DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
15号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/208

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 後期高齢者の健康状態と介護状況:都市と都市近郊の比較
タイトル別表記: Health Conditions and Home-Cares of the Aged with 75 Years and Over - Regional Differences Between Urban and Suburban areas -
著者: 村嶋, 幸代
飯田, 澄美子
石井, 享子
藤田, 朗子
松下, 和子
渡辺, 裕美
キーワード: 介護問題
健康状態
後期高齢者
在宅ケアー
地域差
the age with 75 years and over
health conditions
home-care
problems on care giving
regional differences
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 15
開始ページ: 28
終了ページ: 43
発行年月日: 1989年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  後期高齢者の健康状態、介護状況と問題点とを明らかにし、今後必要な援助を考える目的で、老人対策、家族形態の異なる2地域-都市と都市近郊-の75歳以上の老人に対し、調査を行った。都市は都心のT区、都市近郊は神奈川県M市である。 その結果、以下の知見を得た。 1)回収率は両地域共80%を越え、T区は3, 294人、M市は1, 108人から回答を得た。 2)現在の健康状態のうち、「ねたきり(寝たきり+寝ていることがほとんど)」は、T区10.9%、M市7.9%とM市の方が有意に少なかった。また、日常生活で手助けを必要とする人の率も、褥瘡発生率もM市の方が少なかった。 3)20コの精神症状のうち11コ以上有する人は両地域共約2%ずつ存在していた。 4)暮らしている場所についてみると、M市では94%が自宅または他の家で過ごしているが、T区はそれが89%と少く、入院、入所が多い。  健康度別の在宅率は両地域共「ねたきり」で低下したが、特にT区での低下が著しく、都心の諸問題が反映していると考えた。  介護者は、M市は嫁が中心となるが、T区では、娘、嫁、配偶者、息子が負担していた。 5)受けているサービスは、M市は一時入所、T区はホームヘルパーが各々有意に多く、各地域の行政施策が反映していた。 6)介護上の訴えは、老人の健康レベルの低下に伴い増えていた。老人の精神症状が増加すると、生活が振りまわされるとの訴えが増える。また、都心のT区では出費が重むとの訴えが多かった。 以上の分析を通して、都心のT区、都市近郊のM市の後期高齢者の健康状態、在宅率、利用しているサービス、介護者やその問題等には、両地域の施策と家族機能の違いが反映していることが示された。また、両地域共、痴呆老人対策が急務だと指摘された。
抄録別表記: We Studied health conditions, home cares and problems of the aged with 75 years and over in an urban area of Tokyo(T ward) and a suburban area of Kanagawa prefecture(M City). Both areas are different with regard to governmental policies for the aged and traditional family functions. The findings are as follows:1.The respnse rate to the inquiry was over 80% in both areas. The numbers of effective responses were 3294 in T ward and 1108 in M city.2.The rate of the "bed ridden(both completely and almost completely bed-ridden)" among the aged people is 10.9% in T ward and 7.9% in M city. All of the rates of bed-ridden peopl, cases with bedsore and aged who need help are less in M city than in T ward.3.While 94% of the aged in M city live in their own home, in T ward only 89% of them live in home and the rest stay in hospitals and nursing homes. That tendency is remarkable especially in the case of the bed-ridden people. More people in T ward complain about the high living cost than those in M city.4.Most care givers in M city are daughters-in-law. But in T ward other family members than daughters-in-law, such as daughters, spouses and sons, take care of the aged.5.The extent of services which the aged accept depends on the policies of each local government. Through these results the followings are suggested; Health conditions, rate of remaining at home, availability of care-givers and public care-giving services of the aged reflect the difference of the governmental policies and traditional family functions between two areas studied.
参考文献: 痴呆性老人対策推進本部事務局:これからの痴呆性老人対策, 4-5, 1988, 6.
東京都社会福祉審議会:東京都におけるこれからの社会福祉の総合的な展開について(答申), 17-32, 東社協, 1986.
望月弘子:訪問看護事業における協同体制のすすめ方, 生活教育, 29(1), 57-66, 1985.
日野原重明他:中央区老人実態意向調査(昭和60年度), 聖路加看護大学紀要, Vol.12, 35-60, 1987.
中央区:中央区老人実態・意向調査報告書, 1986, 3.
中央区高齢者福祉対策審議会:中央区における高齢者福祉対策の基本的あり方並びに高齢者福祉に関する主要課題について(最終報告), 1987, 12.
飯田澄美子他:南足柄市における老人に関する研究(第1報)-65歳以上の老人の生活の実態-, 保健婦雑誌, 30(3), 245-252, 1974
飯田澄美子他:南足柄市における老人に関する研究(第2報)-老人の援助過程に関する研究-, 保健婦雑誌, 30(5), 375-380, 1974
飯田澄美子他:南足柄市における老人に関する研究(第3報)-65歳以上の老人の事例-, 保健婦雑誌, 30(8), 551-562, 1974.
東京都福祉局総務部調査課:昭和60年度老人の生活実態, 68-69, 250, 東京都, 1985.
宮城重二他:沖縄の一農村における在宅ねたきり老人の出現率について, 日公衛誌, 31(8), 367-371, 1984.
奥山正司:大都市における老親とその子供にみる同別居意向, 社会老年学, 26, 32-42, 1987.
宮城重二:在宅ねたきり老人の心身に影響を及ぼす家族関係について, 保健婦雑誌, 40(11), 927-933, 1984.
Iles, W.M.et al.:Correlates of care giving satisfaction-prerequisites to elder home care, Res.in Nursing & Health, 6, 61-67, 1983.
小沢温他:脳卒中後遺症患者の生活変容と保健所における機能訓練事業の役割に関する研究, 日公衛誌, 34(10), 673-679, 1987.
Nielsen, J.:Geronto-psychiatric period prevalence investigation in a geographycally delimited population, Acta psychiat.scand., 38, 307-317, 1963.
Kay, D.W.K.:Old age mental disorders in Newcastle upon Tyne, Brit.J.Psychiat. 110, 140-158, 1964.
長谷川和夫他:地域老人における老年期痴呆の疫学的研究, 老年精神医学, 1, 94-105, 1984.
柄澤昭秀:老人のぼけの臨床, 4-5, 93-94, 医学書院, 1981.
大國美智子他:在宅痴呆老人の実態調査, 日公衛誌, 28(9), 433-441, 1981.
大井玄他:ボケ老人の異常精神症状発現率, 日公衛誌, 31(10), 569-571, 1984.
森岡清美:家族の変動, 家族社会学, 205-228, 東大出版会, 1972.
労働省婦人少年局編:婦人労働の構造的変化, 婦人労働の実情, 52-79, 大蔵省, 1987.
全国社会福祉協議会:在宅福祉サービスの概念と構成要素, 在宅福祉サービスの戦略, 14-55, 全社協, 1979.
中村優一:在宅福祉の今日的意義, 在宅福祉への指標, 7-11, 東社協, 1985.
Knafl, K.A.et al.:How families manage chronic conditions, an analysis of the concept at normalization, Res. In Nurs. & Health, 9, 215-222, 1986.
中央区:区報「中央」, No.547, 1988.10.
大原啓志:在宅病臥老人の介護の実態と需要評価(3)-家庭奉仕員の活動について-, 保健婦雑誌, 41(2), 116-120, 1985.
鎌田ケイ子:在宅ねたきり老人の療養過程における諸問題, 社会老年学, No.17, 97-107, 1983.
山岡和枝:在宅ねたきり老人介護負担評価尺度, 日公衛誌, 34(5), 215-224, 1987.
Peter V.R.et al.:The impact of dementia on the family, JAMA, 248(3), 333-335, 1982.
Bergmann, K.et al.:Management of the demented elderly patient in the community, Br.J.of Psychiatry, 132, 441-449, 1978.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/208
出現コレクション:15号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163410000870004.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください