DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
09号 >

この研究成果の引用には次のURIを利用してください。: http://hdl.handle.net/10285/140

種類: Departmental Bulletin Paper
タイトル: 腎疾患々者の経時的保健指導内容の再検討
タイトル別表記: Analysis of Contents of Management and Guidance of Selfcare for Patients of Chronic Renal Failure.
著者: 松下, 和子
渡部, 純子
杉本, かめの
荻野, 文
桜木, 千代
平賀, 洋子
浜中, 博子
宮脇, 清子
徳野, 陽子
中川, 泉
恩田, 郁代
篠田, 智璋
大岩, 孝誌
掲載誌: 聖路加看護大学紀要
号: 9
開始ページ: 1
終了ページ: 12
発行年月日: 1983年10月1日
ISSN: 02892863
抄録:  聖路加国際病院の公衆衛生看護部では、医師と保健婦のチームで、慢性疾患クリニックを開催している。今回、1980年~1982年にかけて、158名の長期にわたって管理中の腎疾患々者を対象に、クレアチニン値上昇期間を明確に算出し、また血圧と腎機能の関係、クレアチニンとヘモグロビン、尿素窒素との関係、あるいは、食事療法、教育入院の効果などについて検討をしてみた。結論として、クレアチニン値3mg/dl代をすぎると上昇期間はぐっと速まるという数的根拠を得たので、クレアチニン値1.3~1.9を要注意とし、2mg/dlから本格的に慢性腎炎に対する長期的見通しをもった保健指導を強化する必要があること、血圧のコントロールの悪い者は腎機能悪化を速めるとの仮説を立てたが、これは対象者の全てがすでに当たクリニックの管理下で、降圧剤の投与、食事指導などがなされているためか、立証することはできなかったが、腎疾患々者では高血圧群が多いこと、血圧の変動が激しい時にはクレアチニン値上昇期間が速まる傾向であることの結果を得たので、今後も血圧のコントロールをめざしての保健指導は大切と考えられる。教育入院は時に大きな効果を上げている症例もみられるが、忙しい青壮年層では、入院の機会を失しがちであるので今後はその必要性や意義を当クリニックの管理下に入った早期に説明すること、保健指導を効果的に行なうためには、個々の患者に、検査の諸データ、血圧、食事、感染予防、ストレスの解消、脱水予防など、多角的に影響し合うことを、視覚教材をもって理解させることが重要であり、今回作成した個人別グラフは自己管理への動機づけの資料としても大変に役立った。
抄録別表記: This report is to present our study to analyse the clinical course of the patients of chronic renal desease who have been visiting our clinic of chronic disease at public health nursing department at St. Luke's International Hospital, Tokyo Japan. Materials and Methods; 158 patients will shronic renal disease who were visiting in recent 2 years (1980-1982) were studied with the following matters. We performed to detect the relation between the chauge of blood creatinine levels, hemoglobin and urea N levels to the clinical course. We also checked of the relation between fruntuation of blood pressure level and the clinical course. Result; We obtained following results;Blood creatinine levels increased their speed to elevate after the level of 2.0mg/dl. This results revealed us that the blood creatinine levels were in parallell with the exacerbation of the disease. No other significant relations such as hemoglobin levels, fructuating blood pressure were found as exacerbating factors. Impression; It is suggested for us that the patient's education such as understanding of the nature of the disease, motivation for the disease and selfcare should be started at the stage of increasing blood creatinine levels of 2.0mg/dl.
参考文献: 平田清文:腎不全の病態, クリニカルスタディ, Vol.2, No.1, 1981.
平田清文:腎不全の診断と治療, クリニカルスタディ, Vol.2, No.1, 1981.
旗野他:The Development Art Progression of Glomerularular Nephritis, 日本腎臓学会誌, Vol21, No4, 1979.
Lien JW:Acate Post-Streptococcal Glomerulonephritis in Adults Along-term Study, QJMed, Vol48, No.4, 1979.
Brewn EA:The clinical course of mesangial pnolifenative Glomerulonephritis, Medicine, Vol.58, No.4, 1979.
Katz A:Glomerulonephritis with Messengial deposits of Iga unassociated with systemic disease.
Potter EV 他:Clinical Heading Two to Six years after Poststreptococcal Glomerulonephritis in trinidad, N Engl J, Vol.298, No.14, 1978.
Di Belgiojoso B:The pnognostic Valueof some clinical and histological parameters in membranoproliferatie Glomerulonephritis, Nephron, Vol.19, No.5, 1977.
藤見煌:高血圧, Medicina, 13, 4, 44~49, 1976.
Ishida Masashi. Kawaguchi Yoshindo:Fathogenesis and Treatment of Hypertension in Chronic Renal Failure, Japan Circulation Journal.39, 787~792, 1975.
大島研三・他:腎臓病学, 医学書院, 1972.
武内重五郎編, 臨床腎臓病学セミナー(3)腎不全南江窒1980.
土田泰也, やさしい腎臓病学2, 東京医学社, 1980.
吉利和編集, 内科シリーズ18, 腎不全のすべて, 1978.
リンクURL: http://hdl.handle.net/10285/140
出現コレクション:09号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
20010302160620276102001.pdf775.98 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - このリポジトリへのご意見をお寄せください