DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
b.聖路加看護大学紀要 >
24号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/344

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 精神科救急医療施設の保護室における看護婦の倫理的配慮-行動制限と患者の意志の尊重に焦点をあてて-
Other Titles: Nurses' Ethical Considerations at Seclusion Rooms in Psychiatric Emergency - Focus on Restrictiveness and Respect for Intentions of Patients -
Authors: 榎戸, 文子
Keywords: 行動制限
保護室
倫理的配慮
restrictiveness
Ethical considerations
Seclusion rooms
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 24
Start page: 21
End page: 31
Issue Date: 1-Mar-1998
ISSN: 02892863
Abstract:  本研究の目的は、精神科救急医療施設の保健室入室中の患者に対する看護行為において、看護婦がどのような倫理的配慮を行っているかを、行動制限と患者の意思の尊重という側面から検討することである。本研究では、精神科救急医療施設の保護室の看護を担当した15人の看護婦を対象とし、保護室入室中の患者に対する看護行為を参加観察し、併せて観察場面における看護婦の判断の根拠をインタビューによりデータ収集し、質的に分析した。 その結果、行動制限と患者の意志の尊重という側面から見た精神科救急医療施設の保護室入室患者に対する看護婦の倫理的配慮は、行動制限と患者の意志の尊重とのバランスという形で明らかになった。このバランスは、「患者の安全を優先する」「第一に患者の意志を尊重する」「病棟の秩序を優先する」という3つのカテゴリーとして抽出された。これは、患者の自律性との兼ね合いから何を優先するかという形で明らかになった。 「患者の安全を優先する」というバランスの取り方は、患者の生命の安全が脅かされるような時、患者を死に至らしめないように、患者が傷つかないようにと配慮して、まず第一に患者の安全を優先していた。 「第一に患者の意志を尊重する」というバランスの取り方は、「行動制限の中で患者の意志を尊重する」「行動制限指示枠をねじ曲げてでも患者の意志を尊重する」という2つのサブカテゴリーからなり、患者の精神症状や自律性、看護婦の責任のとれる範囲を見極めた上で、患者の意志を尊重しようと配慮しているものだった。 「病棟の秩序を優先する」は「他の患者に危害が及ばないことを優先する」「看護婦自身の身の安全を優先する」「他の看護婦に危害が及ばないことを優先する」という3つのサブカテゴリーからなり、他の患者や看護婦に対して不利益が及ばないように配慮して、病棟としての機能を維持し、病棟の秩序を保つことを優先しているものだった。 これらの結果から、精神科救急医療施設の保護室における看護婦の倫理的配慮は、患者の行動を制限するという倫理的特殊性を踏まえた上で、患者の自律性の限界を見極めるだけでなく、その自律性を支え、強めていくという特徴を持つことが考察された。また、倫理的配慮は判断や行為の中に含まれ、看護行為の結果からではなく、判断のプロセスから見出されるものであり、看護婦の経験の中で自然と判断や行為に溶け込んでいくものであることも考察された。今後は、この看護婦の倫理的配慮を様々な側面からさらに比較検討し、倫理的配慮の概念をより明確にしていく必要があると思われる。
Abstract-Alternative: The purpose of this study was to examine nurses' ethical considerations through the aspect of "restrictiveness of patients" and "respect for intentions of patient".The sujects were 15 nurses who worked at seclusion rooms in a psychiatric emergency.The nurses were examined through participant observation and interviews and the data was analyzed in a qualitative method.The finding were as follows: Nurses' ethical considerations through the aspect of "restictiveness of patients" and "respect for intentions of patients" were clarified such as "The balance between restrictiveness of patients and respect for intentions of patients".This balance included "giving patients'safety precedence""giving intentions of patients precedence""giving maintenance of unit order precedence". Through this study, it was clarified that ethical considerations of nurses supported and strengthened patients' autonomy in restrictiveness.Also, ethical considerations of nurses were insluded in their clinical judgments and everyday practice.Nurses grasped patients' autonomy and responsible sphere of nurses, attached importance to safety of all, and respected for intentions of patients or prevented disadvantages for all patients, nurses, this colleagues.
Bibliography: 江畑敬介他編:精神科救急診療の実際-診療・看護・福祉に携わる人のために-, 新興医学出版社, 1994.(金子の序文の引用)
計見一雄:精神救急ハンドブック, 新興医学出版社, 9, 1992.
飛鳥井望:わが国における精神科救急医療の実情, 精神保健政策研究4, 日本精神保健政策研究会, 20-22, 1995.
平田豊明:精神科救急システム整備の現状と問題点, 医療'95, 11(8), 36-40, 1995
中島節夫:精神科急性期医療≪急性期医療の将来の展望≫, 日本精神病院協会雑誌, 15(3), 9-17, 1996.
計見一雄:精神科救急の現状と課題, バーンアウト寸前どう支える?, 医療'93, 9(3), 46-49, 1993.
萓間真美:精神分裂病急性期の患者に対する看護ケアの意味とその構造, 看護研究, 24(5), 455-473, 1991.
平田豊明:千葉県精神科医療センターの診療システムと10年間の診療データ, 開設10周年記念論考集, 千葉県精神科医療センター, 9-29, 1995.
厚生省保健医療局精神保健課監修:わが国の精神保健, 平成7年度版, 495-496, 1996.
筒口由美子:早期退院を目指す入院生活の援助, “精神科救急”病院の試みから, 看護実践の科学, 17(10), 49-53, 1992.
渡辺好江他:千葉県精神科医療センターにおける個室の使い方と個室患者への看護, 開設10周年記念論考集, 千葉精神科医療センター,45-65,1995.
川野雅資編:看護観察のキーポイントシリーズ, 精神科2, 中央法規出版, 105-114, 1992
大阪府立中宮病院看護手順作成委員会編:大阪府立中宮病院精神科看護の手順, 日総研出版, 36, 1985.
中村仁志他:精神科看護技術に関する-検討(その2)-保護室における看護技術について-, 千葉県立衛生短期大学紀要, 9(1), 35-42, 1990.
Garritson, S.H., Davis, A.J.:Least Restrictive Alternative:Ethical Considerations, Journal of Psychosocial Nursing, 21(12), 17-23, 1983.
Fisher, A:The Ethical Problems Encountered in Psychiatric Nursing Practice With Dangerous Mentally Ill Persons, Scholaly Inquiry for Nursing Practice:A International Journal, 9(2), 193-207, 1995.
Stuart, G.W.and Sundeen, S.J.:Principles and Practice of Psychiatric Nursing, 1983, 樋口康子他監訳, 新臨床看護学大系, 精神看護学I, 医学書院, 101-105,1986.
Davis, A.:The Ethics of Behavior Control, The Nurse as Double Agent, Issues in Mental Health Nursing, 1, 2-16,1978.
Ethical Guidelines for the Colorado Society of Clinical Specialists in Psychiatric Nursing, Journal of Psychiatric Nursing, 28(2), 38-40,1990.
Garritson, S.H.:Ethical Decision Making Patterns, Journal of Psychosocial Nursing, 26(4),22-29,1988.
Forchuk, C:Ethical Problems Encountered by Mental Health Nurses, Issues in Mental Health Nursing, 12, 375-383, 1991.
Gordon, D.R., Research Application:Identifying the Use and Misuse of Formal Models in Nursing Practice, Benner, P.:From Novice to Expert, Excellence and Power in Clinical Nursing Practice, 1984, 井部俊子, 井村真澄, 上泉和子訳, 研究への適用:看護実践における公式モデルの使用と誤用, ベナー看護論, 医学書院,164,1992.
Benner, P.:From Novice to Expert, Excellence and Power in Clinical Nursing Practice, 1984, 井部俊子, 井村真澄, 上泉和子訳, ベナー看護論, 医学書院, 147-157.
高橋美智子:一緒に働く仲間としての看護士, こころの臨床アラカルト, 3, 26, 1996.
間曽富雄:看護士としての私, こころの臨床アラカルト, 3, 21-24, 1996.
小澤勲:精神科医からみた看護士, こころの臨床アラカルト, 3, 29-33, 1996.
Description: 原著
URI: http://hdl.handle.net/10285/344
Appears in Collections:24号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19980508160256000413003.pdf1.17 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback