DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
21号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/301

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 「 都市在住の後期高齢者の健康状態と介護状況の分析 」 第2報 在宅寝たきり・痴呆高齢者の介護状況と
タイトル別表記: A Study on Health and Caregiving Status of the Elderly over Age 75 Living in Urban Tokyo -Social Services and Caregiving for the Bedridden and Senile ELderly -
著者: 野地, 有子
飯田, 澄美子
佐藤, 玲子
村嶋, 幸代
近藤, 優子
キーワード: 家族MBI
介護状況
在宅ケア
社会資源の活用
都市在住後期高齢者
Urban elderly
home care
use of aocial services
family maslach burnout inventory
caregiving status
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 21
開始ページ: 14
終了ページ: 24
発行年月日: 1995年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  都市在住の在宅寝たきり・痴呆後期高齢者の介護状況と社会資源の活用について, 家庭訪問による面接ききとり調査を実施した。前報の中央区在住の75歳以上後期高齢者に対する1次調査結果の回答者の中から、在宅ねたきり・痴呆高齢者をスクリーニングし、3, 409名中197名(5.8%)が選出された。このうち、110名の有効回答を分析し、以下の知見を得た。1.スクリーニングに基づく痴呆は17名であったが、柄沢式痴呆スケールで実際を観察したところ40名が+2以上であった。また、+1の31名をあわせると7割が意志疎通の低下および困難を示した。失禁問題のある者は59名(56, 7%)であったが、失禁の有無別にみた施設入所に関する今後の介護方針には有意差はなかった。2.主介護者の平均年齢は61.9±12.7歳と高齢であり、副介護者のいる者は55.5%であった。介護期間の平均は6.3±8.2年であったが、介護期間に関わらず相談先がなく、研修・個別指導を受けていないものが62.7%みられた。家族MBIによる介護感は、「情緒的消耗」が23.3~58.1%、「離人化」は8.6~33.7%、「自己達成感低下」は、12.5~25.7%みられた。今後の介護方針で、「家族のみ」介護の希望が63.5%と最も多く、「社会資源の活用」を希望する者は25.0%と少なかった。3.社会資源25項目の知っている割合は52.2%であり、利用の割合は8.5%であった。両者とも直接サービスが多く、療養生活環境の整備に関するものは少なかった。 以上より、効果的な社会資源の活用のためには、ケース把握やアセスメントを含む情報のシステム化、直接サービスだけでなく予防の視点からの療養生活環境の整備および介護者の情緒的消耗をサポートするサービスの開発、さらに、家族によるケアと社会資源の効果的な組合せをすすめるケース・マネージメント機能の必要性が示唆された。
抄録別表記: Interviews during home visit were used to assess social services and caregiving status for the bedridden and senile elderly living at home in urban Tokyo.In Chuo ward 197 bedridden and senile elderly were identified from 3, 409 mailed surveys(response rate 5.8%).This study analyses data from 110 subjects who were followed up with interviews during home visits. As indicated by the Karasawa senile scale, 70% of the respondents have communication problems with the elderly person in their care.Incontinence problems are reported in 56.7% of the frail elderly.There is no significant association between incotinence problems and decisions by caregivers to institutionalize the elderly.The mean age of the main caregiver is 61.9±12.7 years.There are 55.5% of the families with secondary caregivers.The mean period of care is 6.3±8.2years.Even the families who take care of their elderly relative for longer periods of time have no one to consult about caregiving.Caregiver strain was measured by the Family Maslach Burnout Inventory.The subscale, emotional exhaustion, occours most freequently.Only 25.0% of caregivers indicate willingness to accept social services, on the other hand 63.5% of the caregivers desire family care. The questionnaire listed twenty five resources currently available for families in this ward for social services.Only 52.2% know about resources for social services.Only 8.5% of the respondents use social services.Respondents know about and use social services for direct care of their elderly relative more than they use support for adapting the home environment for the care of the elderly. These findings suggest the following.(1)In order to promote effective use of social services a systematic case finding and assessment plan is needed.(2)Development of services from the viewpoint of prevention and emotional support are needed.(3)Case management is needed to achieve a mix of both the family care and social services.
参考文献: 村嶋幸代, 飯田澄美子他:後期高齢者の健康状態と介護状況-都市と都市近郊の比較-, 聖路加看護大学紀要, 15, 28-43, 1989.
野地有子他:家族介護力の低下が在宅療養者の介護に及ぼす影響, 日本公衆衛生雑誌, 39(10), 768,1992.
村嶋幸代, 飯田澄美子他:介護を要する後期高齢者の健康状態と介護状況-都市と都市近郊の比較-, 聖路加看護大学紀要, 16,60-69, 1990.
村嶋幸代, 野地有子, 中央区社会福祉協議会:中央区の福祉の問題点, 中央区社会福祉協議会地域福祉活動計画策定委員会報告, 1-36, 1994.
Blazer, D.:Socialsupport and mortality in an elderly community population, American Journal of Epidemiology, 115, 684-694, 1982.
Cohen, C.I., et.al.:Social networks, stress, and physical health:A longitudinal study of an innersity elderly population, Journal of Gerontology, 40, 478-486, 1985.
Kennedy, S.et al.:Social Support, Stress, and the Immune System, In Ed.Sarason, B.et al, Social Support:An Interactional View, 253-266, A Wiley-Interscience Publication, 1990.
佐藤玲子, 飯田澄美子, 野地有子他:都市在住の後期高齢者の健康状態と介護状況の分析-第1報1987年と1993年の比較から-, 聖路加看護大学紀要, 21, 1-13, 1995.
中谷陽明:在宅障害老人を介護する家族の“燃えつき”-"Maslach Burnout Inventory"適用の試み-, 社会老年学, 36, 15-26, 1992.
柄澤昭秀:老人のぼけの臨床, 4-5, 93-94, 医学書院, 1981.
厚生省老人保健福祉局監修:高齢者ケアプラン策定指針, 厚生科学研究所, 1994.
杉本啓子:失語・失行・失認, リハビリテーションと介護, からだの科学増刊 146-151, 1994.
苅安誠:高齢者の難聴とその問題点, 保健の科学, 36(2), 131-134, 1994.
Outlander, G.J., et al.:Incontinence among elderly community-dwelling dementia patients, The American Geriatrics Society, 38(4), 440-445, 1990.
Thompson, JR., et al.:Social support and caregiving burden in family caregivers of frail elders, Journal of Gerontology, 48(5), s245-254, 1993.
田中荘司:高齢者の福祉施設における人間関係の調整に係わる総合的研究-わが国における高齢者虐待の基礎研究, 高齢者処遇研究会, 1994.
Magilvy, K.J., et al.:Circles of care-Home care an
七田啓子, 野地有子他:在宅ケア対象者における家族の介護継続意向とその要因分析, 日本公衆衛生雑誌,
Logan, R.J., Spitze, G.:Informal support and the use of formal services by older americans, Journal of Gerontology, 49(1),s25-34,1994.
外山義:クリッパンの老人たち, ドメス出版, 1990.
Rogers, J., et al.:Participant evaluation and cost of a community-based health promotion program for elders, Public health reports, 107(4), 417-426, 1992.
高橋絹子:ケア・コーディネーションの概念と地域保健活動, 保健婦雑誌, 50(10), 763-777, 1994.
Emlet, A.C., et al.:Intergrating the community into geriatric case management-Public health interventions, The gerontologist, 31(4), 556-560, 1991.
Brazelton, T.B.:Touchpoints, Addison Wesley Publishing Company, 1992.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/301
出現コレクション:21号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163551000830002.pdf1 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください