DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
35号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/2804

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 時間軸を含む病い経験把握のための参考理論と方法および概念 -先行文献による検討から-
Other Titles: A Review of Research Trends that Explicate Useful Theories, Methods and Concepts, Including Time Transitions, for Understanding the Experience of Living with Illness.
Authors: 平野, 優子
Keywords: illness experience
illness trajectory
life line method
hope
病い経験
病いの軌跡理論
ライフ・ライン・メソッド
ホープ
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 35
Start page: 8
End page: 16
Issue Date: Mar-2009
Publisher: 聖路加看護大学
Abstract: 本稿の目的は,患者ケアのなかで近年重要性が増してきた,過去・現在・未来の時間軸を含む「病いとともに生きる経験( 以下,「病い経験」と略す)」を把握することについて,時代的背景の変化および過去の研究動向からその経緯を概説した上で,特に参考になる理論とプロセス把握方法および関連概念について先行研究を用いて整理し,今後の研究上の課題を提案することである。 病い経験の一連のプロセスを把握するための有用な理論として病いの軌跡理論に,概略を把握するための有用な方法としてライフ・ライン・メソッドに着目し,複数の文献からそれぞれの定義と目的,使用方法と実証研究の内容について概観した。また,参考になる関連概念として,社会学分野で光が当てられてきた崩壊と再構築,心理学と看護学分野で主に研究されている適応と対処,その獲得に強力に作用する2000年以降注目を集めるポジティブ心理学のなかのホープを取り上げ,概念の意味と要因を整理した。
Description: 総説
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/2804
Appears in Collections:35号
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kiyo35-2008026.pdf988.68 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback