DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
35号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/2816

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 学生部2008年度活動報告「適切な学びの環境を目指して」
Other Titles: Student Affairs Section FY2008 Activity Report: Striving for a Suitable Learning Environment.
Authors: 大久保, 暢子
鶴若, 麻理
中村, 綾子
天岡, 幸
枝, 晃司
近藤, 華子
福田, 晴香
横川, 彩夏
瀬戸屋, 希
小林, 真朝
稲田, 昇三
中山, 久子
松谷, 美和子
Keywords: manners
suitable communication
learning environment
professionals
nursing specialty
マナー
適切なコミュニケーション
学びの環境
専門職業人
看護専門職
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 35
Start page: 110
End page: 117
Issue Date: Mar-2009
Publisher: 聖路加看護大学
Abstract: 聖路加看護大学学生部は,学生が本学の教育目標を効果的に達成し,豊かな学園生活を過ごせるよう,適切なコミュニケーションと基本的マナーの習得のための新しい取り組みを開始した。『適切な学びの環境の実現』をスローガンとし,活動目標A.他者を思いやりながら,お互いが気持ちよく生活できる学びの環境とはどういったものかを,学生・教職員など環境に携わる人々がともに考える,B.適切な学びの環境の実現のための行動を(学生・教職員など環境に携わる人々が)考える,C.考えられた行動が実践され,お互いが 気持ちよく生活できる学びの環境が創られる,を掲げた。 初年度は,活動目標A.を主目標として,取り組みの普及と学びの環境に携わる人々にマナーについて考える機会を設けた。様々な企画の実施により,取り組みの普及はなされ,学園に携わる人々がマナーについて考えるきっかけをある程度,掴むことができた。今後は,各個人がマナーを行動に移していけるような企画の発案と実施,それらをどのように評価していくかが課題である。
Description: 報告
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/2816
Appears in Collections:35号
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kiyo35-2008038.pdf5.39 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback