DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
研究・教育成果 >
Okubo,Nobuko:大久保暢子 >
2:研究活動 >

1.著書・訳書 : [18]

コレクションのホームページ

 
 
一覧する 
このコレクションの新着情報をメールで受け取る

検索結果表示: 1 - 18 / 18
タイトル
Evidence-Based Nursing 看護実践の根拠を問う 改訂第2版 第3章 身体を起こす
菱沼典子、小松浩子、大久保暢子、平松則子
株式会社南江堂 : 31-48 (2007/4/15)
Nursing Mook 34 根拠に基づくバイタルサイン「第6章 意識」

学研、Nursing Mook 34 根拠に基づくバイタルサイン (2006)
からだのメカニズムから看護技術を見直そう「ギャッジベッドを起こした座位はからだへの刺激になるか?」
大久保暢子、菱沼典子
医学書院、看護学雑誌 : 21-26 (2005)
わかって身につくバイタルサイン
大久保, 暢子 他
株式会社学研メディカル秀潤社 : 122-141 (2013/9/5)
グリセリン浣腸~排泄援助技術の再検証~
武田利明、吉田みつ子、香春知永、大久保暢子、鈴木美和、田代マツコ、三原由記子、松田一郎
看護の科学社、日本看護技術学会監修、看護技術の探究―日本看護技術学会10周年記念 : 127-134 (2011/10/20)
ケーススタディ看護形態機能学 臨床実践と人体の構造・機能・病態の知識をつなぐ 「第10章 下痢による脱水」

南江堂、ケーススタディ看護形態機能学 臨床実践と人体の構造・機能・病態の知識をつなぐ  (2003)
ケーススタディ看護形態機能学 臨床実践と人体の構造・機能・病態の知識をつなぐ 「第7章 髄膜炎時の腰椎穿刺」

南江堂、ケーススタディ看護形態機能学 臨床実践と人体の構造・機能・病態の知識をつなぐ (2003)
ケーススタディ看護形態機能学 臨床実践と人体の構造・機能・病態の知識をつなぐ「第1章 誤嚥」

南江堂、ケーススタディ看護形態機能学 臨床実践と人体の構造・機能・病態の知識をつなぐ (2003)
フローレンスナイチンゲール「真理の探究―抜粋と注解―」、マイケル・D・カラブリア他編著、小林章夫監訳、第2章普遍的法則

うぶすな出版、真理の探究―抜粋と注解― (2004)
基礎看護学テキスト 改訂第2版 Ⅵ.治癒促進と症状緩和のケア技術 ②体液バランスを保つケア

株式会社南江堂 基礎看護学テキスト 改訂第2版 : 264-270 (2015/1)
〔基礎研究から応用研究まで〕ケア提供の根拠となる看護研究 意識レベルを高める背面開放座位
大久保, 暢子 他
株式会社日本看護協会出版会 : 170-179 (2013/4/1)
看護技術の科学と検証 第2版 -研究から実践へ、実践から研究へー 第4部 看護研究を積み重ね、看護技術に還元する 第1章 意識レベルを高める背面開放座位
菱沼典子、川島みどり、大久保暢子、他
株式会社日本看護協会出版会 : 170-179 (2013/4/1)
看護職が行う「ポジショニング」技術の言語化と重要性
大久保暢子; 大久保, 暢子
看護の科学社、日本看護技術学会監修、看護技術の探究―日本看護技術学会10周年記念 : 134-142 (2011/10/20)
第2章 研究の実践1 意識障害の病に陥った人の回復を促すケアの追究
編集・執筆:菱沼典子、井上智子、武田利明
ライフサポート社、看護の原理 ケアすることの本質と魅力 : 351-375 (2009/07)
第3章 バイタルサイン
大久保, 暢子
基礎看護技術 看護過程の中で技術を理解する、南江堂 : p99-119 (2009/01/01)
第4章 ヘルスアセスメント
大久保, 暢子
基礎看護技術 看護過程の中で技術を理解する、南江堂 : p120-165 (2009/01/01)
腹臥位は呼吸機能改善に効果的で安全か?
大久保暢子
ケアの根拠 第2版 看護の疑問に答える180のエビデンス : 60 (2012/01/30)
-

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください