DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加国際大学紀要 >
Vol.6 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/13539

NII Resource type: Others
Title: 集中治療室から外来までをつなぐシームレスな看護実習への取り組み: 急性期看護総合実習での臨床スタッフとの連携
Other Titles: Toward Seamless Nursing Practices, from Intensive Care to Outpatient Services: Clinical Staff Initiatives in Critical Care Comprehensive Nurse Training
Authors: 山本, 加奈子
小川, 真由美
加藤, 佐知子
田村, 富美子
中島, 千春
柳澤, 八恵子
渡辺, 朋子
中田, 諭
牧野, 晃子
吉田, 俊子
Keywords: Critical care nursing
intensive care unit
outpatient
clinical nurse
急性期看護学
集中治療室
外来
臨床看護師
Shimei: 聖路加国際大学紀要
Volume: 6
Start page: 149
End page: 154
Issue Date: 10-Mar-2020
Publisher: 聖路加国際大学
ISSN: 21891591
Abstract: 急性期看護学では,クリティカルケア領域における実践を含む3週間の実習を行っている。今年度の実習計画は病棟実習のみならず,循環器看護専門外来や救急車同乗演習を組み込み,急性期患者の集中治療室から外来までのシームレスな看護についての理解を深め,患者を生活者としての視点でアセスメントし,看護を展開する視点を養うことを目標に複数部署での実習を実施した。クリティカルケア領域では,複雑な患者の病態を理解し,対象の状態を適切に判断する観察とアセスメントを行い,患者と家族へ質の高い看護を提供することが求められる。学生には非常に難易度が高いことから,実習目標の到達には大学教員と臨床看護師の協働は不可欠である。実習指導の看護師は学生のロールモデルであり,実習での日々の看護師との看護実践や学内で教員と行うリフレクションを通して,クリティカルケア看護領域における看護についての理解を深めることに繋がったと考える。
The kind of text : none
URI: http://hdl.handle.net/10285/13539
Appears in Collections:Vol.6

Files in This Item:

File Description SizeFormat
SLIU 6 149-154.pdf778.64 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback