DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
21号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/292

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 「 都市在住の後期高齢者の健康状態と介護状況の分析 」 第1報 1987年と1993年の比較から
タイトル別表記: A Study on Health and Caregiving Status of the Elderly over Age 75 Living in Urban Tokyo -Comparing 1987 with 1993 -
著者: 佐藤, 玲子
飯田, 澄美子
野地, 有子
村嶋, 幸代
近藤, 優子
キーワード: 介護者
健康状態
後期高齢者
行動範囲
在宅介護ニーズ
社会参加
elderly over age 75
health status
community participation
activity range
caregiver
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 21
開始ページ: 1
終了ページ: 13
発行年月日: 1995年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  聖路加看護大学・公衆衛生看護部門では、区行政に看護サービス提供や介護援助の整備体制への提案を継続的に行ってきたが、1993年と1987年の中央区在住の後期高齢者の健康事象を本研究で比較することによって以下の点が明らかになった。1.都市部に在住する後期高齢者の健康状態は、前回調査時に比べ、健康度の高い高齢者が増えていた。2.行動範囲と健康状態の検討の結果、障害がなく健康状態が良い群であっても、屋内にとどまる群は、約20%に及んでいたと明らかになった。3.介護者の自由回答を「介護について知りたい内容」という視点で分析集計した結果、情報提供を求める数が増えていたこと、また、介護の知識や方法の提供・家族内の調整・入院入所について、より適切な助言を受けている様子が推察された。 今後は、地域全体で、在宅介護を支援し展開するシステムの構築が必要になると考えるが、虚弱高齢者や障害老人だけでなく、痴呆老人、一人暮らし高齢者、また、社会的に交流が少ない閉じ込もりがちな健康高齢者に関しても、社会的支援、特に寝たきりを予防する支援のあり方が重要であると示唆された。さらに、健康や福祉という観点からだけでなく、社会教育や所得保障・住宅対策等、幅広い総合的な支援が必要になると考える。
抄録別表記: The purpose of this study is to propose the improvement of the community care service and caregivers' support system. A questionnaire was sent to the elderly over age 75 living in Chuo Ward of Tokyo, on their living place, previous illness, health status, degree of assistance needed, and their caregivers.The same kind of surveys were made in 1987 and 1993, and the health status and home care were compared and changes in caregiver services were examined.Valid responses of 3, 294(response rate of 81.3%)in 1987 and 3, 409(response rate of 76.3%)in 1993 were analized and compared with each other. The results are following;(1)The total number of bedridden elderly persons decreased from 214(6.5% of the total)in 1986 to 61(1.8% of the total)in 1993.The number of elderly over age 75 with high health status increased.(2)The rate of the elderly who stay only indoors, although physically non-handicapped and in good health, was 20%.(3)The statistic of caregivers' concern about care services in the answer to open ended questions showed the increase of the desire for the supply of information, and the fact of more suitable pieces of advice having been givenabout the resources for care, care-give service, and family adjustment. It is necessary to establish the system to support and develop home care in the community in the future.Social support will also be necessary not only for infirm or handicapped elderly people, but also for demented, living in solitude, or non-social withdrawn healthy aged people to make use of community care service, counseling of care service and short stay at nursing homes. Especially the importance of community care service to prevent the elderly from being bedridden was suggested.Moreover, general broad support is necessary, such as social education, income guarantee and housing measure as wellas that from the point of view of health and welfare.
参考文献: 厚生省編:厚生白書, 201-206, 1989.
経済企画庁総合計画局編:21世紀への基礎戦略 経済構造調整と日本経済の展望, 96-116, 東洋経済新聞社, 1987.
厚生大臣官房老人保健福祉部老人保健監修:寝たきりゼロをめざして, 17-22, 中央法規出版, 1992.
日野原重明, 他:中央区老人実態・意向調査報告書, 東京都中央区, 1986.
飯田澄美子, 他:中央区民保健医療基礎調査報告書, (1), 1991.
飯田澄美子, 他:中央区民保健医療基礎調査報告書, (2)-グループ別調査対象者の意見および要望, 1991.
飯田澄美子, 他:痴呆老人等の長期ケアの実態とその対策, 聖路加看護大学紀要13号, 22-35, 1987.
飯田澄美子:寝たきり老人、痴呆老人の介護家族に対する効果的な看護サービスの在り方に関する研究, 後期高齢者の健康状況と介護状況-都市と都市近郊の比較-, 7-21, 昭和62・63・平成元年度文部省科学研究費補助金(一般研究A)報告書, 1990.
山本俊一:健康の計量学, 8-10, 朝倉出版, 1993.
厚生統計協会:国民衛生の動向, 126, 1993.
朝日新聞社編:民力1993年版, 204-205, 朝日新聞社, 1993
東京都中央区監修:平成5年版中央区政年鑑, 23, 東京都中央区, 1993.
古谷野亘, 他:地域老人の生活機能 老研式活動能力指標による測定値の分布, 日本公衆衛生雑誌, 40(6), 468-474, 1993.
藤田利治・籏野脩一:地域老人の日常生活動作の障害とその関連要因, 日本公衆衛生雑誌, 36(2), 76-87, 1989.
藤本修, 中村妙子, 太田義隆, 他:健康老人の脳機能における5年間の加齢変化-生活環境的側面と精神医学的検査の関連から-, 日本公衆衛生雑誌, 38(3), 182-191, 1991.
谷口尚樹, 川口眞珠子, 宇野典子, 他:都市における在宅高齢者の保健生活・意識についての研究, 京都市立看護短期大学紀要, 41-48, 15, 1990.
日本放送協会:日本人の生活時間, 180, 1992.
藤田長太郎, 松永文保, 吉福健二, 他:独居生活が心身の老化に及ぼす影響について-高来町独居老人調査3ヵ年の経過:社会精神医学,353-359,12(4),1989.
厚生統計協会:国民衛生の動向, 128, 1993.
松下和子:平成2・3・4年長寿科学総合研究事業 第3分野看護・介護のあり方に関する研究報告 松下班収録集, 81-85,平成5年5月.
Lawrence W. Green, Marshall W. Kreuter:Health Promotion Pranning An Educational and Environmental Approach Second Edition, Applications in Community Settings, pp284-286, Maryfield Publishing Company, 1991.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/292
出現コレクション:21号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163551000830001.pdf1.03 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください