DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
17号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/229

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: Fuzzy多目的意志決定によるケアつき高齢者住宅の選定
タイトル別表記: Fuzzy Decision Making for Retirement Care Facilities.
著者: 寺尾, 満
キーワード: ケアつき高齢者住宅
ファジーアウトランキング
ファジー論
意志決定
在宅ケアシステム
主観の尺度化
decision making
fuzzy inference
ewtirement care facilities
visiting care system
fuzzy outranking
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 17
開始ページ: 40
終了ページ: 49
発行年月日: 1991年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  意志決定をその手法から分類すると、終始、客観データだけでまとめられるものと、どこかに主観が入るものとに分れる。前者の代表は数理計画法で、一意的に最適解がきまり、看護の管理などへの応用が期待される。 ここでとりあげるのは後者で、そこに主観が入るために問題が複雑であいまいになり、決定的な意思決定手法はない。ここでは、前報に引き続いてケアつき高齢者住宅の選定問題を例にして、いろいろな手法の適用を検討する。それを通して、ある評定者の決定が個々の要素に対する評価をどのように結合しているかを探りたい。まず4箇のクライテリアの重みを前報で示したAHPできめたあと、それぞれのクライテリアのもとでの代替案の評価を、一つのfuzzy setとして取扱いfuzzy decisionの手法でそれを処理する。 まず、評価値をメンバーシップ値としてその共通集合を最大化するmax・min基準、和集合を最大化するmax・max基準での評価を試みる。次に、maxとminでは中間の評価が無視されるのを防ぐために、評価値の積と確率和を両極にして補償効果を調整しようとするZimmermanの提案による評価を検討する。さらにDampsterとSchaferの確率論理を適用した上限期待値と下限期待値による評価、Royのoutrankingの手法による代替案の順序づけをした。 最後に不確実性を考慮して悲観的、楽観的、両者を折衷したHurwitz基準、さらに最大機会損失最小基準で評定をし、この評定者の最終結果を導いた。
抄録別表記: The methodology of decision making can be divided into two categories:one consists of purely objective data;another contains human subjectivity at the beginning or on the way of procedures.A typical example of the former is mathematical programming which can be adequately used for nursing research and/or management problems.In this paper, the author investigates the latter type of decision making in which complicated subjectivity makes the alternative solution difficult and as a result we still do not have any definite way. As succeeding research of the former paper, the author presents case studies concerning alternative solutions for retirement care facilities applying various ways of fuzzy decision making.The author's main aim is to investigate the latent connectives of subjective judgements in human decision. First, we estimate a scale of importance of each of the objectives, economy, health care, daily activities and amenity, including independency, using the Analytic Hierarchy Process.Secondly, we evaluate six alternatives, including a visiting care system and five retirement facilities with unequally weighted objectives.Then four objectives are expressed as fuzzy subsets of the alternatives. The results of max/min and max/max approaches do not satisfy the decision maker's intuition due to their non-interactive nature with membership functions.Then we experimented with a methodology based on the work of Zimmerman for compensation between intersection and union of fuzzy sets.Further, we tried the fuzzy outranking suggested by Roy and the methodology using the degree of belief and plausibility developed by Dampstar and Schafer. Finally, we made comparisons between visiting care and care facilities under some future uncertainty.In conclusion, final decision was made through aggregation of all the results.
参考文献: 寺尾 満:ケアつき高齢者住宅の選定支援システム, 聖路加看護大学紀要 V16, 24-33 (1990)
Simon, H.:意思決定の科学, 1978(倉井・稲葉訳), 産業能率大学出版部
杉 正孝:意思決定, 看護MOOK No.18, 51-55 (1986)
Dreyfus, H.:Mind over Machine, 1986.椋田:純粋人工知能批判, 282/290, アスキー
Gass, S.:Linear Programming, 1975.小山:線型計画法, 好学社.
Brown, R.:決定分析, 1977(藤田他訳), 産業能率大学出版部
渡辺 慧:知るということ, 10-13, 東京大学出版会 1988
Miller, G.:The Magical Number Seven, Plus or Minus Two, The Psychological Review, 63, 81-97 (1956)
Bellman, R., Zadeh, L.:Decision-Making in a Fuzzy Environment, Management Sci. 17, 141/164 (1970)
Zimmerman, H.:Latent Connectives in Human Decision Making, Fuzzy Sets and Systems 4.37/51 (1980)
Yager, R.:Fuzzy Decision Making Including Unequal Objectives, Fuzzy Sets and Systems 1. 87-95(1978)
寺野寿郎他:応用ファジイシステム入門, 233/237, オーム社 (1989)
Schafer, G.:A Mathematical Theory of Evidence, Princeton Univ. Press (1976)
西田俊夫:おはなしファジイ, 173/189, 日本規格協会 (1990)
市川惇信:意思決定論, 52/56, 共立出版 (1983)
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/229
出現コレクション:17号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163435000476004.pdf854.35 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください