだアジア出身女性の家庭生活における困難と対処.聖路加看護学会誌,10(2),30.
Raj, A., Silverman, J.(2002).Intimate partner violence against South Asian women in greater Boston.Journal of American Medicine Women’s association,57(2),111-114.
Raj, A., Silverman, J., McCleary-Sills, J.(2005).Immigration policies increase south Asian immigrant women’s vulnerability to intimate partner violence.Journal of American Medicine Women’s association ,60(1),26-32.
李節子(2004). 在日外国人女性のドメスティック・バイオレンス被害に対する社会的資源―その現状と課題―.財団法人女性のためのアジア平和国民基金.
Ronnberg, A., Hammarstrom, A.(2000).Barrier within the health care system to dealing with sexualized violence: a literature review. Scandia Journal of Public Health,28(3),222-229.
聖路加看護大学女性を中心としたケア研究班(2004).周産期ドメスティック・バイオレンスの支援ガイドライン.東京:金原出版.
United Nations Population Fund(2005).State of World Population 2005.加藤誠訳(2005).世界人口白書(2005).財団法人家族計画国際協力財団.
World Health Organization(2002).World report on violence and health .
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/3449
出現コレクション:4.総説・論説・報告・資料
12巻2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
gakkai12-2-2009020.pdf1.18 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください