DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
22号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/305

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 小児看護学における外来実習について -外来実習の変遷と本学学生の実習の学びから-
Other Titles: A Report on the Clinical Practice in Pediatric Nursing - Review of Literature and Students Learning at St.Luke's College of Nursing -
Authors: 石井, 由美
及川, 郁子
Keywords: 外来実習
看護教育
小児看護学
pediatric nursing
practice at pediatric outpatient clinic
nursing education
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 22
Start page: 96
End page: 103
Issue Date: 1-Mar-1996
ISSN: 02892863
Abstract:  看護基礎教育における小児看護学の外来実習のあり方を検討するために、小児の外来実習の変遷を明らかにし、1993年度から1994年度に行われた本学の小児看護学外来実習における学生の学びについてまとめた。 小児の外来実習は、昭和23年の保健婦助産婦看護婦養成所指定規則制定時には臨床実習の中の外来実習として規定されており、診療科別に示されている実習先の一つとして行われていた。小児では、病児への看護について医療補助を中心として行われており、見て学ぶ慣習的な実習であった。その後、昭和42年の改正により、臨床実習は各科目内に位置づけられ、その中で外来実習の規定はなくなり、外来より施設内での看護が中心となった。しかし、平成2年の再改正に伴う地域への看護の役割拡大の影響により、小児看護学において外来実習が見直されつつある。 本学の外来実習において、学生は子どもの反応や子どもとのコミュニケーション、親子関係の重要性など子どもや親について基本的理解を深め、また子どもの健康における母親の役割の重要性を学んでいた。さらに、子どもや親にとっての地域における開業医や外来の意味について考え、その中での看護の重要性について気づいていた。
Abstract-Alternative: The purpose of this report is to examine the educational methods for nursing practice within the pediatric outpatient clinic environment. According to changes to the regulations for the educating of nurses and midwives and the extended role of community nursing, the focus of nursing practice moved from inpatient to outpatient care.However, due to constant and ongoing changes in the way in which such clinics operate and provide health care, frequent examination of educational methods has become more and more necessary. As subjects for this report, students of St.Luke's College of Nursing were surveyed following their period of clinical training.These students learn the importance of studying the reaction and communication of the child, child-parent relationship, and family influences on children's health.Furthermore, they learn the importance of such clinics in their role of providing community health.
Bibliography: 阿曽洋子:看護技術教育と臨床実習の変化, 看護教育, 663, 36(8), 1995.
藤村龍子:教育機関の特質にみる専門職性とカリキュラム構造, 看護教育, 36(8), 643, 1995.
森まさ子:小児看護学の組みたてかた, 看護教育, 7(7), 102, 1966.
濱中喜代他:看護婦学校における小児看護学臨床実習の実態, 第16回日本看護学会看護教育分科会, 16,1985.
東 則子・吉田礼子:新カリキュラムにおける小児看護学の展開, 神奈川県立平塚看護専門学校紀要, Vol.1, 68, 1993.
濱中喜代他:小児看護学における臨床実習の実態その1-実習施設の状況と学習課題-, 日本看護学教育学会誌, 4(2), 72, 1993.
吉武香代子:看護基礎教育における小児看護学, 日本看護学教育学会誌, 3(1), 6, 1993.
加藤加代子他:小児科外来初診患児受持ち実習における学びの内容, 第26回日本看護学会看護教育分科会, 38, 1995.
阿部美保子・椙山委都子:新カリキュラムにおける小児看護学, 神奈川県立看護教育大学校紀要, 14, 75-90, 1991.
阿曽洋子:看護技術教育と臨床実習の変化, 看護教育, 36(8), 662-667, 1995.
姉崎正平他:座談会-プライマリ・ヘルス・ケアと看護教育のあり方, 看護技術, 25(6), 112-136,1978.
楳本富子他:教育目標に応じた看護学カリキュラムの編成と教授・学習法の導入およびその実態・評価, 筑波医療技術短期大学研究報, No.3, 45-68,1982.
藤村龍子:教育機関の特質にみる専門職性とカリキュラム構造, 看護教育, 36(8), 639-644639-644,1995.
神徳規子他:カリキュラム改正後の小児看護学教育における教育内容と教育担当者の実態, 神戸市立看護短期大学紀要, Vol.13, 125-135, 1994.
濱中喜代他:小児看護学における臨床実習の実態その1-実習施設の状況と学習課題-, 日本看護学教育学会誌, 4(2), 72-73, 1993.
濱中喜代他:小児看護学における臨床実習の実態その2-受け持ち患児と入院体制-, 日本看護学教育学会誌, 4(2), 74-75, 1993.
濱中喜代他:看護婦学校における小児看護学臨床実習の実態, 第16回日本看護学会看護教育分科会, 15-18,1985.
東 則子・吉田礼子:新カリキュラムにおける小児看護学の展開, 神奈川県立平塚看護専門学校紀要, Vo1,62-83,1993.
加藤加代子他:小児科外来初診患児受持ち実習における学びの内容, 第26回日本看護学会看護教育分科会,35-38,1995.
松本八重子:現行カリキュラム制定の意義と背景-10年間を顧みて-, 看護展望, 3(4), 289-296,1978.
増子ひさ江:小児看護学実習指導計画の展開, 看護教育, 12(1), 19-24, 1971.
森まさ子:小児看護学の組みたてかた, 看護教育, 7(7), 102-104, 1966.
森まさ子:小児看護学-看護の立場から-, 看護教育, 7(10), 52-60, 1966.
中西睦子:学士課程における看護学実習の方略論, Quality Nursing, 1(2), 46-52, 1995.
仲田妙子:看護教育の変遷-私の歩んだ40年を通して-, 東邦大学医療短期大学紀要, Vol.8, 27-42, 1994.
岡田洋子他:看護教育の現状と改善への一考察-現行カリキュラムの問題解決をカリキュラム作成における概念的枠組みに求めて-, 天使女子短期大学研究業績集, 23-33, 1982.
島内 節, 久常節子:プライマリ・ヘルス・ケアの発想を基盤とした総合看護の方向性, 看護技術, 25(6), 73-8-, 1978.
高木永子他:看護教育基礎課程における臨床実習の意義, 看護展望, 3(4), 309-315, 1978.
高橋俊子:小児看護学-その考え方と組み立て方(2), 看護教育, 18(8), 501-505, 1977.
津野良子:看護学科における臨地実習の概要-, 小児看護学実習の概要と教育的課題-, 新潟大学医療技術短期大学紀要, 1(1), 127-132, 1983.
若澤文香他:小児看護実習の実態と今後の課題-第Ⅱ衛生看護学科-, 聖隷学園浜松衛生短期大学紀要, Vol.13, 65-79, 1990.
若澤文香他:小児看護実習の実態と今後の課題, 聖隷学園浜松衛生短期大学紀要, Vol.12, 160-182, 1989.
山根節子:我が国における看護婦養成教育の変遷と課題(1), ピーエル学園衛生看護専門学校紀要, 1(1), 3-7, 1993.
山根節子:我が国における看護婦養成教育の変遷と課題(2), ピーエル学園衛生看護専門学校紀要, 1(2), 39-46, 1994.
横山孝子, 山本悌子:小児看護実習指導の検討(第1報)-学生の情意の変化と援助のプロセス-, 銀杏学園紀要, No.18, 47-59, 1994.
吉武香代子:看護基礎教育における小児看護学, 日本看護学教育学会誌, 3(1), 1-8, 1993.
吉武香代子他:看護学部における実習の概要:小児看護学編, 千葉大学看護学部紀要, Vol.1, 36-39, 1979.
吉武香代子:看護大学における臨床実習の位置づけ, 看護展望, 20(5), 547-550, 1995.
吉武香代子:看護基礎教育における小児看護学, 日本看護学教育学会誌, 3(1), 1-8, 1993.
厚生省健康政策局看護課監修:看護六法 平成7年度版, 新日本法規, 1995.
URI: http://hdl.handle.net/10285/305
Appears in Collections:22号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19990806163623000103009.pdf689.63 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback