DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
24号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/343

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 慢性疾患患者教育における看護婦-患者・家族関係のコミュニケーションに関する研究
Other Titles: A Study on Communication between Nurses, Patients and Their Family Members in Patient Education of Chronic Diseases.
Authors: 板垣, 昭代
飯田, 澄美子
Keywords: コミュニケーション
患者教育
看護婦-患者・家族関係
慢性疾患
communication
nurse-patient relationship
patient education
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 24
Start page: 32
End page: 42
Issue Date: 1-Mar-1998
ISSN: 02892863
Abstract:  慢性疾患患者への教育場面における看護婦と患者・家族とのコミュニケーションの実際を明らかにし、その影響要因を検討することを目的に研修を行った。 総合病院に入院中の糖尿病などの慢性疾患の患者とその家族24名と、患者教育を担当する看護婦10名を対象に、参加観察とインタビューによってデータを収集した。それぞれのコミュニケーションにどのような具体的な意味があるのかを明らかにし、さらにそれらとインタビュー内容とを併せて分析した結果、以下のような知見を得た。 1.コミュニケーションのパターンとしては「積極型」「消極型」「婉曲不満型」「混合型」の4つに分けられた。 2.看護婦は主として「相手に説明する、指示する」という限定したコミュニケーション行動をとっており、これは「教育=説明」という役割意識の現れと考えられる。 3.患者・家族は基本的には「看護婦の説明を聞く」という立場をとりながらも、多様なコミュニケーション行動を示していた。これらにはそれぞれの患者や家族の病気を取り巻く状況や病気に対する気持ちや考え、病状などが影響しているものと考えられた。 4.患者・家族の「否定的な感情の伝達」や「肯定的な感情の伝達」に対して、看護婦はそれらの感情を受け止めるコミュニケーション行動をとることなく、単に「説明」を行っていた。 5.慢性疾患の患者教育を行うにあたり、看護婦は知識を伝えるとともに、患者・家族の気持ちや考えを受け止め、援助できるようなコミュニケーション技術を獲得していくことが必要である。
Abstract-Alternative: This study has identified influential factors in the patients education of chronic disease by investigating the actual state of communication between nurses, patients and their family members. Date were collected by on-the-spot observation of interviews with 24 inpatients of a general7 hospital suffering from chronic diseases such as diabetes, their family members, and 10 nerses who are incharge of patient education.Analysis of the significance of each communication, which was further compared with the results of the interviews, provided the following conclusions. 1.Communication patterns were classified into four types, I.e., the positive "passive", "euphemistic dissatisfaction", and "composite". 2.Nurses presented almost invarruiably a single communicational behavior pattern, I.e., "to explain and give directons to the patients and their family members".This is considered attributable to their concept of "education = explanation" based on their awareness of their professional role. 3.On the other hand, patients and their family members presented diversified communicational behavior patterns, This is considered attributable to the different circumstances, conditions, feelings and ideas surrounding their respective diseases. 4.To educate patients suffering from chronic diseases, nurses should acquire good communication skills both to impart knowledge to patients and their family members and to share their feelings and views, so that the former can provide the latter with more adequate assistance.
Bibliography: 葛谷英嗣:NIDDMの予防, 糖尿病の療養指導'96(日本糖尿病学会編), 1-5, 診断と治療社,1996
岡山ミサ子:透析患者のセルフケアー, 教育と医学, 28(9), 34-41, 1991.
村山美好:在宅酸素療法を受ける患者の退院指導, 看護, 42(1), 165-175, 1990.
森田佳重。新倉和子・有沢喜美栄:高脂血症教室のあり方を考える, 公衆衛生, 55(9), 634-6 1991.
森田智津子他:糖尿病教育入院における看護面からの検討, 看護の研究, No25, 665-668, 1993.
宗像恒次:行動科学からみた健康と病気, 1-30, メヂカルフレンド社, 1987.
中川米造:医療従事者の行動変容, 保健医療と行動科学(日本行動医療学会編), 101-110, メチ゛カルフレンド社, 1987.
January, M.O.C.& Gay, N.:糖尿病患者教育におけるコミュニケーションの輪, 佐藤栄子訳, 看護技術, 13(12), 135-141, 1985.
津田 司:コミュニケーションはなぜ必要か, 医療はコミュニケーション(石川雄一編), 11-25, 1993.
吉田 亨:健康教育の潮流, 保健婦雑誌, 51(12), 931-936, 1995.
Webster-Stratton, Carolyn Glascock, Jane& Mccaphy, Ann M.:Nurse Practitioner-Patient interactional analyses during well-child visits, Nursing Research,35(4),230-235, 1985
Morgan, Barbara S.& Barden Martha E.:Nursepatient interaction in the home setting, Public Health Nursing, 2(3),159-167, 1985
Street, Richard L, Jr., m Piziak, Veronica K.& Carpenter, Williams, et al: Provider-patient communication and metabolic control, Diabetes Care, 16(5),714-721, 1993.
宮田延子他:糖尿病のコントロール困難者への看護援助, 看護技術, 36(15), 103-109, 1990.
唐土利恵他:自己管理を促す継続的な支援, 第23回日本看護学会集録(地域看護), 95-97, 1992.
佐藤栄子:小グループ話し合い形式の糖尿病教室における援助者の関わりと患者の変化, 日本看護科学学会誌, 14(3), 236-237, 1994.
Krippendorff, Kraus:Content Analysis, 1980, 三上俊郎他訳 メッセージ分析の技法, 勁草書房, 1, 1992.
Garvin, Bonnie J.& Kennedy, Carol W.:Interpersonal communication between nurses and patients, Fitzpatridk, Joyse J. et al de. :Annual Review of Nursing Research, 8.213-234, Springer Publishing Co. Inc.,1990.
北村信一・本宮哲也:食事療法からのdrop out, プラスティス, 10(5), 406-410,1990.
Hein, Elenaor C.:Communication, 助皮尚子, 看護とコミュニケーション, 39, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 1983
Stubbs, Michael:Discourse Analysis, 1983, 南出康世・内田聖二訳, 談話分析, 55, 研究社, 1989.
Wiedenbach, E.& Falls, Caroline E.:Communication, 1978, 池田明子訳, コミュニケーション, 13, 日本看護協会出版会, 1992.
A, Lacroix, jean-Philippes, M.D.:積極的にきくこと(1), 橋本恵美子訳, 看護技術, 31(9), 136-141, 1985.
A, Lacroix, Jean-Philippes, M.D.:積極的にきくこと(2), 加藤敏子訳, 看護技術, 31(11), 137-141, 1985.
広瀬寛子:看護面接の機能に関する研究 透析患者との面接過程の現象的分析(3), 看護研究, 26(1), 49-66, 1993.
Description: 原著
URI: http://hdl.handle.net/10285/343
Appears in Collections:24号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19980508160256000413004.pdf977.35 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback