DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学大学院看護学研究科学位論文 >
2-1:修士論文 >
2-1-c:修士論文(要旨、引用・参考文献あり) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/1373

NII Resource type: Thesis or Dissertation
Title: ピア・グループセッションを取り入れた双胎妊娠中の両親学級の評価
Other Titles: The evaluation of a prenatal empowerment program using peer-group support for expectant parents of twins.
Authors: 川元, 美里
Advisor: 森, 明子
Keywords: 双胎
妊娠
ピアグループ
多胎
両親学級
multiple pregnancies
peer-group
peer support
twins
Issue Date: Mar-2008
Abstract: 近年、少子化の中にあって双胎の出産はむしろ増加傾向にあるが、 双胎妊娠に対するケアが十分実施されているとはいえない現状がある。双胎妊娠は身体的・精神的・社会的に負担が大きく、双胎妊婦がもつ特別なニーズも報告されている。妊娠中の健康教育として単胎妊娠では広く行われている両親学級であるが、双胎妊娠における両親学級は実践例が少ない。そこで、妊娠中の健康教育の一環として双胎妊娠の両親学級を実施・評価することは、妊婦とその家族の主体的な健康づくりの援助について示唆を得ることができる。 本研究は双胎妊婦のピア・グループセッションを取り入れた両親学級を実施し、対象者の視点からプログラムの過程と結果の評価を行うことを目的とした。 研究対象者は妊娠12~30週の双胎妊婦とその夫14名である。研究者が立案した両親学級を出産後1年6ヶ月~2年の双胎出産経験者の協力を得て実施した。2グループに対し、所要時間1時間30分程度の両親学級をそれぞれ1回づつ実施した。実施中の対象者の対話と終了時のフォーカスグループインタビューのデータを用いて、両親学級の目標にしたがって分析した。 対象者が両親学級に期待していたことは【同じ仲間の話が聞きたい】【双胎出産経験者の話が聞きたい】【カップルで一緒に双胎妊娠・出産・育児について一緒に考える】【双胎妊娠・出産・育児に関する知識・情報を得たい】の4つに分類された。また、研究者によって立案されたプログラムの目標は対象者の期待に合致していたことも示唆された。 両親学級のプログラムの4つの目標は達成され、仲間と体験を共有したことで、自分の問題や不安の必然性を確認することができ、経験的知識の獲得や双子のこどもたちに会うことによって今後の出産が楽しみになるという対象者の変化が見られた。目標1[双胎妊娠に関連した不安や自分の問題を具体的に表出できる]に対しては、<体が思い通りにならない><お腹の張りがつらい><安静がつらい><少ししか食べられない不安><頻尿の訴え><腰痛、骨盤痛の訴え><双胎特有の合併症の心配><どんどんお腹が大きくなることへの不安>の8つの不安や問題点が対象者から表出された。目標2[双胎妊娠に伴う体験を仲間と共有できたと思える]に対しては<双子と知ったときの驚きや戸惑いを伝えあう><同じ時期に体の急激な変化を感じている><単胎妊娠とは比較できないことを共感しあう><仲間同士で確認しあう><一人じゃないという安心感><医療者の説明では解消しなかった不安が消える><双胎妊娠の喜びを伝えあう>の7項目に分類された。目標3[双胎のマタニティサイクルにうまく対処するために家族やその他の人々の支えあいが必要なことを理解する]に対しては<双胎出産経験者とそのこどもたちに会って安心感と今後の楽しみを得る><妻達の関心は夫からのサポートや夫の姿勢><妻をサポートしたい夫の気持ち><妻をサポートする方法を知りたい><周囲の人や地域の協力が必要だと思う>の5項目が分類された。目標4[仲間が語る双胎妊娠にまつわる事柄を経験的知識として獲得する]に対しては<腰痛や骨盤痛への対処><出生体重の差が生じる可能性><帝王切開になったときの対処><誕生日や出生順位の決定方法><母親の復職の見通し><双子のいる生活のイメージ><具体的な育児用品の揃え方><授乳方法や授乳の工夫>の 8項目に分類された。 プログラムの方法についての評価は、土曜日の開催と会場の場所や広さ、一回の参加人数においては支持された。開催時刻は午後の開催に関しては否定的な意見は聞かれなかったが、より遅い時間の開催を希望する意見もあった。プログラム全体の構成や内容については、経験者の話す具体的な情報が役立ったという肯定的な意見が聞かれたが、教授学習内容が対象者に対してより明確に提示されることを求める意見もあり、プログラムの改善点が示された。 以上の結果から本研究の「ピア・グループセッションを取り入れた双胎妊娠中の両親学級」は対象者から肯定的な評価を受けることができた。また、このプログラムは双胎妊婦とそのパートナーが仲間同士での体験のわかちあいを通して態度や知識の向上を促進し、妊娠・出産・育児の期間を身体的および心理社会的により良く過ごすことができるように必要な知識と態度を身につけるという目的にかなったプログラムであると結論づけられた。
Bibliography: Anderson, A., & Anderson, B. (1987). Mothers' beginning relationship with twins. Birth (Berkeley, Calif.), 14(2), 94-98.
安梅勅江. (2004). エンパワメントのケア科学当事者主体チームワークの技法 (第1 版).東京: 医歯薬出版株式会社.
荒木勤. (2001). 最新産科学正常編 (改訂第21 版)文光堂.
Beck, C. T. (2002). Releasing the pause button: Mothering twins during the first year of life. Qualitative health research, 12(5), 593-608.
Bryan, E. M. (1995). Parents of multiple clubs and clinics: The united kingdom experience. In L. G. Keith, E. Papiernik, D. M. Keith & B. Luke (Eds.), Multiple pregnancy :Epidemiology, gestation & perinatal outcome. (1st ed., pp.663-666)Parthenon Pub.
Bryan, E. M. (2003). The impact of multiple preterm births on the family. BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology, 110 Suppl 20, 24-28.
Damato, E. G. (2000). Maternal-fetal attachment in twin pregnancies. Journal of obstetric, gynecologic, and neonatal nursing : JOGNN / NAACOG, 29(6), 598-605.
Dennis, C. L. (2003). Peer support within a health care context: A concept analysis. International journal of nursing studies, 40(3), 321-332.
Doull, M., O'Connor, A. M., Robinson, V., Tugwell, P., & Wells, G. A. (2005). Peer support strategies for improving the health and well-being of individuals with chronic diseases. Cochrane database of systematic reviews, Issue 3(Art. No.: CD005352)
Gibson, C. H. (1991). A concept analysis of empowerment. Journal of advanced nursing, 16(3), 354-361.
Green, L. W., & Kreuter, M. W. (1997). ヘルスプロモーション:Precede-proceed モデル による活動の展開 [HEALTH PROMOTION PLANNING:An Educational and Environmental Approach] (神馬征峰, 岩永俊博, 松野朝之 & 鳩野洋子 訳). (第1 版). 東京: 医学書院.
Hawe, P., Degeling, D., & Hall, J. (2003). ヘルスプロモーションの評価 成果につながる5 つのステップ[EVALUATING HEALTH PROMOTION] (鳩野洋子, 曽根智史 訳). (第1 版). 東京: 医学書院.
Helgeson, V. S., Cohen, S., Schulz, R., & Yasko, J. (2001). Long-term effects of educational and peer discussion group interventions on adjustment to breast cancer. Health psychology : official journal of the Division of Health Psychology, American Psychological Association, 20(5), 387-392.
Helgeson, V. S., & Gottlieb, B. H. (2005). サポートグループ. In S. Cohen, L. G. Underwood & B. H. Gottlieb (Eds.), ソーシャルサポートの測定と介入 [Social Support Measurement and Intervention A Guide for Health and Social and Scientists] (小杉正太郎, 島津美由紀, 大塚泰正, 鈴木綾子 訳). (第1 版, pp. 297-334). 川島書店.
Hetherington, S. E. (1990). A controlled study of the effect of prepared childbirth classes on obstetric outcomes. Birth (Berkeley, Calif.), 17(2), 86-90.
Hodnett, E. D. (2000). Continuity of caregivers for care during pregnancy and childbirth (review). Cochrane Database of Systematic Reviews, Issue 1.(Art. No.: CD000062)
Imaizumi, Y. (2001). Perinatal mortality in twins and factors influencing mortality in Japan, 1980--98. Paediatric and perinatal epidemiology, 15(3), 298-305.
石村由利子, 前原澄子. (1999). 双胎妊娠の妊婦のストレスと看護に関する研究(第2 報) 妊娠経過中のストレスの変化. 母性衛生, 40(2), 219-229.
北岡英子, 杉原一昭. (2002). 双子育児の実態と育児支援に関する研究(第1 報) 双子と単 胎児の母親の比較を中心にして. 小児保健研究, 61(5), 661-668.
北川眞理子. (2004). 助産診断のための診査技術ツール. 北川眞理子, 内山和美 編, 今日の助産-マタニティサイクルの助産診断・実践過程 (第2 版, pp. 278)南江堂.
厚生労働省統計表データベースシステム. (2008). 1B 上巻 出生 第4.36表 単産 -複産(複産の種類・出生-死産の組み合わせ)別にみた年次別分娩件数. Retrieved 2008/01/27, 2008, from http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/data/010/2006/toukeihyou/0006087/t0135620/M B360000_001.html
Lumley, J., & Brown, S. (1993). Attenders and nonattenders at childbirth education classes in australia: How do they and their births differ? Birth (Berkeley, Calif.), 20(3), 123-130.
Molassiotis, A., Callaghan, P., Twinn, S. F., Lam, S. W., Chung, W. Y., & Li, C. K. (2002). A pilot study of the effects of cognitive-behavioral group therapy and peer support/counseling in decreasing psychologic distress and improving quality of life in chinese patients with symptomatic HIV disease. AIDS Patient Care and STDs, 16(2), 83-96.
Morrow, A. L., Guerrero, L. M., Shults, J., Calva, J. J., Lutter, C., Bravo, J., et al. (1999). Efficacy of home-based peer counselling to promote exclusive breastfeeding: A randomised controlled trial. Lancet, 353(9160), 1226-1231.
Nobel, E. (1995). Psychophysiological adaptation to multiple pregnancy. In L. G. Keith, E. Papiernik, D. M. Keith & B. Luke (Eds.), Multiple pregnancy : Epidemiology, gestation & perinatal outcome (1st ed., pp. 289-297)Parthenon Pub.
小川さゆり. (2007). 双胎・多胎児を持つ家族の育児サポートの実際 妊娠中のケア. 臨床 看護, 33(6), 873-878.
大岸弘子. (1999). 母性への支援教育 エンパワーメントを目指して 尼崎市における「双 子のための育児教室」について. 日本健康教育学会誌, 7(特別), 112-113.
大木秀一. (2006). 多胎出産の現状と公衆衛生学的課題. 北陸公衆衛生学会誌, 33(1), 1-8.
Powers, W. F., & Wampler, N. S. (1996). Further defining the risks confronting twins. American Journal of Obstetrics and Gynecology, 175(6), 1522-1528.
岡知史. (1999). セルフヘルプグループ : わかちあい・ひとりだち・ときはなち. 東京: 星 和書店.
Robarge, J. P., Reynolds, Z. B., & Groothuis, J. R. (1982). Increased child abuse in families with twins. Research in nursing & health, 5(4), 199-203.
Rodwell, C. M. (1996). An analysis of the concept of empowerment. Journal of advanced nursing, 23(2), 305-313.
Salami, K. K., Brieger, W. R., & Olutayo, L. (2003). Stress and coping among mothers of twins in rural southwestern nigeria. Twin research : the official journal of the International Society for Twin Studies, 6(1), 55-61.
島内憲夫, & 高村美奈子. (2006). ヘルスプロモーション~WHO:バンコク憲章~ (第1 版)順天堂大学ヘルスプロモーション・リサーチ・センター.
Sturrock, W. A., & Johnson, J. A. (1990). The relationship between childbirth education classes and obstetric outcome. Birth (Berkeley, Calif.), 17(2), 82-85.
武井麻子. (2002). 「グループ」という方法 (第1 版)医学書院.
Tanimura, M., Matsui, I., & Kobayashi, N. (1990). Child abuse of one of a pair of twins in japan. Lancet, 336(8726), 1298-1299.
Thorpe, K., Golding, J., MacGillivray, I., & Greenwood, R. (1991). Comparison of prevalence of depression in mothers of twins and mothers of singletons. BMJ (Clinical research ed.), 302(6781), 875-878.
Wood, L., Young, D., & Young, D. (2004). Expecting twins and more: Support and information. British journal of midwifery, 12(10), 610.
横山美江. (2000). 多胎妊娠・出産・分娩管理 多胎妊娠中の身体的変化. 横山美江 編, 双 子・三つ子・四つ子・五つ子の母子保健と育児指導のてびき (第1 版, pp. 29-34). 東 京: 医歯薬出版株式会社.
横山美江. (2002). 単胎児家庭の比較からみた双子家庭における育児問題の分析. 日本公衆 衛生雑誌, 49(3), 229-235.
横山美江, 中原好子, 松原砂登美, 杉本昌子, 小山初美, & 光辻烈馬. (2004). 多胎児をも つ母親のニーズに関する調査研究 単胎児の母親との比較分析. 日本公衆衛生雑誌, 51(2), 94-102.
横山美江, 中原好子, 松原砂登美, 杉本昌子, 小山初美, 光辻烈馬, 他(2005). 西宮市にお ける多胎児育児支援の取り組み. 保健師ジャーナル, 61(3), 250-254.
横山美江, 清水忠彦, 由良晶子, 早川和生. (1997). 多胎児をもつ母親の心身の疲労と育児 協力状況. 日本公衆衛生雑誌, 44(2), 81-88.
Description: 聖路加看護大学大学院看護学研究科修士論文
URI: http://hdl.handle.net/10285/1373
Appears in Collections:2-1-c:修士論文(要旨、引用・参考文献あり)

Files in This Item:

There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback