DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護学会誌 >
12巻2号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/3446

種類: Journal Article
タイトル: 血液透析療法を受けながら生活している慢性腎不全患者の”気持ち”の構造
タイトル別表記: Structure of Kimochi(Feeling)in patients living with hemodialysis for end-stage renal disease.
著者: 森田, 夏実
キーワード: 慢性腎不全患者
血液透析
気持ち
’私らしさ’の在り様
感覚的経験
Carl R. Rogers
掲載誌: 聖路加看護学会誌
巻: 12
号: 2
開始ページ: 1
終了ページ: 13
発行年月日: 2008年7月31日
出版者: 聖路加看護学会
抄録:  慢性腎不全患者の心の状態についての理解には,精神医学的な分類など医療者側からの視点による研究が 多くみられる。しかし,患者の経験をそのまま理解するという患者の内側からの視点が,透析を受けながら 生きることの中心になる必要がある。本研究は,個人の経験世界を重視するCarl R. Rogers の理論を前提 とし,慢性腎不全患者が 血液透析を受けながら生活している中で抱く“気持ち”およびその構造を明らか にすることを目的としている。  通院により施設にて血液透析療法を受けて生活している慢性腎不全患者19 名(男性10 名,女性9 名,平 均53.6 歳,透析歴平均7年)に同意を得て面接,録音して逐語記録を作成した。逐語記録を十分に読み面 接状況を追経験しながら,患者が抱いている“気持ち”を表現していると思われる記述部分を抽出,部分お よび全体を吟味遂行し,気持ちの種類とカテゴリーを見いだし,構造を明らかにした。  患者は24 種類の気持ちを経験していた。それらから,【これまでの私が崩れていく気持ち】【私を保ちた い気持ち】【私を立て直そうとする気持ち】【私を取り戻した気持ち】【新たな私を見いだした気持ち】の5つ のカテゴリーが見いだされた。また,これらの気持ちは,気持ちを引き起こす出来事によって生じ,「私ら しい私」,「私らしくない私」,「新たな私らしい私」の関係を示す‘私らしさ’の在り様と,‘私’の内部お よび外界・他者との関係の間で感じる感覚の流れや動きを示す感覚的経験という3つの要素を持つ構造が明 らかになった。これらの要素の特徴によってそれぞれの気持ちの特性が表されていた。  経験している気持ちを日常用語で命名することにより看護者が患者の立場に立って患者の気持ちを理解す ることを促進し,透析をしながら生活する患者の自己管理支援に活用できると示唆された。
抄録別表記: The objectives of this research are to find out kimochi , or feeling, in patients living with hemodialysis for End-Stage Renal Disease (ESRD) have, and to describe the structure of kimochi experienced by hemodialysis patients. Nineteen ESRD outpatients treated with chronic hemodialysis were interviewed on the bed during their dialysis treatment, based on C. R. Rogers’s theory of personality. They were informed about the research and consented to participate it. Ten of them were men and nine were women, average 53.6 years old (ranging from 28 to 72 years old); their average dialysis period at the time of interview was about 7 years (from 1 month to 22 years and 4 months). Their narratives were tape-recorded and transcribed. Twenty-four kinds of kimochi were identified and classified into the following five categories:“ feeling as if I have collapsed”,“ feeing that I have to hold the pieces together”,“ feeling that I need to get up on my own feet”,“ feeling that I have put myself back together” and“ feeling that I have found a new‘ me’”. The structure of kimochi consists of the three conponets: experienced cause, “ I -ness (what I do is what I am) ” and sensory experiencing. Various kinds kimochi occur depending on the kind and combination of these components. “I-ness” resides in the core of kimochi . To keep “I-ness”, which changes with sensory experiencing, is a main characteristic of kimochi . Based on the findings in this research, kimochi is defined as follows: kimochi is the world of experience in which the cognition, emotion, feeling, thought and thinking combine when a certain event occurs from inside and/or outside of oneself. It has one part that can be verbally expressed with everyday language and another part that cannot be expressed by words but surely exists and the person can feel. When one is listened to and heard by the person with empathetic understanding, one feels understood and respected of one’s being.
参考文献: 土居健郎(2000).「土居健郎選集6 心とことば」(153).東京:岩波書店.
二重作清子(2000).腎移植後再透析した患者の病気の体験から示唆された看護の方向性.看護研究,33(3),233-243.
Gendlin, Eugen, T.(1963).Experiencing and the Creation of Meaning, Northwestern University Press.筒井健雄訳(2000).体験過程と意味の創造.東京:ぶっく東京.
春木繁一(1999).「透析患者の心とケア〈正編〉サイコネフロロジーの経験から」.(49-54).大阪:メディカ出版.
春木繁一(2005).「透析と共に生きる」.(285).大阪:メディカ出版.
金城忍(1998).透析患者のセルフケアにおける認識の構造および看護の実践的指針.千葉看護学会誌,4(1),23-31,
岸田博(1998).心理療法の過程方程式と過程尺度の考え方.現代のエスプリ,374,95-106.
小松良子,片桐千鶴,三澤寿美,他(2002).Grounded Theory Approachによる母性発達課題に関する研究(第1報)妊娠による気持ちの変化と行動の変化.山形保健医療研究5 ,77-86.
Lorig, K., Holman, H., Sobel, D., et al.(2000).Living a Healthy Live with Chronic Conditions Self-Management of Heart Disease,Arthritis,Diabetes,
Asthma, Bronchitis, Emphysema, and others(second Edition).近藤房江訳(2001).慢性疾患自己管理ガイダンス:患者のポジティブライフを援助する.(10).東京:日本看護協会出版会.
Molzahn, A.E.(1991).The reported quality of life of selected home hemodialysis patients.ANNA Journal,18(2),173-181 .
森田夏実(2003).日常用語としての“気持ち”が表す患者の経験―血液透析導入期にある患者の経験世界の再分析を通して―.聖路加看護学会誌,7(2),27.
森田夏実(2005).日本でのPCA 国際フォーラムの意味.松本剛,畠瀬直子,野島一彦編,「エンカウンター・グループと国際交流」.(83-85).京都:
日本透析医学会統計調査委員会.(2006.12.31)図説 わが国の慢性透析療法の現況.2008.05.05.http://docs.jsdt.or.jp/overview/pdf2007/p003.pdf
野口真弓(1999).母親の気持ちを支える母乳ケア.日本助産学会誌,13(1),13-21.
Rittmann, M., Northsea, C., Hausauer, N., et al.(1993).Living with Renal Failure.ANNA Journal ,20(3),327-331.
Rogers, C.R.(1961).Chapter 7, A Process Conception of Psychotherapy.In: On becoming a person .(125-159).
Rogers, C.R.(1963).The concept of the fully functioning person.In:Psychotherapy:Theory, Research and Practice. 1,17-26. 村山正治編訳 (1967).ロージァズ全集第12巻人間論,第3章 十分に機能している人間.(61-86).東京:岩崎学術出版社.
Rogers, C.R.(1965a, original, 1951).Chapter 11. A Theory of Personality and Behavior.In: Client-Centered Therapy: Its Current Practice, Implications, and Theory.(483).Hunghton Boston:.Mifflin Co. 保坂亨,諸冨祥彦,末武康宏訳(2005).第八章人格と行動についての理論,ロジャーズ主要著作集2クライエント中心療法.(317).東京:岩崎学術出版社.
Rogers, C.R.(1965b).A humanistic conception of man. In:Farson, R.E. (Ed.).“Science and Human Affairs”.Science and Behavior Books. (18-31). 村山正治編訳(1967).ロージァズ全集第12巻人間論,第4章人間性に基づく人間観.(87-111).東京:岩崎学術出版社.
噸所真美,恵美須文枝(2003).分娩予定日を過ぎて分娩に至る妊婦のケアに関する研究―分娩予定日前後から分娩に至るまでの妊婦の気持ちを中心に―.東京保健科学学会誌,6(1),38-45.
本文の種類: publisher
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/3446
出現コレクション:12巻2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
gakkai12-2-2009017.pdf1.83 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください