DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
研究・教育成果 >
Kobayashi,Maasa:小林真朝 >
2:研究活動 >

5.学会発表・シンポジウム等 : [63]

コレクションのホームページ

 
 
一覧する 
このコレクションの新着情報をメールで受け取る

検索結果表示: 1 - 20 / 63
 次ページ >
タイトル
Relationships among Companion Animal Owners and Non-Owners in Daily Life
小林, 真朝
15th East asian Forum of Nursing scholars. (Singapore) 2012/02/22 - 2012/02/23
Evaluation of the Ethics Education Program for Community Health Nursing- The Changes in the Awareness of PHNs and Changes in MSQ -

The 1st Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing. (韓国 ソウル市) 2007/11/22 - 2007/11/23
50〜60歳代女性の近隣他者との交流促進プログラム(第2報) QOL認識の1年間の変化
大森, 純子; 小林, 真朝; 豊福, 啓子; 橋本, 陽子; 菅谷, 知妃; 三上, 友紀; 龍, 里奈
第69回日本公衆衛生学会総会. (東京都) 2010/10/28
Components of moral behavior among Japanese public health nurses and differences according to work experience and position

American Public Health Association 138th Meeting. (Colorado, USA) 2010/11/07 - 2010/11/07
Relationships between frequency of ethical issues and experiences among Japanese public health nurses

The American Public Health Association 140th Annual Meeting and Exposition. (San Francisco, USA) 2012/10/27 - 2012/10/31
CBPR(Community-Based Participatory Research):地域の人々と共に創る実践的協働研究-今米国で注目されるCBPRを日本の地域保健活動にどう使えるか-

日本公衆衛生学会第65回総会. (富山県) 2006/10/25
CBPR(Community-Based Participatory Research):地域の人々と共に創る研究-日本の保健活動にどう適用できるか-

日本地域看護学会第9回学術集会. (埼玉県和光市) 2006/7/29
Comparison of ethical dilemmas and coping patterns among Japanese Public Health Nurses by position and work experience

The 4th International Conference on Community Health Nursing Research. (Adelaide, Australia) 2009年8月17日
Evaluation of the ethics education program for home health nursing-the changes in the awareness of home health nurses and changes in MSQ-

The 1st Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing. (韓国 ソウル市) 2007/11/22 - 2007/11/23
Experiences of Public Health Nurses (PHNs) in Fukushima: Struggles with People in their Community

The 3rd Global Congress for Qualitative Health Research. 2013/12 - 2013/12
Supporting ethically sensitive practice: Development of an educational program for Japanese nurses working in communities

International Council of Nurses 24th Quadrennial Congress. (Durban, South Africa) - 2009年7月1日
チェルノブイリ原発事故からの学び―ベラルーシにおける四半世紀の実践と今後の課題―

第2回日本放射線看護学会学術集会. 2013/09 - 2013/09
ナラティブアプローチによる事例検討 保健師の倫理教育プログラムへの活用
麻原, きよみ; 小林, 真朝; 大森, 純子; 留目, 宏美; 小野, 若菜子; 百瀬, 由美子; 長江, 弘子; 宮崎, 紀枝; 尾崎, 章子; 酒井, 昌子
第69回日本公衆衛生学会総会. (東京都) 2010/10/28
保健師と訪問看護師が直面する倫理的判断の困難状況の相違-判断に困った理由と対応に関する保健師と訪問看護師の比較-

第12回日本地域看護学会学術集会. (千葉県千葉市) 2009年8月7日
保健師を対象とした地域看護の倫理教育プログラムの開発と評価 第1報:作成過程と教育目標達成度およびプロセス評価

日本地域看護学会第10回学術大会. (神奈川県横須賀市) 2007/07/28 - 2007/07/29
保健師を対象とした地域看護の倫理教育プログラムの開発と評価 第2報:倫理的問題への対応に関する認識の変化

日本地域看護学会第10回学術大会. (神奈川県横須賀市) 2007/07/28 - 2007/07/29
保健師を対象とした地域看護の倫理教育プログラムの開発と評価 第3報:倫理的感受性の変化

日本地域看護学会第10回学術大会. (神奈川県横須賀市) 2007/07/28 - 2007/07/29
向老期世代の“地域への愛着”を測定する尺度の開発(第1報)

第2回日本公衆衛生看護学会学術集会. 2014/01 - 2014/01
向老期世代の“地域への愛着”を測定する尺度の開発(第2報)

第2回日本公衆衛生看護学会学術集会. 2014/01 - 2014/01
向老期世代の“地域への愛着”を測定する尺度の開発(第3報) ―健康関連QOLとの関連性―

第2回日本公衆衛生看護学会学術集会. 2014/01 - 2014/01
 次ページ >

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください