DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
17号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/236

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 支援を要する後期高齢者と家族への対応:継続訪問を通して
タイトル別表記: Visiting Nursing Service for Care Givers and Persons Aged 75 and Over Who Require Assistance -A Visiting Follow-up survey -
著者: 飯田, 澄美子
村嶋, 幸代
石井, 享子
花沢, 和枝
松下, 和子
藤井, 眞弓
佐貫, 淳子
桜井, 尚子
長田, 千絵
キーワード: Care-Giver
Person Aged 75 and Over
Visiting Nursing
家族関係
介護者
継続訪問
後期高齢者
在宅ケア
訪問看護
the aged 75 years old over
home-care
family relation
visiting follow-up survey
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 17
開始ページ: 50
終了ページ: 61
発行年月日: 1991年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  第二次調査で要継続訪問として判断された事例を、一定の基準をもうけ、T区、M市でそれぞれ選定した。T区、M市それぞれ一定期間に訪問を行い、以下の結果が明らかになった。1.継続家庭訪問者は、T区では29名(第二次調査者の14.1%)、M市では41名(同37.6%)であった。老人の年齢は、両地区とも80~84歳代が多い。すでに分類した老人のタイプ別をみると、T区は、「ぼけとねたきり」と「ぼけ」老人が多く、M市は、「ねたりおきたり」と「ねたきり」の老人が多かった。2.介護者の年齢は、30代から80代にわたり50~60代が多い。介護者で疾病をもち、治療をしているものはT区では11名(37.9%)であるが、M市は、わずか3名(7.3%)であった。3.家族の介護力、介護条件で、T区とM市の差のあるものをみると、T区は、介護者に仕事をもつものが多く、時間的余裕のない人が多い。また、社会資源の活用、福祉サービスをみると、M市は90%のものが4~6種類のサービスをうけているが、T区は約30%のものがうけていない。受けていても、1~2種類の人が約30%みられる。4.家庭訪問による看護内容をみると、T区とM市の差のあるものとして、疾病にともなう観察及び指導、基本的生活行動に関する介護技術、家族間の健康についての相談、助言、支え(はげまし)、医師への情報提供や、相談の仕方の指導がT区に多い。M市は社会資源の導入に関する助言、連絡が多い。5.他職種との連携は、M市がT区に比して多く、医師、看護婦、PT、ケースワーカー、ヘルパー、ボランティアにわたっている。6.訪問看護の結果、問題解決別にみると、当面の問題が解決したものは、M市に多くなっている。
抄録別表記: The second stage investigation taking place in T Ward and M City had, based on certain criteria, identified cases requiring a regular supply of visiting nursing services.A visiting follow-up survey of these cases was taken in both communities for a certain period of time.The findings are as follows:1.The number of the aged requiring visiting nursing service was 29(14.1% of the surveyed) in T Ward and 41(37.6%)in M City.Though most of them were those aged 80 through 84 years in both communities, some differences in impairment levels were observed:while most of them in T Ward fell into the two categories of "dementia and bedridden" or "dementia", in M City most fell into the "bedridden" or "bedrest and dependency but sitting up in bed" categories.2.The age of family caregivers spread from 30 to 80 years and over, and among them, numerous caregivers were in the bracket of 50 to 70 years.Of caregivers in T Ward, eleven people(37.9%) were suffering from some kind of disease and under medical treatment, while the number of caregivers under medical treatment in M City was only three(7.3%).3.As for a family's capacity and circumstances for giving care, there were some differences between T Ward and M City.For example, the number of caregivers holding a job was bigger in M City than in T Ward.Holding a job naturally prevented caregivers from providing the aged with sufficient care.However, concerning the use of social resources and welfare services, it was found that 90% of the surveyed in M City made use of four to six kinds of social service while 70% of the surveyed in T Ward made use of social services, and 30% of them used only one or two kinds of social services.4.Specific services provided by visiting nurses differed in each community. T Ward: a)ovservation and guidance relating to diseases b)teaching family members how to help the aged cope with the day to day problems of living c)counseling for the family members' health problems, and giving advice and support(psychological) d)helping the caregivers furnish accurate information to the physician M City: a)encouraging utilization of social resources b)refering the caregivers to specific social services5.Mobilization of the broader social network, including closer cooperation with welfare personnel, physicians, nurses, PT case-workers, helpers, abd volunteers, was more active in M City than in T Ward.6.Visiting nursing services had brought about more favorable results in M City than in T Ward:visiting nurses' involvement could contribute to the solution of immediate problems more than in M city than in T Ward, while more problems remaining unchanged or sometimes worsened were observed in T Ward than in M City.
参考文献: 島内節他:家族を単位とした分析視点と支援技術:保健婦雑誌, Vol.40, No.12, P.11-54, 1984.
大阪府, 他:在宅痴呆性老人介護の実態, 大阪府 58, 1987
高崎絹子他:在宅障害老人, 家族への看護援助の評価, 保健婦雑誌, Vol.45, No.5, P.55-61, 1989.
岡堂哲雄編集:(家族心理学6)家族心理学の理論と実際, 金子書房, 1988.
家族心理学年報③:家族カウンセリングの実際, 金子書房, 1985.
野嶋佐由美:家族への援助-家族療法を中心にして-, 保健婦雑誌, Vol.46, No.7, 1990.
野嶋佐由美:家族看護学への展望:看護研究, Vol.22, No.5, P.2-9, 1989.
木下由美子:家族を単位とした看護の展開-訪問看護の現場から- 看護, Vol.37, No.14, P.12-21, 1985.
木佐貫悦子, 島内節:ねたきり老人の在宅ケア優先度判定およびケアの評価, 保健婦雑誌, Vol.39, No.12, 1013-1025. 1983.
島内節:在宅ケアと家族の支援, 保健の科学, Vol.31, No.8, P.503-507, 1989.
南足柄市保健活動資料集:保健活動10年のあゆみ, 南足柄市保健センター, 1988.
中央区高齢者福祉対策審議会:中央区における高齢者福祉対策の基本的あり方並びに高齢者福祉に関する主要課題について, 中央区厚生部老人福祉課, 1987.
大國美智子:家族よりみたケアの問題点, 老年期痴呆, Vol.2, No.1, 1988.
大國美智子:疾病・障害をもつ老人の家族ケア-公衆衛生学の立場から-, 老年社会科学, 3.24-35, 1981.
中島紀恵子他:ぼけ老人の介護者のBurn-outに関する一考察, 老年期の痴呆の原因, 病態, 治療に関する総合的研究, 昭和60年研究報告書, P.225-235, 1986.
中島紀恵子:老年期痴呆患者のケアをめぐる諸問題, 老年期痴呆, Vol.1, No.1, P.85-93, 1987.
Hougeni, P.K.:Behavior of Patients with Dementia, Norway. The Norwegian Institute of Gerontology 32 (suppl.1), 1985.
Winograd, Carl Hunter MD.et al.:Physician Management of the Demented Patient. The Journal of American Geriatrics Society. Vol.34, No.4, 1986.
Shamoian, C.:Treatment Policies on Ambulatory Demented Patient within the Community Care System. Annual Report of Sasakawa Health Science Foundation, Vol.3, No.2, P.57-63, 1987.
鎌田ケイ子:看護婦よりみた在宅ケアの問題, 老年期痴呆, Vol.2, No.1, P.79-84,1988.
大塚俊男:痴呆老人のケアの将来, Vol.3, No.2, P.79-82, 笹川医学研究財団研究業績年報1987.
季羽倭文子:訪問看護の評価とQuality Assurance 看護MOOK No.34, P.119-124, 1990.
松野かほる:厚生行政科学研究の概要, 看護MOOK No.34, P.164-169, 1990.
林 好一他:老人保健事業の評価, 日本公衛誌, Vol.37, No.2, P.73-81, 1989.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/236
出現コレクション:17号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163435000476005.pdf931.68 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください