DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
23号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/333

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 看護婦の仕事に対する認識と満足度・継続意志に関する記述的研究:組織基盤の異なる病院で働く看護婦を対象とした調査結果の比較検討
タイトル別表記: A Descriptive Study on Relationship Between Nurses' Perception of their Work and Job Satisfaction/Retention.
著者: 中山, 洋子
粟生田, 友子
片平, 好重
キーワード: nursing administration system
perception of work
job satisfaction
retention
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 23
開始ページ: 1
終了ページ: 14
発行年月日: 1997年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  研究者らは、人材を活用するという観点から看護婦の能力を発揮する看護管理システムの研究に取り組んできた。その一貫として、1994年と1995年に、組織基盤の異なる二つの病院群を対象に「看護婦がどのようなことに価値をおいて仕事をしているか」についての実態調査を行った。本研究では、この調査結果をもとに(1)病院の組織基盤の違いによって看護職の個人的な背景、管理システムや職場の人間関係などの組織や専門職としての働きに関する認識、仕事への満足度や継続意志が異なっているか、その実態を検討するとともに、(2)病院の組織基盤の違いによって、仕事への満足度や継続意志に影響する要因が異なっているかについて検討した。 その結果、病院の組織基盤が異なることによる相違は、そこで働く看護婦の教育背景と仕事に対する認識に顕著に現れていた。比較的大規模で組織基盤が整備されている病院で働く看護婦(A群)は、短大や大学卒を含む3年の養成課程卒の看護婦が大多数を占めていた。これに対して、中小規模の民間病院で働く看護婦(B群)では、准看護婦あるいは准看護婦教育を経て看護婦となった看護婦が多かった。教育背景が異なるこれら2つの群の看護婦の仕事に対する認識は、A群では看護婦としてのキャリアを伸ばすことに価値が置かれ、B群では職場としての働きやすさに価値が置かれる傾向があった。 仕事への満足度は、A群もB群も、給料を含めた「管理システム」との関連が高く、次いで「仕事上の人間関係」「専門職性」となっていた。「看護婦としての自己実現」と仕事への満足度は、B群の場合は、中程度に関連していたが、A群は弱かった。また、仕事に対する認識と継続意志に関しては、B群では、「管理システム」「仕事上の人間関係」「看護婦としての自己実現」において明確に差が現れていた。
抄録別表記: This study was based on the results of two surveys(Group A and Group B) designed to identify variables related to nurses' retention and job satisfaction.The survey of Group A was conducted in 1994, and the subjects were nurses who worked at large general hospitals with established nursing administration systems.The survey of Group B was conducted in 1995 and the subjects were nurses who worked at small private hospitals with less or no established nursing administration systems. The purpose of this study was to explore and discuss differences between Group A and Group B's Personal backgrounds and perception of this work, and to investigate variables related to nurses' retention and job satisfaction. The survey was designed as a descriptive study using a questionnaire.Questionnaires were comprised of demographic data and contained the following 5 scales;Administration system scale, Interpersonal relationship scale, Professionalism scale, Nurse's self-actualization scale, Overall job satisfaction scale. Two main differences between Group A and Group B which emerged from this study concerned the nurses' educational backgrounds and their perceptions of work.The nurses in Group A, most of whom graduated from 3 or 4 year nursing programs, focused on nurses' career development, and the nurses in Group B, who had often worked as practical nurses, focused on the nurses' work environment. The job satisfaction of both Group A and Group B was correiated with the administration system, interpersonal relationships, and professionalism.In particular, Group B nurses' job satisfaction was strongly related to their perceptions of the nursing administration system including work environment.Group A nurses' job satisfaction was moderately significant with all variables except self actualization which was not found to be related.Although in both groups, nurses who thought about leaving their jobs were found to have low scores on nursing administration system and self actualization scales, Group B scores on these scales were lower than Group A.
参考文献: 奥村元子:20代看護職員の職場移動と定着に関する意識と実態-'89日本看護協会看護職員実態調査より-, 1992日本看護協会調査研究報告, 11-41,1992.
穀山聡子:ケアのための人材配置, 看護管理, 3(3), 134-139, 1993.
中山洋子他:効果的な離職防止対策に関する研究-看護婦の仕事の継続意志と満足度に関係する要因の分析-,平成5年度厚生科学研究費補助金研究報告書,1994.
中山洋子他:人的資源の確保に関する研究-看護婦にとって魅力的な病院の管理システムに焦点をあてて-,平成6年度厚生科学研究費補助金研究報告書,1995.
中山洋子他:人的資源の確保に関する研究-病院管理や経営に看護婦が関わることの意味とその影響-, 平成7年度厚生科学研究費補助金研究報告書, 1996.
中山洋子・粟生田友子・片平好重:看護の人的資源の確保および定着策に関する調査研究, 横浜市報告書, 1996.
日本看護協会調査研究室:看護職員の心身健康に関する研究, 日本看護協会調査研究報告, 28.日本看護協会出版会, 1988
日本看護協会調査研究室:'89看護職員実態調査, 日本看護協会調査研究報告, 31, 日本看護協会出版会, 1992.
日本看護協会調査研究室:看護職員の職場移動と定着に関する調査研究, 日本看護協会調査研究報告, 35, 日本看護協会出版会, 1992.
日本看護協会調査研究室:病院看護職員の離職・定着に関する調査研究, 日本看護協会調査研究報告, 44, 日本看護協会出版会, 1994.
Aiken, L.H:看護婦数の増加は看護婦不足を解消しない-米国における看護婦不足と新たな戦略,看護管理,2(2),101-110,1992.
Blegen, M.A.:Nurses' job satisfaction-A meta-analysis of related variables, Nursing Research, 42(1),36-41,1993.
Blegen, M.A.& Mueller, C.W:Nurses' job satisfaction - A longitudinal analysis research in Nursing & Health, 10,227-237, 1987.
Cavanagh, S.J:Predictors of nursing staff turnover, Journal of Advanced Nursing, 15, 373-380, 1990.
Hinshaw, A.D., Smeltzer, C.H.& Atwood, J.A:Innovative retention strategies for nursing staff, Journal of Nursing Administration, 17(6), 8-16, 1987.
Lassiter, S.S.:Staff nurse retention-strategies for success, Journal of Neuroscience Nursing, 21(2), 104-107, 1989.
Prestholdt, P., Lane, I.& Mathews, R.:Predicting staff nurse turnover. Nursing Outlook, 36(3), 145-147, 1988.
Price, J.L.& Mueller, C.W.:Professional turnover-The case of nurses, NY, Spectrum, 1981.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/333
出現コレクション:23号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163626000504001.pdf1.21 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください