DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
15号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/205

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 更年期婦人の不定愁訴と閉経の受容に関する調査研究 その1
タイトル別表記: On the Relationship Between the Acceptance of Menopause and Mental-Physical Complaints of Menopausal Women.
著者: 大川, 章子
近藤, 潤子
堀内, 成子
内藤, 和子
木戸, ひとみ
岩澤, 和子
山本, あい子
キーワード: 更年期
女性
中年期
不定愁訴
閉経
woman
climacteric
complains
middle age
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 15
開始ページ: 44
終了ページ: 55
発行年月日: 1989年3月1日
ISSN: 02892863
抄録:  都市に在住する35歳から60歳の女性が、更年期を身体的心理的にどのように体験し、日常生活上どの程度の支障を感じているのかを明らかにするために、質問紙郵送法による調査を行った。閉経前、中、後の各時期にある304名の女性について分析した結果、閉経時の年齢は50.7歳であった。多くの女性が閉経を肯定的に受けとめていた。閉経前群は、後群より、「更年期は心身の不調を伴うもの」とみなすものが多かった。対象者の9割以上が何らかの心身の症状をもち、閉経に伴う特徴的な症状は「月経不順」「のぼせ」「知覚過敏」であった。症状数の多いもの、病気をもつものに生活上の支障が大きかった。本調査から、閉経前の女性への健康教育と、日常生活における支障の大きい女性への専門家による援助の必要性が示唆された。
抄録別表記: This investigation is about the relationship between the mental and physical complaints in the respective stages of pre-, peri- and post-menopausal periods and the acceptance of menopause and the influencing factors. The random sampling of the women aged 35-60 living in Tokyo was made with 304 effective answers. The average for age the last menstrual period was 50.7 years old. Many of them positively accepted the menopause. However, many in the pre-menopausal group replied that during the menopausal period mental and physical disorders developed. On the other hand, many in the post-menopausal group replied that those symptoms did not accompany. More than 90% of the subjects had some kind of simptoms. The group which was expecting the menopause soon had statistically significant instances of neuro-endocrine symptoms(irregular menstruation, hot fit, sensitive perception). The subjects who had many symptoms, had a sickness, had no job, had troubles in their daily lives and felt that the symptoms were painful and tried to get along with the symptoms. As the factors influencing the acceptance of menopause, age, the number of complaints, Selfesteem, attitude towards menopause were extracted. The research suggested that in the future there is a demand for the consultation by the experts for those who felt some troubles in their daily lives as well as the need of education for healthy women before menopause.
参考文献: 玉田太朗:更年期一定義と範囲, 産婦人科の世界, 39:9, 13-17, 1987.
一戸喜兵衛, 田中俊誠:更年期の始まりと閉経齢について, 産婦人科の世界, 39:3-11, 1987.
五十嵐正雄:「いわゆる更年期障害」と「老年期障害」, 日母医報, 9月号, 10-11, 1987.
Research on the Menopause.Technical Report Series 670. 1981.
玉田太朗:閉経、更年期および更年期障害に関る国際的なコンセンサス, 産婦人科MOOK, No.30, 160-163, 1985.
森 一郎:更年期をめぐっての問題点, 産婦人科の世界, 39:9, 29-36, 1987.
Hertz, D., G., Molinski, H.;Psychosmatik der Frau, 石川 中, 赤池 陽訳:ライフサイクルからみた女性の心とからだ, 医学書院, 1986, 188-199.
小此木啓吾:いわゆる更年期の心理, ナーシング, 2:9, (287-289), 1982(8).
森 一郎:更年期障害症候群, 臨婦産, 30:11, 58-60, 1976.
馬鳥季麿:更年期障害の再検討, 心身医, 20:2, 93-101, 1980.
町野碩夫他:所謂更年期障害症に関する基本的観察並に基治療と予後判定, 鹿児島大学医学雑誌, 15(4補冊), 1964(3), 547-652.
池田友信他:更年期障害, 臨床と研究, 58:6, 1828-1835, 1981.
森 一郎他:婦人の更年期対策, 産婦人科の実際, 20:4, 314-323, 1971(4).
ロック, M.:日本とカナダにおける閉経期の症状と閉経に対する考え方に関する比較研究, 産婦の世界, 39:6, 47-53, 1987.
Neugarten, B.L., & Krainus, R., J.,;"Menopausal Symptoms" in Women of Various Ages, Psychosomatic Medicine, 227:3, 265-273, 1965.
持丸文雄:中年以後の健康, 母性衛生, 26:1, 117-122, 1985.
河野伸造他:中高年婦人の不定愁訴-特に更年期婦人において, 母性衛生, 26:3, 347-352,1985.
森 一郎ら:更年期障害の取り扱い, 産婦人科治療, 28:4, 357-360, 1974.
安部徹良:内外の更年期医学(climacteric medicine)における最近の話題-更年期症候(climacteric medicine)および更年期障害を中心として, 産婦人科の世界, 39:9, 37-48, 1987.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/205
出現コレクション:15号
2.学術論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19990806163410000870005.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください