DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
23号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/329

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: フィジカルアセスメントのクラスに対する学生の評価:科目内容、教授・学習方法を中心に
タイトル別表記: Physical Assessment Course Evaluation
著者: 横山, 美樹
野崎, 真奈美
キーワード: Physical Examination
ティーム・ティーチング
フィジカルアセスメント
事前学習(自己学習)
授業評価
physical assessment
team teaching
self-learning
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 23
開始ページ: 40
終了ページ: 48
発行年月日: 1997年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  本年度より新しく開講した、Physical Examination技術の習得を含むフィジカルアセスメントのクラスの科目内容、教授・学習方法の評価を行う目的で、クラスを受講した学生を対象に、クラス終了後、アンケート調査を実施した。対象者59名、回収率64.4%(38名)であった。 その結果、以下のことが明らかになった。1.授業の構成、展開に関しては、基本であるバイタルサインズを最初に行い、Head to Toeのシステム毎のPhysical Examinationを行うという順序性、1内容の講義終了後、その内容の演習を入れていくという展開について、肯定的な評価が得られた。2.授業方法に関しては、演習時、複数の教員が関わることによる、ティーム・ティーチングのメリット、デメリットの両方が挙げられた。また、学生同志で看護婦-患者役割をとることに関しては、少数の否定的意見もみられたが、患者理解につながるという意味において、肯定的な意見が多かった。3.教師の態度、関わり方では、特に演習時の複数の教師による指導、関わり方に関して、教師間の指導内容、評価の差に対する不安・不満を指摘するもの、評価に伴う威圧的な態度であるとするもの、逆に複数の教師による指導のメリット(指導の多用性、細やかな指導)をあげたもの等、様々な意見が出された。4.事前学習(自己学習)の学習時間は、個人差が大きく、時間が十分とれたという者、とれないとする者に二分された。事前学習において、教員はあまり活用されなかった。学習環境に関しては、教材や環境の充実を希望する意見が出された。5.科目全体に関しては、知識の習得度、専門職者としての態度の習得状況は高かった。また、科目に対する満足度も高かった。 上記の結果より、特に技術教育が重要な地位を占める科目における事前学習(自己学習)のあり方、教員の関わり方、教授・学習方法に関して、示唆が得られた。
抄録別表記: The purpose of this study was to evaluate a new course in physical assessment which began in April, 1996. The student were requested to complete a questionnaire at the termination of the course.The subjects included the 59 students who enrolled in and completed the course in physical assessment.The response rate to the questionnaire 64.4%.The finding were as follows:1.Course Structure and Process: The student responses indicated support for the course sttructure and process.The course began with content on vital signs and advanced to head to toe physical examination.Students responded most positively to the process of lecture presentation followed by self-learning and then the opportunity for practical experience.2.Teaching Methods: Team teaching was the method chosen for presentation of the course.Student evaluation indicated both advantages and disadvantages to this method.Students were positive about the experience of practicing the roles of the nurse and patient because it allowed them to gain a better understanding of patient's feelngs. Some students noted that there were differences in thinking among the teachers. Other students noted positive aspect of team teaching, I.e., the value of different perspectives from more than one teacher.3.Student Self-Learning: Approximately 50% of the students responsed that they did not have enough time to participate in self-learning activities.The other 50% stated that they did have adequate time.Students noted that they did not consult with the teacher when they were participating in self-learning activities. A few students requested an improvement in the teaching materials that were used.4.Acquisition of physical examination skills and professional demeanor: Course satisfaction was high-on a scale of 1 to 10, the course average reached 8.1.Students expressed strong satisfaction with the acquisition of skills and professional demeanor.
参考文献: 河野一男:教育技法の選び方・組み合わせ方, 看護展望, 13(2), 50, 1988.
岡津守彦監修:教育課程事典, 85, 小学館, 1983.
日本医学教育学会監修:医学教育マニュアル4, 吉岡昭正他:教育と試験, 60, 篠原出版, 1982
藤崎和彦:模擬患者によるhuman skillの教育, Quality Nursing, 1(9),45-46,1995.
梶田叡一:教育評価, 有斐閣双書, 1983.
梶田叡一:教育における評価の理論, 金子書房, 1975.
田島桂子:看護教育評価の基礎と実際, 医学書院, 1989.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/329
出現コレクション:23号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163626000504005.pdf735.99 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください