DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
23号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/331

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 新しい教育方法の試み:妊娠期看護のProblem-Based Learning
タイトル別表記: An Experiment in a New Method of Nursing Education -the Problem-Based Learning for Prenatal Nursing-
著者: 森, 明子
三橋, 恭子
加納, 尚美
佐藤, 直美
毛利, 多恵子
堀内, 成子
小山, 眞理子
石井, 美里
桃井, 雅子
石井, 真澄
土田, 桂子
キーワード: Problem-based learning
テュートリアル
教育方法
妊娠期看護
teaching methods
tutorial
prenatal nursing
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 23
開始ページ: 29
終了ページ: 39
発行年月日: 1997年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  看護専門科目の母性看護学では、1995年度の開講にあたり、単元「妊娠期看護」に新しい教育方法としてProblem-Based Learningを試みた。 実施までの経過には、McMaster大学で開かれたワークショップへの参加を含むProblem-Based Learningに関する教員(テュータ)の研修と、新しい教育方法の導入にあたっての科目全体の構成やProblem-Based Learningの手続きにそった妊娠期看護の教材開発、リソース等の準備という2つの主要な流れがあった。 実施したところ、テュータと学生の双方に講義法との比較で異なった様々な反応がみられた。少人数グループ学習(Small Group Learning)、学習者主体の自己学習(Self-Directed Learning)において優れた点があげられた一方、学習時間の確保や活用の難しさ、テュータとしての進め方の難しさなどがあげられた。 今後の課題として、1)統合カリキュラムではない現状でProblem-Based Learningを実施するには、並行する他の科目、単元の学習内容・方法などとの関連を考慮、調整することで学生の学習上の過重、葛藤を防ぐこと、2)テュートリアルのアセスメントと評価のシステムを整えること、3)テュータの確保とトレーニングを充実させること、の3点が明らかになった。
抄録別表記: At the opening of lectures in 1995 on the Science of maternity Nursing in the Special Subjects of Nursing, a problem-based learning was tried as a new educating method in the unit if "Prenatal Nursing."In the present paper, reviewing the introduction/implementation of the method, subjects in the future are described. This process contained two major flows, one was the training of tutors in problem-based learning, including participanting the workshop held at McMaster University, and the other was the preparation for the class at the introduction of the new educational method, such as the overall subject composition and the development of teaching materials of prenatal nursing and resources, etc.according to the procedures of the problem-based learning. As the results of the actual implementation, various different reactions in comparison with the lecture method were observed both in tutors and students. As the subjects hereafter, the following three points have been clearly elucidated, that is, in order to proceed the problem-based learning under the present condition that it is not in the comprehensive curriculum, to prevent the overload and conflict in the student learning, considering and adjusting the relationship with contents and methods of concurrent subject and units, to establish the system for tutorial assessment and evaluation, and to insure tutors and fulfill their training system.
参考文献: Dolmans, D.:How students learn in a problem-based curriculum, 4-7, Maastricht, 1994.
Branda, L.A.:Implementing problem-based learning, Journal of dental education, 54(9),548-549,1990.
森明子他:看護学士課程の母性看護学におけるProblem-Based Learningの教材開発,日本看護学教育学会誌,6(2),80,1996.
三橋恭子他:Problem-Based Learningにおけるテュータの体験の分析, 日本看護学教育学会誌, 6(2), 81, 1996.
小山真理子他:看護学士課程における教授・学習方法としてのProblem-based Learningと講義法の評価, 日本看護学教育学会誌, 6(2), 82, 1996
吉岡守正, 東間紘監修, 東京女子医科大学テュートリアル委員会編集, テュートリアル教育, 篠原出版, 1996.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/331
出現コレクション:23号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163626000504004.pdf912.6 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください