DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
15号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/214

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 聖路加看護大学の学生の「5月病」とsocial support networkの実態について
Other Titles: "May Syndrome" and Social Support Network of St. Luke's Students Compared with Other Nursing Students.
Authors: 古庄, しおり
南, 裕子
Keywords: 5月病
ソーシャルサポート
ソーシャルネットワーク
看護系大学学生
青年期の同一性
college students of mursing
May syndrome
social support
social network
adolescent identity
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 15
Start page: 69
End page: 77
Issue Date: 1-Mar-1989
ISSN: 02892863
Abstract:  本研究では、聖路加看護大学学生の「5月病」とsocial support networkの実態を明らかにし、他の看護系大学生と比較することを目標とした。「5月病」はジャーナリズムの造語であるが、主として大学新入生が示す急性の同一性拡散状態で、大学入学によるコンパニオンシップや友人関係の変化が引きがねとなっているといわれている。本研究の概念枠組みとして、E.H.Eriksonの自我同一性理論とR.L.Kahnのsocial support network理論を用いた。 「5月病」は5~6月にかけてと、9~10月におこりやすいことから、調査は6月時、9月時の2回にわたって質問紙調査を行った。質問紙として、鳴沢の「5月病」尺度と南の「甘えネットワーク質問紙」を用いた。回答は無記名で、聖路加看護大学(以後本学)を含む関東近郊の大学は回収箱で、地方の大学は個人別に郵送で回収した。 対象者数は6月時が320名、9月時が227名で、このうち当大学生が、それぞれ78名、57名だった。 結果は次の通りである。1.本学学生の「5月病」得点は、1年生の6月<9月<2年生の9月<6月の順で高くなっていたが、有意な差ではなかった。2.本学学生のsocial support networkのサイズは、1年生の6月>9月>2年生の6月>9月の順で小さくなっていた。またsocial supportもサイズと同じように小さくなっていた。3.本学学生の「5月病」得点は、6月時は地方のF大学の次に、9月時は関東近郊のC大学を地方のF大学の次に高い傾向がみられた。4.本学学生のsocial support networkの得点は6月、9月時とも6大学のうちで2番めに高く、B大学より得点が高くC大学より低かった。 これらの結果を青年後期の発達課題と看護系大学教育カリキュラムの視点から考察した。
Abstract-Alternative: The name of "May Syndrome" was created by journalists, addressing the particular type of emotional and mental responses of newly entered university students. The goal of this study are;a)to find the actual state of "May Syndrome" and the social support system over the time among students at St.Luke's College of Nursing(St.Luke), and b)to compare the result with that of students in other 5 nursing universities/colleges. The conceptual framework used in this study was theoretical integration of ego identity by E.H.Erikson and the concept of convoy by R.L.Kahn. A set of the self-filling questionnaires including the May Syndrome scale and Amae Network Questionnaire were distributed to the first and second year students in 6 schools twice in June and September. 320 students(72.3%) in June and 227 students(54.6%) in September responded including 78 and 57 students respectively at St.Luke's. The study shows that the May syndorome reached the peak in June in the second year of St.Luke's students and the score in June was the second highest and that in September was the third compared with other schools. Concerning social support, it was found that the size and quantity of social support was shrunk and gradually the students tended to lean more on family relationship rather than expanding friendship relationship for a long time. The educational and professional implications of this study were discussed.
Bibliography: 小林 司:5月病, 青年心理, (4), 1986, p55-57.
笠原 嘉:「5月病」のアウトライン, 教育と医学, 25(5), 1977, p378-383.
安藤延男:大学生, 教育と医学, 25(5), 1977, p.23-29.
江尻美穂子・高橋昭子:津田塾大学新入生の抑鬱症状検査, 津田塾大学紀要, 18, 1986, p111-142.
速水 修・中込四郎:学生生活の満足状態と精神的健康状態について, 北海道教育大学紀要, 33(3), 1983.
Cohen, Sheldon and Hoberman, Harry.M:Positive Events And Social Support As Buffers of Life Change Stress, Journal of Applied Social Psychology, 13(2), 1983, p.99-125.
Rook, Karen, S:Social Support Versus Companionship Effects On Life Stress, Loneliness, And Evaluations By Others-, Journal of Personality And Social Psychology, 52(6), 1987.p.1132-1147.
北條かおる:看護大学生の意欲実態とそれに関連する要因の検討, 第17回日本看護学会集録, 日本看護協会, 1986, P.199-201.
古庄しおり:看護系大学生の5月病とsocial support networkに関する実態調査, 昭和62年度, 聖路加看護大学大学院修士論文.
Erikson.Erik. H.:Psychological Issues Identity And The Life Cycle, 1959, 小此木啓吾訳, 自我同一性, 誠信書房1973.
Kahn, R.L. and Antonucci, T.C.:Convoys over the life course; Attachment roles and Social Support, P.B.Baltes and O.B rim(Eds.):Life-span development and behavior, New York: Academic Press, 1980, p.253-286.
鳴沢 実:受験解放症状群(通称「5月病」)の研究, 序論, 東京都立大学学生相談室レポート, 第9号, 1981, p.59-78.
南 裕子:甘えネットワーク質問紙の作成と検定-その3-, 看護研究, 20(3), 1987, p.36-53.
返田 健:青年期の心理, 教育出版, 1986, p.131.
高橋恵子:依存性の発達的研究, 教育心理学研究, 16(1), 1968, p.7-16.
URI: http://hdl.handle.net/10285/214
Appears in Collections:15号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19990806163410000870007.pdf666.2 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback