DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
21世紀COEプログラム >

日本型遺伝看護 : [15]

コレクションのホームページ

 
 
一覧する 
このコレクションの新着情報をメールで受け取る
遺伝看護の創生
日本における遺伝看護の実践能力

  ヒトゲノムプロジェクトは,少数の限られた人々の問題としての「遺伝」からすべての人々に関わる「遺伝」へとパラダイムの転換をもたらした。科学技術の進歩の中で,生まれる前に子どもの状態を知ること,発病するまえにその遺伝子の存在を知ることが,どのような意味をその人の人生の中でもつのか十分に検討されないままに科学技術のみが先行したことは否めません。 検査や治療の選択を迫られている人々の苦悩に付き添い,人生の決定を支援する,医療の中での「CURE」とは異なる「CARE」が,今遺伝医療に求められています。 すでに海外では,遺伝カウンセラー,遺伝看護師は存在し,各国の医療事情に合わせた活動を展開しています。日本の歴史と文化を考慮した「日本型遺伝医療」が構築は必須といえましょう。 われわれは「遺伝看護の実践能力を育成する教育モデルの開発と評価」の研究に取り組み(科学研究費基盤A)わが国で始めて、遺伝看護の実践能力明らかにしました。

遺伝看護の教育モデルの開発

  上記の内容にそって、看護職やにむけた「教育プログラム」を開発し評価まで行いました。 今後、このようなプログラム(まずは周産期遺伝相談)をネット上で提供していく計画です。 このような活動は、海外の学会 ISONG(国際遺伝看護学会)で高い評価を得ております。

遺伝医療に関連した意思決定を支えるケアの開発

  市民の方が遺伝医療を受ける際に、検査を受けるべきか等の選択に悩まれたときに貢献する意思決定のガイドをオタワヘルスリサーチセンターとのネットワークを結び、現在作成中です。

遺伝看護の普及:研究と社会的活動の融合
遺伝看護研究会の活動の拠点


  本学は, 遺伝看護研究会の立ち上げより事務局としての機能を果たしてきました。 本研究会は,1999年に発足し,現在会員数160名に上る。本学は,定期的に行われる事例検討会や本会役員会の会場として,さらにHPの情報発信地の役割を果たしています。

新しい「遺伝」教育:いのちを守る視点にたった「遺伝」を市民とともに考える
新しい「いのちの教育」の展開へ


  これまで、小学生に「いのちの誕生」の教育をいのちの連続性やいのちは唯一無二であることについて,統合的に伝えていくことの重要性を実感しております。このような活動を紹介し、「遺伝」についての理解がいのちの教育の基盤となることは言うまでもなく、今後このような問題は医療者のみでなく市民と共に考えて生きたいと計画しております。

看護ネットで公開中の日本型遺伝看護のページはこちらです。

SLCN@rchiveに登録されている研究成果は、著作権者からの許諾を得て、掲載・公開しています。著作権法を遵守してご利用ください。

検索結果表示: 1 - 15 / 15
タイトル
A Comparison of Reproductive Health Knowledge Between Malawi and Japanese Women.
Nasoro, Ethel fortunate; Arimori, Naoko; Mori, Akiko; Horiuchi, Shigeko
聖路加看護大学紀要. (28) :106-115 (2002-03-01)
JICAブラジル母子保健プロジェクトとの協働:母性看護・助産学研究室における国際協力
堀内, 成子; 有森, 直子; 片桐, 麻州美; 岡村, 晴子; 桃井, 雅子; 森, 明子; 三橋, 恭子; 毛利, 多恵子
聖路加看護大学紀要. (27) :26-34 (2001-03-01)
オタワ個人意思決定ガイド
Annette, O’Connor
(2004-04)
不妊治療における看護者の役割機能を構成する因子
森, 明子; 有森, 直子; 村本, 淳子
母性衛生. 43 (4) :591-598 (2002)
出生前の遺伝的リスクアセスメント 医療者向けガイドブック
Elizabeth, A.Balkite; Stiriling, M.Puck
(2004-10)
出産に関する妊産婦の自己決定
有森, 直子
日本看護科学会誌. 19 (2) :33-41 (1999-07)
助産教育の新しい潮流:ICM25回大会の参加を通して
片岡, 弥恵子; 三橋, 恭子; 有森, 直子; 片桐, 麻州美
聖路加看護大学紀要. (26) :81-85 (2000-03-01)
「意思決定」を科学する 第3回国際共同意思決定学術会議に参加して
有森, 直子; 辻, 恵子; 亀井智子
ナーシング・トゥデイ. 20 (10) :68-69 (2005)
持続的胎児心拍モニタリング法と間歇的聴診法の比較研究
葉久, 真理; 跡上, 富美; 有森, 直子
日本助産学会誌. 9 (1) :11-22 (1995-12)
教員によるカリキュラム評価
川越, 博美; 有森, 直子; 射場, 典子; 酒井, 禎子; 小谷野, 康子; 岩井, 郁子; 木村, 登紀子; 熊田, 衛
聖路加看護大学紀要. (27) :87-97 (2001-03-01)
看護への役割期待
有森, 直子
:24-30 (2002-02)
看護職に必要な遺伝看護実践能力 遺伝医療にかかわる看護職の聞き取り調査から
中込, さと子; 有森, 直子; 溝口, 満子; 安藤, 広子; 守田, 美奈子; 森, 明子; 堀内, 成子
Quality Nursing. 8 (3) :237-245 (2002-03)
遺伝カウンセリング 看護職の立場から
有森, 直子; 田中, 悦子; 藤村, 聡; 藤田, 潤; 福井, 次矢
JIM. 11 (8) :765-767 (2001/08)
遺伝学と保健医療
有森, 直子
:47-56 (2001-11)
遺伝看護の可能性 遺伝医療における看護の役割 周産期領域から小児領域を中心に
有森, 直子; 中込, さと子; 大山, 愛子
看護. 52 (15) :88-91 (2000-12)

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください