DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
22号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/313

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 聖路加看護大学入学生の看護ならびに本学の選択動機
Other Titles: St. Luke's College of Nursing-student's Motivation for Selecting both Nursing Program and St.Luke's College for Study.
Authors: 横山, 美樹
岩井, 郁子
太田, 喜久子
香春, 知永
操, 華子
Keywords: 看護
聖路加看護大学
選択動機
入学生
St.Luke's College of nursing
students
nursing
motivation for selecting
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 22
Start page: 72
End page: 80
Issue Date: 1-Mar-1996
ISSN: 02892863
Abstract:  1989年に「本学学生が看護を学ぶことを決定した動機」を発表したが、看護教育をめぐる変化、社会情勢の変化の中で、本学の入学生が看護を学ぶことを選択した動機、看護を学ぶ場として本学を選択した動機、前回調査結果との比較を明らかにすることを目的として、1989年度~1995年度入学生を対象に質問紙による調査を行った。 対象者392名、回収率93.9%(368名)であった。 その結果、以下のことが明らかになった。1.看護を選択した動機では、「やりがいのある仕事」、「人間を対象とする仕事」など“職業として”の選択、また「自己成長できる」、「人の為に役立ちたい」など“生き方”としての選択が多かった。主な動機は1988年度調査結果と比較して大きな変化はなかった。2.看護を選択する目的では、最近の傾向として複数選択する学生が多くなり、「自分のため」が増加した。また「学問として」も増加傾向がみられた。3.本学を選択した理由の特徴的なものは「キリスト教精神」であった。「高いレベルの教育」「卒業生の評価が高い」「他者の勧め」など本学の教育、卒業生の社会的評価が高いことを反映する項目も多かった。 以上より、看護選択動機にはこの13年間で大きな変化は認められなかったが、看護を選択する目的として複数項目を選択し、また「自分のため」という自分自身の生き方への関心の度合いの増加、「学問として」の看護の見方の増加が変化としてあげられた。
Abstract-Alternative: In 1989, we published "A Study of Students'Motivation for Selecting a Nursing Program".Now, as the circumstances surrounding nursing education and the social situation are changing, we studied this matter again. The purpose of this survey is a)to find the motivate for selecting a nursing program as well as this college, and b)to compare the results with those of the previous study.The questionnaire delineating reasons for selecting a nursing program and St.Luke's College were distributed to the 392 students who entered this college from 1989 to 1995.The response rate was 93.9%. The findings were as follews:1)Many students selected a nursing program as an occupational choice.Responses noted thet "nursing is worth while work", "nursing provide a service to people".They also selected nursing as "a way of life"so that "they would be able to grow" and "be useful to others".These results were almost the same as those of the previous study.2)In the last two years, students demonstrated a tendency to choose two or three reasons for selecting a nursing program.The number of students who chose the reason "for myself" and "as a study" also increased.3)"Christianity"was a unique reason for choosing this college."Good quality of education"."high estimation of graduated", "recommendation of others" were also main reasons. Over the last 13 years, there was no change in motivation for selecting a nursing program.However, students showed a tendency to provide several reasons for choosing nursing.There was an increase in the number of students who were 1) interested in nursing for their own satisfaction and 2) who saw nursing as a intellectual study.
Bibliography: 財団法人厚生統計協会:国民衛生の動向, 42(9), 39-40, 1995
西郷淳子, 岩井郁子, 太田喜久子, 操華子:本学学生が看護を学ぶことを決定した動機の実態, 聖路加大学紀要,15,78-87,1989.
特集「なぜ看護職を選んだのか?」, クリニカルスタディ, 11(4), 65-73, 1990.
日本看護協会調査研究報告:1992年看護学生の進路決定に関する調査, 日本看護協会調査研究報告, 37,1992.
大野木裕明, 吉田祥造:教育学部新入生の入学動機と教師イメージに関する調査的研究, 福井大学教育学部紀要Ⅳ(教育科学), 45, 63-83, 1993.
鈴木正幸, 龍上凱令他:1987 教育学部学生の教職志望に関する考察, 神戸大学教育工学センター研究紀要, 79-105, 1987.
島村忠義:全国調査からみた現代看護学生気質, 看護展望, 10(5), 475-474, 1985.
永田忠夫:看護婦という職業を選択した要因について, 愛知県立看護短期大学紀要, 13号, 65-75, 1981.
松木光子, 山口花江, 福井典子:看護学生の進路決定過程について, 看護教育, 13(1), 54-58,1972.
藤竹暁:若者はいま, 現代のエスプリ, 265, 5-12, 1989.
犬田充:新人類現象の嘘と真, 現代のエスプリ, 265, 68-76, 1989.
URI: http://hdl.handle.net/10285/313
Appears in Collections:22号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19990806163623000103007.pdf829.97 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback