DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
22号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/318

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 後期高齢者の主介護者における介護負担軽減に関する研究:主観的な介護負担感を構成する要素の検討
Other Titles: A Study on Reduction in Care Burden of the Family Caregiver of the Bedridden and senile Elderly. -Examination of Subjective Factors about Construction in Care Burden -
Authors: 成木, 弘子
飯田, 澄美子
野地, 有子
佐藤, 玲子
結城, 美智子
星野, 明子
馬庭, 恭子
Keywords: 介護負担感軽減
緩衝帯
後期高齢者
在宅ケア
対処能力
elderly age 75 and over
home care
reductuio in care burden
coping capability
line of stress defense
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 22
Start page: 1
End page: 13
Issue Date: 1-Mar-1996
ISSN: 02892863
Abstract:  後期高齢者の在宅介護にあたる主介護者が、介護負担を減少して介護に取り組むための初段階として、「介護負担を構成する主観的要素を明らかにする事」を目標として実施した。前報の介護負担調査の結果をふまえ、5事例を対象に訪問看護時の参与観察およびインタビューを実施し分析した結果、以下の様な知見を得た。1.主観的な介護負担の構成要素: 1)中心的な負担となる要素は、本人の身体状況および精神的状況である。 2)影響を与える要素として、(1)介護者の機能、(2)介護補助者の機能、(3)専門職の機能、(4)ケアシステムの機能があげられた。2.緩衝帯:1‐2)影響を与える要素の中から、介護者の機能以外を緩衝帯と位置づけた。緩衝帯が機能する事によって介護者の対処能力が高まり、その結果、介護負担が軽減すると考えられた。3.主観的介護負担感のアセスメントの視点としては、3点が考えられた。 1)本人の身体的・心理的等の状態 2)緩衝帯の有無とその機能の状態 3)介護者の対処能力 家族の介護負担を軽減する為には、負担感を構成する要素や構造を多角的にアセスメントし、介護者が様々な資源を活用し心理的ストレスに効果的に対応出来るように、情報提供や教育する機能が求められる。介護者の対処能力を高める方法に関する専門職の研修の充実が必要である事が示唆された。
Abstract-Alternative: The purpose of this study was to develop a supporting system in the community which reduces care burden of the family caregiver members of bedridden elderly age 75 and over.Preliminary study was carried out in oder to find out fundamental elements of care burden.Five families were picked up among the families living in Chuo ward in Tokyo who were provided professional nursing care services at home.A nursing intervention was done through home visits and interviews with caregiversand their subjects who need proper care services.1.fundamental elements of a caregiver's care burden: a)main elements are health and mental condition of elders, b)influential elements are the function of caregivers, the function of assistant caregivets, the function of professionals and the function of care systems.2.The line of stress defence: All the functions except that of caregivers were positioned at the line of stress defense, and in our view the caregiver's coping capability would be increased as the line of stress defense functions and, hence, the care burden might be reduced.3.Assesment of fundamental elements shall be determined from 3 aspects a)health and mental condition of ellders, b)accessibility to buffers and their quality and c)capacity and skill of care giver. In order to reduce the care burden of the family caregiver, it is necessary to assess multilaterally the constituents and/or structures of care in the future, and at the same time the additional functions will be required to furnish information and educate the caregivers on how to utilize various social care services, there by enabling them to cope with psychological stress effectively.These findings suggest that it is alsonecessary to complete the training of professional sconcerning feasiblemeans that could promote the caregivers'abilities to cope with the bedridden and senile elderly.
Bibliography: 五島シズほか:老いて病む人への看護, 医学書院, 13, 1986.
村嶋幸代ほか:後期高齢者の健康状態と介護状況-都市と都市近郊の比較-, 聖路加看護大学紀要, 15,28-43, 1989.
冷水豊ほか:障害老人をかかえる家族における世話の困難とその諸要因, 社会老学, NO8, P12-15,1978.
前田大作ほか:障害老人を介護する家族の主観的困難の要因分析, 社会老年学, 19, 3-17, 1984.
中谷陽明ほか:家族介護者の受ける負担-負担感の測定と要因分析-, 社会老年学, 29, 1989.
太田喜久子:老人ケアにおける家族の負担とストレスに関する研究の動向, 看護研究, 25(6), 516-524, 1992.
冷水豊ほか:介護サービスに対するニーズの測定と必要サービス量の推計, 社会老年学, 37, 3-15, 1993.
Lazarus, Richard S.& Folkman, Susan:Stress, appraisal, and coping, Springer Publishing Company, New york, 19, 1984.
新名理恵:痴呆老人の家族介護者の負担感とその軽減, 老年社会学, 14, 39-40, 1992.
竹尾恵子ほか:訪問看護活動とその効果検証, 高齢者等の在宅療養支援のための調査・研究報告書, 平成3年度長寿社会福祉基金による研究助成事業成果報告書, 63-114, 1992.
野口美和子ほか:高齢在宅療養者の健康問題と訪問看護の効果, 高齢者等の在宅療養支援のための調査・研究報告書,平成3年度長寿社会福祉基金による研究助成事業成果報告書,117-164,1992.
湯沢布矢子ほか:中都市における訪問指導・訪問看護事業の効果に関する研究, 高齢者等の在宅療養支援のための調査・研究報告書,平成3年度長寿社会福祉基金による研究助成事業成果報告書,167-214,1992.
野地有子ほか:都市在住の後期高齢者の健康と介護状況の分析-第2報-, 聖路加看護大学紀要, 21,14-24,1995.
佐藤玲子ほか:都市在住の後期高齢者の健康と介護状況の分析-第1報-, 聖路加看護大学紀要, 21, 2-4, 1995.
中谷陽明:在宅障害老人を介護する家族の“燃えつき”-"Maslach Burnout Inventory"適応の試み-, 社会老年学, 36, 15-26, 1992.
厚生省編:国民福祉の動向, 第8章老人保健, 220, 1994.
前田大作ほか:障害老人を介護する家族の主観的困難の要因分析, 社会老年学, 19, 10-11, 1984.
藤田利治・籏野脩一:地域老人の日常生活動作の障害とその関連要因, 日本公衆衛生雑誌, 36(2),76-87,1989.
成木弘子ほか:寝たきり状態の要因と改善への課題-積極的に「起こす」試みを行った訪問看護を通して-,日本公衆衛生雑誌, 39(10),823,1992.
翆川純子:在宅障害老人の介護者の対処(コーピング)に関する研究, 社会老年学, 37, 16-26,1993.
Morycz, R.K,:Caregiving strain and the desire to institutionalize family members with Alzheimer's disease, Research on Aging, 7, 329-361, 1985.
萩田秋雄:住まいと健康を考える, 保健婦雑誌, (48)7, 511-515, 1992.
Berry Neuman:The Neuman Systems Model, APPLETON & LANG, 27, 1995.
新名理恵:痴呆性老人の家族介護者の負担感とその軽減, 社会老年科学, 14, 40-41, 1992.
URI: http://hdl.handle.net/10285/318
Appears in Collections:22号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19990806163623000103001.pdf1.19 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback