DSpace
   聖路加国際大学図書館 聖路加国際大学   

SLIU Repository >
聖路加看護大学紀要 >
34号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10285/1320

NII Resource type: Departmental Bulletin Paper
Title: 小児病棟ボランティアを受け入れて-病棟スタッフの「語り」より-
Other Titles: From Narratives of Medical Staffs of a Children's Ward Who have Received a Voluntary Civil Activity.
Authors: 仲, 真人
伊藤, 和弘
Keywords: ボランティア
小児病棟
語り
Voluntary workers
Children's ward
Narratives
Shimei: 聖路加看護大学紀要
Issue: 34
Start page: 79
End page: 87
Issue Date: Mar-2008
Publisher: 聖路加看護大学
ISSN: 0289-2863
Abstract: 本学紀要の第33号1)において, 報告者は東京近郊のベッドタウンに立地する総合病院の小児病棟で, 入院児 への「遊び」の提供を続ける, あるボランティア・グループのとりくみを紹介した。さる2007年の10月に, 報 告者らは紹介されたボランティア・グループを受け入れている小児病棟の医療スタッフ(4名) に協力をいた だき, 医療スタッフの視点から小児病棟へのボランティア導入についての意見, 活動への評価, 要望等を語っ ていただいた。今回の報告では, そのインタビューの際に語られた, 病棟スタッフの「語り」を紹介しつつ, 病院における医療とボランティアの連携についての, 報告者の考察を述べることにする。 インタビューの「語り」にみる限り, 病棟の医療スタッフのボランティアへの評価はきわめて高く, ボラン ティア導入によって成果をあげた事例の1つに数えられると思う。しかし, 医療とボランティアの連携の観点 からみれば, 少なくとも2つの課題があることが確認された。
The kind of text : publisher
URI: http://hdl.handle.net/10285/1320
Appears in Collections:34号
4.総説・論説・報告・資料

Files in This Item:

File Description SizeFormat
211報告/仲-小児病棟ボランティ.pdf71.89 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback