DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
21号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/295

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: ニューヨーク市における病院の助産婦活動の自律性に関する研究
タイトル別表記: A Study on Autonomy in Hospital-Based Midwifery Practices in New York.
著者: 加納, 尚美
キーワード: 葛藤
自律性
動機
米国助産婦
American midwives
autonomy
conflict
motivation
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 21
開始ページ: 41
終了ページ: 49
発行年月日: 1995年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  1991年12月から1992年2月にかけて、米国、ニューヨーク市内の4ヶ所の病院を基盤に活動していた13人の助産婦(nurse-midwives)に対して面接及び参加観察を行った。その結果、以下の事が明らかになった。1.3ヶ所の病院では助産部門は産婦人科の診療部門に位置づけられていた。その事は職業的自律性の獲得の一助となっていた。2.助産婦は医師との相違を明確に表現しており、妊産婦への対応についてより自然経過を重視している傾向が見られた。公立病院の中では助産婦は医師との間に仕事上の葛藤を表していたが、協調しながら助産婦部門を確立・維持していた。3.産科看護と助産との相違を明確に表現していた。助産婦は臨床の場面では、看護婦と共同で妊産婦の管理及びケアを行い、助産に関しては主導的に妊産婦の管理・ケア・助産を行っていた。4.助産婦になるにあたって、多様な動機・個人的背景を持ち、看護婦を経ないで直接助産婦になりたかったという要望もあった。
抄録別表記: The purpose of this study was to identify the reality and understanding of American midwives in hospitals by focusing on autonomy as a profession. The method was conducted by intervew and participant observation to 13 nurse-midwives in four hospitals. The data indicaed that midwifery services belonged to obstetric and gynecology departments in three hospitals.Nurse-midwives had midwifery clinics and had responsiblility to normal women antepartally, intrapartally, and postpartally.They distinguished midwifery as a profession from medicine and nursing. However, some midwives satated conflicts with doctors and nurses.Most of them had been motivate to be a midwife directly.It was said that nurse-midwives in New York City have struggled to gain autonomy in hospital systems.
参考文献: 村山郁子:第5回学術集会会長講演, 「助産婦の近未来学」, 日本助産学会誌, 5(1):5-13,1992.
Barbara Katz Rothman:In Labor, Women and Power in the Birthplace, W.W.Norton&Company, 1991.
天野正子:看護婦の労働と意識, 社会学評論, 22(2):30-49, 1972.
Deboraba J.Dwyer et.al.:Decision Making Autonomy in Nursing, JONA22(2):17-23,1992.
Dorothea M.Lang:21st Century Obstetrics Now!, A Napsac publication:89-104, 1977.
William F.McCool & Sandi J. McCool:Feminism and Nurse-Midwifery, J Nurse-Midwife 34(6):323-336, 1989.
Helen Varney Burst:"Real" Mideifery, J Nurse-Midwif, 35(4):189-191, 1990.
加納尚美・小松美穂子:病院における助産婦活動の実態とその考察, 筑波大学医療技術短期大学部研究報告, 第14号:39-44, 1993.
Definition accepted by the American College of Nurse-midwifery, 1978.
Rachel Walxer:Midwifery, the dream and the reality, Midwives Chronicle & Nursing Note, Nov:330-332, 1991.
New York Newsday, pp28, on the 22nd July 1992.
堀内成子:日本の助産婦の課題-ICM大会に出席して思う-, 助産婦, 47(3):9-13, 1993.
ACNM:Update on FY Goals, Quickening, 25(5):8, 1994.
小木曽みよ子他:大学院における助産婦教育の構想, 看護教育, 33(5):342-347, 1992.
日本看護協会調査研究報告:1992年病院勤務助産婦の業務と役割に関する調査, No(49), 社団法人日本看護協会, 1993.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/295
出現コレクション:21号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163551000830005.pdf829.25 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください