DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
21世紀COEプログラム >
聖路加健康ナビスポット:るかなび >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/2444

種類: Thesis or Dissertation
タイトル: 看護大学の市民健康情報サービスにおける資料選択の課題
タイトル別表記: Issues in selecting materials of the consumer health information service at St.Luke's College of Nursing
著者: 松本, 直子
石川, 道子
徳間, 美紀
菱沼, 典子
キーワード: Consumer Health Information
Collection Development
Information Needs
Reference Tools
Schools, Nursing
掲載誌: 医学図書館
巻: 53
号: 2
開始ページ: 156
終了ページ: 160
発行年月日: 2006年
出版者: 特定非営利活動法人日本医学図書館協会
抄録: 目的:聖路加看護大学看護実践開発研究センターでは、看護師と司書が連携して、市民を対象に、健康相談と情報提供を行っている。本研究は、この市民健康情報サービスにおける資料選択とツール作成の課題を明らかにするために実施した。研究方法:2004年5月開設時から2005年8月までに収集した資料、図書272冊、パンフレット89種を対象に調査した。スタッフのうち、2名の司書が、利用者の健康問題のカテゴリーと図書・パンフレットの内容を照合した。利用者の健康問題のカテゴリーは、相談記録をもとにした先行研究において抽出されたものを使用した。資料の内容を確認し、該当する健康問題について記述があった場合1点と数えた。結果:図書は総点数が376点、パンフレットは89点となった。カテゴリー別では、『特定の疾患』を主題とするものが最も多く、図書は157点、パンフレット89点全てであった。さらに、『特定の疾患』の内訳をみると、図書は、相談記録で比較的少なかった疾患を主題としたもの(その他の疾患)の合計が55点(35.0%)を占めた。個々の疾患を主題としない、総合的に疾患を扱ったものが29点(18.5%)、特定の治療方法をあつかったものが13点(8.3%)となった。パンフレットは、『生活習慣病』を主題としたものが29点(32.6%)となった。点数が0となったのは、『がん・腫瘍』、『循環器系疾患』を主題とするものであった。総合的な内容のものであった。『その他の疾患』の合計は31点(34.8%)であった。総合的に疾患を扱ったものは0点、特定の治療方法をあつかったものが13点(14.6%)となった。結論:本研究によって、まず、利用者の健康問題から見た資料選択・収集における優先度が示された。資料の構成と利用者のニーズとの違いを認識し、両者を近づける収集を行わなければならない。次に、看護師による情報・資料の利用・提供を支援するために、健康問題ごとにアクセスできるように考慮された、パンフレットの収集、資料全体の配置、ツールの作成の3つが課題として明らかになった。
抄録別表記: Objectives: At St. Luke’s College of Nursing Research Center for the Development of Nursing Science, nurses and librarians jointly provide health information and health counseling services to citizens. This study aimed to identify issues in selecting materials and developing tools for providing health information services to citizens. Method: Two librarians checked the contents of 272 books and 89 kinds of pamphlets against several categories of citizens’ health problems that had been extracted in a previous study based on consultation records. When a book or pamphlet contained a description falling under the category of health problems, it was awarded one point. Results: The books scored a total of 376 points, and the pamphlets scored a total of 89 points. The category with the highest number of points was “Specific Illnesses,” with 157 points for the books and 89 points for the pamphlets. The breakdown of “Specific Illnesses” showed that books on “Other Illnesses” scored 55 points (35.0%), while pamphlets on “Lifestyle Diseases” scored 29 points (32.6%). Conclusion: This study illustrated the importance of collecting materials from the viewpoint of citizens’ health problems. Since a gap between the collected materials and the needs of citizens was identified, materials should be collected to narrow this gap. The collection of pamphlets, the arrangement of materials, and the development of tools for accessing information on specific health problems were identified as issues requiring further attention so that nurses may be able to utilize information and materials effectively.
本文の種類: author
引用情報: 医学図書館 53(2):156-160(2006)
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/2444
出現コレクション:聖路加健康ナビスポット:るかなび

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
医学図書館53(2)156:るかなび原稿.pdf218.28 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください