DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
16号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/217

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 産褥早期における睡眠の主観的評価:妊娠期からの変化の追跡
タイトル別表記: Subjective Estimation of Sleep Patterns During Postpartum Period Compared with Pregnancy Periods.
著者: 堀内, 成子
近藤, 潤子
小山, 真理子
木戸, ひとみ
大久保, 功子
高木, 廣文
岩澤, 和子
キーワード: 産褥
睡眠
睡眠パターン
睡眠の主観的評価
妊娠
pregnancy
postpartum period
sleep
sleep pattern
subjective sleep estimation
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 16
開始ページ: 49
終了ページ: 59
発行年月日: 1990年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  本研究は、産褥早期における褥婦の睡眠の主観的評価を調べ、その変化の様相を妊娠期の結果に加えて産褥期までを通して追跡し、考察することを目的に行った。 調査票は「入眠および睡眠中の関連因子群」、「起床時の関連因子群」、「睡眠全体の満足度」、「睡眠に関する影響因子」を含めて構成し、86例の褥婦から有効回答を得た。本研究と比較する妊娠期の睡眠の調査は、同一の因子を用いて我々がすでに行った、289例の研究結果を用いた。 その結果、産褥期の睡眠の主観的評価は、「入眠及び睡眠中の関連因子群」としては、「寝つき」・「深さ」の点では半数以上が「よい」あるいは「深い」と回答しているが、「時間の長さ」の点では「不足」が半数を占めていた。「起床時の関連因子群」としては、「寝起き」はよいが、「起床時の気分」として「眠気が残る」「疲れが残る」がそれぞれ約90%の褥婦に感じられていた。その結果、「睡眠全体の満足度」は過半数が「不満足」に傾いていた。 途中覚醒の理由は、妊娠期に多かった女性自身の内因性理由から、産褥期には新生児の授乳や世話という特定の外因性理由へと変化していた。同時に、途中覚醒の感情として、産褥期ではほとんどが「しかたがない」と考え、睡眠変化の予測もしており、覚醒の必然性を認識していた。
抄録別表記: The purpose of this study was to investigate women's subjective estimation of sleep during the early postpartum period and also to detect the changes in sleep patterns during pergnancy and the postpartum period. The questionnaire consisted of three major categories.Namely, "Factors related to falling asleep and during sleep, ""Factors related to awaking feeling, "and "Satisfaction resulting from sleep" were developed.Eighty-six cases answered out of 100 postpartum women. The results were compared with a previous study of 289 pregnant cases. In terms of "influencing factors during falling asleep, "about half of the subjects complained of a shortage of sleep hours even though more than half of the subjects answered that "falling asleep" was "good" and "depth" was "deep." Approximately 90 percent of the postpartum women answered "still sleepy" and "tired feeling, "although feeling was good on awaking. As a whole, more than half of the subjects expressed feelings of dissatisfaction about their sleep. The cause of awaking was shifted from the women's physical factors to factors related to caring for the neonate. Most of the women during the postpartum period had accepted the sleep change and the necessity of awaking and therefore expressed their awakened feeling as "no choice."
参考文献: 鳥居鎮夫:行動としての睡眠, 188-206, 青土社, 1985.
新福尚武:睡眠と人間, 105-167, 日本放送出版社, 1982.
Meddis, Ray:The Sleep Instinct, 1977, 井上昌次郎訳, 睡眠革命, 157-188. 1985.
堀内成子, ほか, 妊娠期における睡眠の主観的評価に関する研究, 日本助産学会誌, 2, (1),42-53, 1988.
厚生の指標, 国民衛生の動向, 昭和63年, 35(9), 49, 厚生統計協会, 1988.
小栗貢, 白川修一郎, 阿住一雄:睡眠感調査の統計的解析, 臨床精神医学, 11, 63-73, 1982.
Karacan, I., Williams, R.L.et al.:Some Implications of the Sleep Patterns f Pregnancy for Postpartum Emotional Disturbance, British Journal of Psychiatry, 115, 929-935, 1969.
Petre-Quadens, O., De Barsy, A.M.et al.:Sleep in Pregnancy, Evidence of Foetal Sleep Characteristics.J.Neurol.Sci.4., 600-605, 1967.
Karacan, I., Heine, W., et al.:Characteristics of Sleep Patterns during Late Pregnancy and the Postpartum Periods.Amer.J.Obstet.Gyn., 101, 579-586, 1968.
Rubin, R.:Maternal Identity and the Maternal Experience, Springer Publishing Co., 86-99, 1984.
丸山知子, ほか, 産褥期の母親の意識に関する調査研究第1報 母親の心配および関心事項についての検討, 母性衛生, 27, 4, 711-719, 1986.
Kennedy, J.c.:The High-Risk Maternal-Infant Acquaintance Process, Nurs. Clin. North Am. 8,3, 549-556, 1973.
Errante, J.,:Sleep Deprivation or Postpartum Blue? Top Clin. Nurs. 6:4, 9-18, 1985.
Killien, M.D. Lentz, M.J.:Sleeping Patterns and Adequacy During Postpartum, Communicating Nursing Research, 18, 56, 1985.
Zung, W.W.K., et.al.:Response to Auditory Stimulation During Sleep, Archives of General Psychiatry, 4, 548-552, 1961.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/217
出現コレクション:16号
2.学術論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163425000044004.pdf899.28 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください