DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
16号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/216

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 日本における老人医療の問題点とその対策
タイトル別表記: Approaches to Health Care of the Elderly People in Japan.
著者: 日野原, 重明
キーワード: 人口の老齢化
痴呆老人
日本人の死因
老人の受療率
老人医療費
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 16
開始ページ: 1
終了ページ: 23
発行年月日: 1990年3月1日
ISSN: 02892863
抄録: 日本の人口は現在、急速に高齢化しつつあり、遠からず日本は世界の文化国家の中で最も老人人口の多い国となる。将来、予想される日本人の死因の変化、日本の老人の受療率、増してくる痴呆老人の実態、日本の医療費の割合などを米国の実態と比較検討した。最後に日本の老人問題への対応について私見を述べた。
抄録別表記: Until the end of World War II in 1945,Japan was considered to be one of the most civilized nations in ithe Orient, as there were strong interests and concerns toward public health among private and public sectors alike. The reality , however was somewhat different. Tuberculosis and other acute infectious diseases ranked high among the causes of deaths, and infant morrality rate was also considerably high. The average life expectancy, therefore , was less than 50 years in 1935 (46.92 for males and 49.6 for females).
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/216
出現コレクション:16号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163425000044001.pdf1.87 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください